子連れ旅行の持ち物で便利なものは?ベビーカーは必要か?

子連れの旅行で行き先が決まると、次に悩むのは持ち物。普段使っているものがあると旅行先でも楽ですが、あれもこれも持っていこうとするとすごい荷物の量に・・・全部を持っていく訳にはいきませんよね。そこで、以前4歳息子と1歳娘を連れて温泉旅行に行った経験を元に、これは必ずあったほうがいいものと、持って行くと便利なものについてお伝えします。

スポンサーリンク

子連れの旅行に必要な持ち物は?

子供とのお出かけはついつい荷物が多くなってしまいますが、実際に行ってみた感想としては、思ったよりも必要なものは少なく、必要のないものも沢山持っていってしまっていたなということ。GWに4歳男子と1歳女子を連れた一泊二日の温泉旅行の経験を元に、これは絶対に必要だったなというものをリストアップします。

■ 子連れ旅行に必須の持ち物

・病院にかかる準備(保険証、お薬手帳、乳児医医療証など)
いつも手持ちのバッグに入れているお母さんがほとんどかと思いますが、旅行用に手持ちのバッグを変えたりすると忘れやすいので注意です。また、1歳未満の小さなお子さんと一緒に旅行に行く時は、念のため母子手帳を持参しておくといいかもしれません。

・オムツ(1歳娘用)
旅行バックに10枚+手持ちのバッグに4枚持っていきました。
もし、足りなくなれば、コンビニやスーパーで買えるので最低限にしました。

・おしりふき
おしりふきとしてだけでなく、ウエットティッシュとしても使え何かと便利ですよね。
旅行かばんに未開封のものを1つ、手持ちバッグに使いかけのものを1つ。
これも足りなくなれば、どこかで買えばOKなので、最低限にしました

・ビニール袋1パック
Mサイズ程度の大きさで、30枚入りくらいがおすすめです。
汚れたオムツや汚れた着替えを入れたり、万が一気分が悪くなって吐くというアクシデント時にも役に立ちます。

・着替え
基本的には、日数分に+1セット持って行きました。
子供用の浴衣は旅館になかったので、いつものパジャマを持っていきました。
1歳娘は、ジュースを飲んだり食事をすると汚すので、Tシャツのみさらに2枚追加(笑)
追加の2枚のうち一枚は手持ちのバッグに入れておくとすぐに着替えられて便利。

・パーカー
観光中の冷房対策や湯上りの湯冷め対策に持っていきました。
万が一服が汚れたとき、下着+パーカーでも乗り切れるので1つあると便利ですね。

我が家は離乳食が完了して、普通の食事を始めていたことと、完全母乳だったため、ミルクは持って行きませんでしたが、ミルクが必要な場合は、粉ミルク、哺乳瓶ん、調乳用のお湯とお湯を入れるステンレスボトル、ペットボトルのお水が絶対に必要なのではないかなと思います。

息子の時は粉ミルクを使っていたので、お出かけの際のミルクセットが大荷物の要因になることは分かります。ただ、お湯を入れるステンレスボトルは2回分の量が入る小さなものでOK、水も500mlのペットボトルので十分だと思います。サービスエリアやコンビになどでお湯やお水は調達できるので、最低限で行く方が荷物が少なく楽ですね。

子供用のスプーンなどのカトラリーセットやコップなどを持って行きたい気持ちは分かりますがサービスエリアや旅館・レストランには、大抵子供用のコップやカトラリーを置いてあるところが多いので、出番が少ないように思います。しかも、使った後バッグにしまって洗うのを忘れ、カピカピにしてしまったり、立ち寄ったサービスエリアやレストランに忘れてくるということも何度かありました(←私だけでしょうか?笑)。

こうしてリストアップしてみると、意外と必要なものは少ないですよね。
念のため持っていくとか、あったら便利だなくらいの物は持っていかず、どうしても必要になったら現地で調達することを考える方が、荷物も少なく身軽にお出かけできますね。

子連れの旅行での持ち物はこれがあると便利

子連れの旅行で、これがあると便利だなと感じたものをいくつかご紹介します。

スポンサーリンク

■子連れ旅行にあると便利なもの

・トレーニングパンツ(おむつ)
いつもと違う旅行という環境に興奮したり、眠る環境が違ったり、つい旅行だからとジュースを飲みすぎたりすることで、普段は全くおもらししない息子も、おねしょすることがありました。トレーニング用パンツやおむつを持参して寝たらこっそり履き替えさせる、または、防水シーツを一枚持って行き敷いておくと、旅先のお布団で粗相をしてしまったなんてことも防げます。

・折りたためる受けが付いているシリコンタイプのスタイ
1歳になると自分で食べたり飲んだりしたがるので、出来るだけ自分でさせています。自宅ならいくらでも着替えさせてあげられるので沢山こぼしても気になりませんが、旅行となると、着替えが大量に必要になるので困りります。そこで、お着替えの回数を出来るだけ減らすために折りたためるシリコンタイプのスタイが1つあると便利です。

タオルやお食事スタイでもOKですが、汚れたらそのまま持って帰ることになるので、荷物が増えてしまいます。(自宅や旅館で洗うのも面倒に。)また、紙タイプの使い捨てのものもありますが、水分は防げないので、お茶やジュースをドバーっとこぼして、全身総とっかえなんて悲劇にもつながりかねません。

受けがついたシリコンスタイなら、水分やこぼした食べ物もキャッチしてくれます。キャッチしたものはティッシュやおしりふきで簡単にきれいに処理できます。どうしてもひどい汚れなら、そのままお手洗いなどの洗面でさっと洗うこともできます。

・薄手のおくるみやバスタオル
外出先でのオムツ替えやお着替えに1枚あると便利です。なくても困りませんが、車内や旅館内でオムツを替える時に汚れるのを防いだり、外出先でお着替えする所がないときにマットとして使ったりもできます。また、車内や観光先で眠ってしまったりした時にも、ブランケット代わりに使えるので便利です。

子連れの旅行にベビーカーは必要か?

一番悩むのは、荷物としては大物になる、ベビーカーではないでしょうか?私も毎回悩んでいましたが、温泉旅行、キャンプ、海水浴旅行、帰省など、子供たちが生後4ヶ月ごろより、長距離の移動や旅行をした経験から感じていることは、ベビーカーは不要だということ。

我が家の移動手段は基本的に車なので、とりあえず積んでおこうと、必ずベビーカーを持っていっていた時期がありますが、正直、あまり使わなかったという場合がほとんどでした。逆に、帰りはお土産も増えるので、ラゲッジスペースが狭くなり邪魔に感じることもありました。

役に立ったと感じたのは、1歳未満の頃に、小さな遊園地や牧場、動物園が入っているようなテーマパークに出かけたとき。まだ子供は歩けないので、ずっと抱っこは大変ですし、途中で疲れて眠ってしまった時に便利でした。

1歳以降も必要なような気がしますが、我が家の場合は、歩けるようになると自分で歩きたがり、ほとんどベビーカーに乗らないことが多かったです。結局、荷物を載せるくらいにしか使われず、ベビーカーが返って荷物になってしまった・・・なんてことも(笑)

旅行先が、温泉旅行だったり、キャンプだったり、歩き回ることが少な目なら、なくても大丈夫。子供に歩いてもらったり、夫婦で交代して抱っこしたりすることで乗り切れますよ。例えば、おみやげ物を見て周ったりする時には、お店を出たり入ったり、中には通路の狭いお店も多いので、返ってベビーカーが無い方が、折りたたみや置いておく場所の確保が必要がなく便利です。

また、観光地によってはベビーカーのレンタルを行っているところも多いので、そちらを利用されるのもお勧めです。

ただし、旅行に行く時の交通手段が電車などの公共交通機関を使う場合は、検討が必要だと思います。荷物を抱えて、グズる子供を抱っこなんていう状況になることも容易に想像できるので、ベビーカーが強い味方になる場合もあります。

また、お母さん(もしくは、お父さん)1人で子供(子供たち)を連れて旅行に行くのであれば、あったほうが楽だと思います。

まとめ

●急に必要になっても現地で調達できるものがほとんど。あれもこれもと詰め込み過ぎたいほうが、楽に旅を楽しめます。

●基本的に、子連れの旅行にベビーカーは不要。電車などの公共交通機関で移動するとき、お母さん(お父さん)1人で旅行に連れて行く場合は、あると便利な場面が多いので要検討。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする