小学生向け夏休みの自由研究|おすすめの理科の研究テーマ

子育てアイディア

自由研究 理化 小学生

夏休みの自由研究のおすすめテーマ「理科編」をご紹介します。

 

ちょっと面倒くさく感じる理科の実験ですが、親子でいろんな工夫をしながら実験をすると、それも楽しい思い出になりますよ。

 

ご紹介するのは、定番のものではありますが、切り口を変えたり少し工夫をすることで、他のお子さんとの違いが出せて、研究の印象がぐんと良いものになりますのでチェックしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

一番遠くまで飛ぶのはどれ?シャボン玉の実験

自由研究 理化 小学生

 

シャボン玉の自由研究の概要

シャボン玉液に、身近な液体(例えば、ガムシロップ、お酢、化粧水、水溶き片栗粉など)を混ぜて、どれが一番飛ぶかを実験する。

 

対象 小学校低学年~

 

シャボン玉の自由研究の準備

【1】シャボン玉液の材料
洗濯のり(PVA:ポリビニルアルコール入りのもの)、台所用洗剤、水

 

【2】混ぜるもの
ガムシロップ、お酢、片栗粉を溶かした水、化粧水など自宅にある身近な液体で、シャボン玉をより長く飛ばしてくれそうなものをいくつか準備する。

 

【3】ストロー
100均などにあるシャボン玉を膨らます吹き口があるとより膨らましやすい

 

【4】ストップウォッチ

 

【5】透明プラカップ
シャボン玉液と混ぜ物を混ぜるためのカップ。混ぜ物の種類分の個数が必要。

 

【6】計量カップとマドラー
計量カップがあれば小学校低学年のお子さんでも目で見て量を計れるのでスムーズです。

 

シャボン玉の自由研究 実験の進め方

① 基本のシャボン玉液を作る。
「水:台所洗剤:洗濯のり」を「5:4:1」の割合で混ぜると作れます。

 

② 準備した混ぜるものを①の基本のシャボン玉液に混ぜる。
※粉類は一度水で溶いたほうが混ざりやすいので、基本のシャボン玉液を作るときに使う水に溶かしておくとスムーズです。

 

別途水を入れると、その水の分シャボン玉液が薄まります。できるだけ同条件で比較したいので、シャボン玉液を作るときに使う水で溶かしましょう。

 

③ ②で準備したシャボン玉液でシャボン玉を作る。それぞれ飛んでいる時間を計っておく。

 

ポイント

  • ストップウォッチなどを持って、飛んでいる時間を正確に測る。
  • 同じ条件で比べるために、シャボン玉液と混ぜる液体の割合をどの液も同じにする。

こんな切り口もあり

一番良く飛んだ液体が分かったら、シャボン玉液と混ぜる液体の割合を変えてみて、どの割合が一番良く飛ぶのかを検証する。

 
 
特別な道具は必要なく、身近なものを使って出来るのですぐに取り掛かれますね。
 
小学校低学年の場合、シャボン玉液の割合、混ぜ物の割合などを数字で説明しても分りにくいと思うので、計量カップを準備して目に見える形で計るとスムーズです。
 

また、実験自体に必要な時間は数時間なので、自由研究を1日で終わらせたいときにもおすすめの自由研究です。(ただし、雨の日はできないので、お天気だけ注意しましょう。)

 

シャボン玉の自由研究には、今回ご紹介したもの以外に、大きなシャボン玉作りのコツ研究したり、シャボン玉が虹色になる理由を探る研究もあります。

 

簡単に実験が出来て考察に関するガイドブックも入った自由研究キットもありますよ↓

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

葉っぱの葉脈標本づくり

自由研究 テーマ

 

葉っぱの葉脈標本作りの概要

出かけ先や自宅の周辺で、気に入った葉っぱを採取し、重曹の溶液につけて葉脈だけを取り出し標本にする。植物分類や採取場所などで分類して標本を作る。

 

葉っぱの葉脈標本作りの準備

【1】葉っぱの採取に必要なもの
採取した植物を入れておく袋、採取情報を記録するメモ


【2】葉脈を取り出すのに必要なもの
お鍋、重曹、歯ブラシ、キッチンペーパー、ゴム手袋、ピンセット

 

葉っぱの葉脈標本作りの進め方

① 近所や遊びに行った先で、気に入った葉っぱを拾っておく。
※何の木の葉を拾ったか、拾った場所についてメモをしておく。写真を撮っておいてもいいですね。

 

② 葉脈を取り出す
・鍋に10%の重曹水を作る
・重曹水の鍋で葉っぱを煮る。薄い葉なら30分、厚い葉なら1時間程度弱火で煮る。
・ピンセットを使って葉を鍋から取り出す。
・取り出した葉を歯ブラシで優しくたたく。
※キッチンペーパーの上にのせて、歯ブラシで20回ほどやさしく叩くと上手くいきます。
・流水で洗い流して葉脈だけを取り出す。
・乾燥をさせれば葉脈だけが残った標本の出来上がり。

 

ポイント

  • 採取する時にしっかりとメモをする。採取した場所(大まかな住所)、採取日、採取した時に気がついた植物の特徴や生えていた環境など。
  • 葉の分厚さが厚いものの方が、キレイに葉脈が取り出せます。また、葉脈が網目状の双子葉類の葉と、葉脈が平行に走っている単子葉類の葉を混ぜておくと、葉脈の形の違いから植物の分類についての学びに繋げることができるのでおすすめです。

 

こんな切り口もあり
葉脈だけでなく、そのタネ・子葉の数・花びらの様子(合弁花or離弁花)・めしべやおしべの様子を調べて情報を追加すると、植物分類への理解が進み、より深い研究になりますね。

 

コツコツ作業したり、収集するのが好きな子にはおすすめです。

 

また取り出した葉脈はきれいなので、標本を並べてまとめると、うっとりなんてことも。

 

 

たまごの殻を溶かしてスケルトン卵を作ろう

たまごの殻を溶かしてスケルトン卵を作ろうの概要

たまごを殻つきのまま酢につけると、殻だけが溶けます。

 

溶ける様子や溶けた後どうなったかを観察して記録する。

 

たまごの殻を溶かしてスケルトン卵を作ろう 準備

生たまご(殻付き)、お酢、広口のガラスビン、キッチンペーパー、輪ゴム

 

たまごの殻を溶かしてスケルトン卵を作ろう 進め方

① 卵とビンを洗ってキレイに水分をふき取る。

 

② 卵をビンに入れ、卵が浸かるくらいのお酢を注ぐ。(卵1個につき200ml以上入れる)
※シュワシュワ泡が出てくるよ。二酸化炭素が発生するので完全に密閉しないこと。

 

③ ホコリが入ったり匂いが充満するのを防ぐために、キッチンペーパーで覆い輪ゴムで固定する。

 

④ 冷蔵庫で保管しながら、殻の溶けていく様子を観察&記録しましょう。

 

⑤ 溶けた卵を取り出せば、スケルトン卵の完成!

 

ポイント

  • 容器に蓋をして完全に密閉するのはすると危ないので、キッチンペーパーで覆うにとどめましょう。
  • 容器はプラスチック製ではなく、ガラス瓶を使いましょう。
  • 2日たっても殻が溶けはじめない時は、混ぜると溶けはじめます。それでも溶けなければお酢を足しましょう。

 

こんな切り口もあり

うずらのたまごとニワトリのたまご、どちらが早く溶けるか?溶け方に違いがあるのか?比較するのも面白い。

 

観察するだけでなく、どうして溶けるのかを調べてまとめるとより深い研究になりますね。

 

お酢にも色んな種類があります。お酢の種類によって溶ける時間に差ができるのか、どれくらいの差が出来るのかを調べるのも面白い。

 

見た目が大きく変化するので、観察するのがとっても楽しいですね。

 

材料はシンプルですが、殻が溶けるまでには3日から1週間ほどかかります

 

この観察をする場合は、時間に余裕を持って取り組みましょう。

 

 

★いつもの遊びも工夫すれば自由研究に!

泥団子がピカピカに!?まるで宝石のような美しい作り方を紹介します
息子がピカピカの泥団子に興味を持ったこともあり、・なぜ泥団子がピカピカになるのか?・ピカピカの泥団子を作る方法や手順は? ということについて、調べてみました!理由ややり方が分かると、泥団子作りがもっと楽しくなるかもしれませんよ。

 

小学生向けおすすめの自由研究テーマ【理科】のまとめ

理科の実験というと大変なイメージですが、身近なものを使って、簡単に楽しく実験することが出来ますね。

 

自由研究の良し悪しが決まるのは、実験の大きさではなく、実験が終わった後の考察やまとめ方です。自由研究のまとめ方についてもまとめたので、ぜひ、こちらも確認してくださいね。

 

自由研究の用紙別まとめ方|必要な項目とまとめる紙の特徴を活かした書き方のコツ
書く材料はそろっているんだけれど、何から書けばいいのか?どう書けばいいのか?悩んでしまい、手が止まったり下書きから先にすすまなくて、目の前の紙は真っ白いままなんてことありますよね。そんな方に向けて、自由研究をまとめるのに必要な項目と、模造紙、スケッチブック、レポート用紙の用紙別まとめ方についてご紹介します。

 

親子で楽しく実験して、早めに自由研究の宿題が終わりますように!

 

 

★夏休みの自由研究の記事一覧はこちら!ぜひお役立てください↓

夏休みの宿題特集|自由研究と読書感想文のまとめ
夏休みの2大お悩み「自由研究」と「読書感想文」。どう進めていいか悩むお子さんを見ていると、それはそれで、見ていて辛い。何かアドバイスをしてあげたいけれど、どうアドバイスしていいか分らない。そんな時に、こちらのまとめをぜひお役立てください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました