喪中の七五三|お参りはしてもいい?写真撮影やお祝いの席を設けてもいい?

季節を楽しむ行事

我が子の七五三のお祝いをする予定だったけれど、突然の訃報に「喪中」となってしまうこともありますね。基本的に喪中は「お祝い事」を避けるべきだといわれていますが、七五三は対象となる年齢やご祈祷をお願いできる時期が決まっている神社が多いので、延期するかどうか悩みますよね。それに、今年延期しても来年も身内でご不幸ごとがないとも限りませんよね。

 

・喪中に七五三のお参りはしてもいい?
・喪中の七五三、写真撮影はどうする?
・喪中の七五三お祝いの席は設けてもいい?

 

について、どう考え開催をどうしたらいいのかズバッとお答えします。

スポンサーリンク

喪中に七五三のお参りはしてもいい?

身近な故人が亡くなってから1年間は故人を偲び喪に服す期間とされています。これを「喪中(もちゅう)」といい、お祝い事や華やかなことは慎むべき期間とされています。

ただし、「喪中」と言っても神社への参拝を避けるべき期間は故人が亡くなってから50日間で「忌(いみ)」と呼ばれている期間です。

ですので七五三のお参りも、必ずしも1年先まで延期する必要はなく、お参りをするお子さんご本人や、お父さんお母さん、一緒にお参りするその他のご家族の気持ちが落ち着き、お祝い事をする気持ちの余裕があるならば、故人の死後50日以降に、七五三参りをするのは構わないということになります。

 

ちなみに、仏式と神式で「忌」の期間は少し異なります。

仏式では四十九日で故人の魂が家から離れると考えられており、四十九日の法要を終えると忌明けとなります。神式において仏式の四十九日法要に当たるのが五十日祭です。そのため神式では、五十日で忌明けとなります。キリスト教においては忌明けの習慣はありませんが、日本では仏式や神式での「忌」の考え方が浸透しているため、故人が亡くなってから1カ月くらいを「忌」の期間としています。

 

ご自身のお家が仏式なのか神式、キリスト教なのかで、期間に多少の差はありますが、忌明けを迎えお祝いをする気持ちの余裕が出来ましたら、ぜひ七五三のお祝いをしてあげてくださいね。

 

スポンサーリンク

喪中の七五三、写真撮影はどうする?

七五三の写真撮影も華やかなイメージがあるイベントなので、基本はお参りと同じく忌明け(仏式なら四十九日、神式なら五十日)までは慎んだ方が良いかと思います。

ただ、写真撮影の場合写真館での衣装や撮影の予約、ロケーションフォトでもカメラマンとの予約を既に済ませているので、なかなか変更となるとキャンセル料の問題や、次の予定を立て直すのも大変という場合もありますね。

 

そんな時は、「故人との関係の深さ」と「悲しみの深さ」を基準に考えてみてはいかがでしょうか?

あくまで個人的な感覚になりますが、普段から身近にいる自分の父や母(子供から見て祖父母)や兄弟姉妹(子供から見ておじ・おば)、同居している祖父母(子供から見れば曾祖父母)などの場合は、自身が喪主になったり、故人を弔うための儀式の取り仕切りが必要になることでとにかく忙しかったり、身近な人を亡くしたという悲しみも深いものであるため、気持ちが七五三のお祝いにまで向かなもの。そういう時は一度仕切りなおしたほうがいいので、気持ちが落ち着いた時に改めて撮影に臨んだ方が、いい表情の写真が残せますね。

 

逆に、あまり普段から会うことのない親戚の場合で、気持ちも落ち着いているのであれば、撮影を済ませてしまうのも良いかと思います。

また、身近な家族(両親、義両親、祖父母など)であっても、故人がその七五三の写真をとっても楽しみにしていたのであれば、撮って差し上げるのも供養の1つになるかもしれません。そのときも、撮影に臨む家族の気持ちに無理がなければ撮影をされても良いかと思います。そのときは、出来上がった写真を、お仏壇に供えてあげるといいですね。

 

喪中の七五三お祝いの席を設けてもいい?

家族揃ってのお食事会をするなど七五三のお祝いの席を設けていいかどうかについても、基本は忌明け(仏式なら四十九日、神式なら五十日)までは慎んだ方が良いかと思います。お祝い色の強い場になりますので、写真撮影以上に、参加される方々と故人との関係や、悲しみの深さを慮り、よく検討されたほうが良いかと思います。

もし、お子さんがとても楽しみにしていたのであれば、家族だけでささやかなお祝い会をご自宅で予定していた日に開催し、他の家族も含めて盛大にお祝いをするのは忌明けを迎えてからにするということも検討されてみてください。ご祈祷のように時期が決まっているものではありませんので、多少の時期のずれは気にしなくても大丈夫ですよ。

 

喪中の七五三に関するまとめ

 

●神社にお参りが出来ないのは、「忌」の期間。亡くなった故人の供養の方法が仏式であれば四十九日、神式であれば五十日なので、それを過ぎてからお参りしましょう。

●七五三の写真撮影も、基本は忌明けが望ましいが、故人との関係の深さや悲しみの状態によっては、忌明け前でも撮影しても良いかと思います。

●お食事会などお祝いの席を設けるのは、忌明けが望ましい。招待しているご家族の故人との関係や悲しみの気持ちを慮る必要があり。

 

仏式では四十九日、神式では五十日が悲しみに対する区切りになっています。日数はあくまで目安ですので、しっかりと故人を偲び、ご供養を済まされてから、めいいっぱいお子さんの成長をお祝いしてあげてくださいね

コメント

タイトルとURLをコピーしました