七五三のお祝いは何歳でする?男の子の3歳は?数え年でするメリット・デメリット

季節を楽しむ行事

七五三

 

子供の健やかな成長を成長をお祝いする七五三。晴れ着を着た我が子を見てその成長にホロリと感慨深い気持ちになりますね。

ただ、何歳でお祝いをするのか?特に男の子の3歳はするのかどうかについては地域差があり迷いますね。また数え年と満年齢どちらでするかも悩むところ。

七五三にまつわる「いったい何歳にお祝いをしたらいいのか?」についてズバッとお答えします。

スポンサーリンク

七五三のお祝いは何歳でする?男の子の3歳は?

 

七五三の由来と男女別お参りの年齢

七五三は、11月の半ばに我が子のこれまでの成長のお祝いと、今後の健やかな成長を祈るため、神社や氏神様にお参りする行事です。

ご存知の通り3歳、5歳、7歳にお参りをしますが、実はそれぞれに意味があります。

 

3歳:髪置(かみおき)
昔は3歳になるまでは髪をそっているのが普通でしたが、3歳になると髪を伸ばすようになります。その節目として行われる髪置の儀式が3歳に七五三をする由来です。この髪置の儀式では、白髪になるまで長生きするようにと長寿の願いを込めて、白い綿帽子を子供の頭に載せる行事を行っていました。

 

5歳:袴着(はかまぎ)
5歳の七五三は、男の子が初めて袴を身につける「袴着」の儀式に由来します。昔「袴」は大人の男が公の場で身につける衣装でした。男の子が袴を身につけるということは、社会の一員として認めてもらうという意味があります。

 

7歳:帯解(おびとき)
7歳の七五三は、女の子が着物の付け紐をとって、大人と同じ普通の帯を締めはじめるお祝い「帯解の儀」に由来します。

 

●付け紐とは?
子供の長着などで、襟はしの帯を締める位置に直接縫いつけた紐。
(出典元:コトバンク デジタル大辞泉)

 

それぞれの意味を読むと分るのが、

男児:3歳と5歳
女児:3歳と7歳

に、七五三のお祝いをするということ。

 

男の子の3歳のお参りについて

だだ、男の子の3歳については、地域によってする・しないに差があるようです。関東や東海では3歳はやらずに5歳のみするご家庭が多いようです。北海道や関西、中四国、九州の西日本では3歳もするご家庭が多いようです。

 

七五三は数え年?満年齢?

合わせて悩むのは、数え年でするのか満年齢でするのかということ。正式には数え年で行うことになっており、神社が出しているお参りの年齢も数え年となっています。

 

数え年とは?

現代では生まれた年を0歳、お誕生日がきて1歳と年を数えますが、数え年の場合は、生まれた年を1歳としお正月を迎えるごとに1つ年をとるという数え方です。

そのため、その年のお誕生日を迎えていない場合満年齢プラス2歳、その年のお誕生日を迎えた場合満年齢プラス1歳になります。

 

数え年の場合、特に3歳の時は実際には2歳なので、衣装の大きさやお参り中、写真撮影などちゃんとすることが出来るのか心配になり、躊躇してしまいますよね。

いつもお世話になっている神社に問い合わせてみると、正式には数え年でお参りするといわれていますが、数え年か満年齢かにはこだわる必要はなく、満年齢でのお参りでも大丈夫とのことでした。

スポンサーリンク

七五三をするなら数え年?満年齢?メリット・デメリット

 

数えで3歳、実際には4歳のとき

七五三を数え年でするメリットですが、特に3歳の頃は実際にはまだ2歳と、赤ちゃんと幼児をいったりきたりしている時期特有の可愛さがあります。お子さんの可愛い時期を、可愛い衣装で写真に残すいい機会になりますよ。

デメリットとして考えられるのは、イヤイヤ期真っ最中だということ。衣装を着せる時にぐずぐずしたり、その延長で撮影中も泣いていたり、ご祈祷中にじっとできない、ご祈祷中の楽器の音に驚いて泣くなど、手こずる可能性があります。

また、体が小さいこともあり、体に合うサイズの衣装が少なかったり、そもそも衣装の数自体が少なかったりと、5歳や7歳に比べると選べる衣装の範囲が狭い場合もあります。

 

数えで5歳、実際には4歳のとき

集中力は長く続かないとはいえ、事前に言い聞かせておくと、ご祈祷中もおとなしく座ったり、写真撮影でも上手にポーズをとってくれるので、割とスムーズに七五三のお参りやお祝いを進めることができます。

実際、息子が5歳(実際には4歳)の時も、息子よりも一緒に連れて行った1歳半の娘に手を焼いたくらいです(笑)一方でやんちゃな姿や、決めポーズなど本人なりのこだわりが出てくるので、見ていて面白い時期でもあります。3歳の時よりは気持ちに余裕を持って七五三を楽しめますよ。

数え年での七五三はどうしてもピッタリの衣装を見つけるのが難しい時期でもあります。特に成長がゆっくりで小柄な子の場合は、なかなかピッタリのサイズが見つけにくいです。早生まれの息子は、中途半端なサイズ感だったようで、気に入ったデザインのものがあっても着てみたらダボッとしていたり、逆にワンサイズ下げるとギュウギュウだったりして、衣装を探すのに苦労しました。

 

数えで7歳、実際には6歳のとき

小学校入学目前の時期なので、だいぶお子さんも落ち着いてきます。特に中心となる女の子であれば、きれいに着飾るといつもはおてんばでも、何故だかおしとやかなんてことも。衣装も女の子を中心に、沢山準備があり、体もしっかりとしてくるので着せ甲斐も出てきますね。

 

1つデメリットがあるとすると、歯が生え変わる時期と重なること。平均的には、下の前場4本は6歳から7歳にかけて順番に生え変わり、上の前歯2本は7歳半ばごろから生え変わる時期になります。7歳の時は実際には6歳なので、ちょうど下の前歯が乳歯から永久歯に代わる時期で、一番目立つところが歯抜けになる場合があります。

こればっかりは個人差があるのでなんともいえませんが、歯抜けていない状態で写真をとりたいなら、数え年か満年齢かにこだわらず、歯の生え変わりの状態をみて時期を決めるというのもありだと思います。

とはいえ、タイミング悪く抜けてしまうということもありますので、それはそれで成長の証。一生に1度しかない時期ですので、凛とした表情の写真にプラスして、歯抜けのちょっとチャーミングな表情を残してあげるのもいいですね。

 

七五三を満年齢でしようかと悩んだときのアイディア

 

年齢が小さければ小さいほど、数え年でするよりも満年齢でしたほうが子供が成長している分、スムーズに運ぶことが多いです。そのため、あえて満年齢で七五三をするご家庭もあります。ただ、正式には数え年でするものとされているので、満年齢でいいのかな?という思いが一瞬頭をかすめますね。

そんなときの考え方の提案ですが、お参りやお祝いの食事会などは数え年で、写真の撮影は満年齢でするというもの。

数え年で七五三をする場合のデメリットは衣装の種類やサイズが合うものがなかなか見つからないことがデメリットの中でも大半を占めます。一方で神様への成長の感謝と今後の成長の祈念は、きちんと数え年で行えます。ご祈祷、お祝いの食事会、写真撮影を全て同じ年にしなければならないという固定概念をなくせば、他に兄弟がいる場合に一緒に写真撮影をしてしまおうといった柔軟な対応をすることも出来ます。

あまり、数え年なのか満年齢なのかにこだわらず、お子様の成長の様子やご家庭の事情に合わせて、計画されてみてくださいね。

 

七五三のお祝いは何歳でするのか?に関するまとめ

 

●七五三は正式には数え年で行うものですが、満年齢でのお参りも問題ない。

●男の子の3歳は西日本と北海道は行うご家庭が多い。

●数え年で七五三を行う場合のデメリットは、衣装の種類が少なかったり、気に入ったデザインでピッタリサイズが見つからない場合がある。

●七五三のお参り、お祝いの食事会、写真撮影を全部一度にしなければならないという固定概念を崩して、お子さんの成長やご家庭の事情に合わせて計画を。

 

七五三はお子さんの健やかな成長への感謝と今後の成長を祈念する行事です。数え年なのか満年齢なのかにこだわるよりも、何のために七五三をするのか?その心持が大切ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました