七五三のお祝いのお返しは必要?いつまでにお返しするべき?義両親からのお祝いを頂いたら内祝いはどうしたらいい?

季節を楽しむ行事

七五三

我が子の七五三のお祝いをいただけるのはとっても嬉しいけれど、悩むのはお返しについて。

 

・そもそも七五三のお祝いにお返しは必要?
・もしお返しをするならいつごろまでにお返しするべきなのか?
・七五三のお祝いを義両親から頂いた場合の内祝いはどうしたらいい?

 

七五三のお祝いを頂いた時にでてくるお悩みについて2児の母であるしおリンゴならどうするのか?ズバッと回答します!

スポンサーリンク

七五三のお祝いを頂いたらお返しは必要?

基本的に「子供の成長に対するお祝いへのお返しは不要」とされています。それは、お祝いをもらうこども自身には収入が無く、自分ではお返しはできないからです。

よくお祝い事のお返しとして贈る「内祝い」ですが、正確にはお返しではありません。お祝い事の嬉しい気持ちや幸せな気持ちを親戚や身近な知り合いの方と分かち合うために、お祝いを頂くよりも先に贈るのが「内祝い」です。七五三の場合なら、子供の成長を無事に祝うことができたことへの喜びをおすそ分けするために贈るのが内祝いです。

ただし、時代の変化と共に「お祝い事のおすそ分け」という意味合いで内祝いを贈る習慣は廃れてきており、現在では、内祝いはほぼ「お返し」という意味合いで使われるようになってしています。そのため、基本的に「子供の成長に対するお祝いは不要」とされていますが、頂いたお祝いの1/3程度の内祝いを贈るのが現代の基本的なマナーです。

 

ちなみに、頂くお祝いの目安はコレ↓くらいです。

●祖父母から:1万円~2万円程度
●その他親戚から:5千円~1万円程度
●友人や知人から:5千円程度

スポンサーリンク

もしお返しをするなら、いつまでにお返しするべきなのか?

いつまでに内祝いを贈るべき?

お祝いのお返しである内祝いは、お祝いをいただいてからなるべく早く贈るのが基本ですが、お祝いをいただいてから1ヶ月以内には済ませましょう。

七五三は11月15日にちですから、その前後に祈祷をしたりお祝いをしたりするかと思います。なので、遅くても11月中にはお返しをするのがベターです。

また、もし夏休みに帰省した時など時期とは関係なく早めに頂いた場合は、自宅に戻ってからすぐに一度お礼状を出しておきましょう。その上で、無事に七五三のお祝いを終えたらその報告とともに、内祝いを贈りましょう。

 

内祝いは何を贈るの?

しおリンゴの住んでいる地域は関西ですが、お赤飯にプラスしてお菓子やお茶の詰め合わせを内祝いで贈ります。遠方の場合は、お赤飯は日持ちしませんので、お菓子やお茶の詰め合わせのみ贈ります。

また、金額は頂いたお返しの1/3から1/2程度にしています。お祝いをいただいて嬉しい気持ちから相手に喜ばれるものをと豪華に内祝いを贈りたくなりますが、頂いたお祝い以上のお返しをすると「お祝いは要りません」という意味に取られかねないので気をつけましょうね。

お返しにかける「のし」の水引は紅白の蝶結びを選び、「内祝い」もしくは「御礼」と書き、名前はお祝いをいただいた子供の名前を書きます。

 

七五三のお祝いを義両親から頂いた場合、内祝いはどうしたらいい?

義両親や自分の両親からお祝いを頂いた場合の内祝いについてが一番悩むのではないでしょうか?いただく額も1~3万前後、中には「これで写真でも撮ってね」と5万~10万と結構高額をいただくこともあるので、他の方と同じようにお赤飯プラス内祝いの品でいいのか悩みますね。

我が家の場合は、近くに住んでいる私の母(父は他界しています)七五三の祈祷に一緒に参加してもらい、帰りにお祝いの食事をしました。母が息子が生まれた時の話をしてくれたり、息子は最近の幼稚園や習い事での出来事を話しながら楽しい時間を過ごしました。お祝いの食事を振舞うことも、楽しい時間のプレゼントという意味も含めお返しの1つとなりますね。また、その後七五三の写真を撮ったので、キャビネットに入れて写真を贈りました。

義両親は遠方のため、七五三のご祈祷と食事の会には呼べなかったので、(お義母さんがワイン好きなので)お祝いの意味で紅白のワインとキャビネットの写真、息子からの絵を贈りました。

母も義両親にもキャビネットの写真は大好評でした。写真館やスタジオで写真を撮っていると、1枚3000~5000円ほどで写真を焼き増ししてキャビネットに入れてもらえますよ。

 

七五三のお祝いのお返しに関するまとめ

 

●基本的に「子供の成長に対するお祝いへのお返しは不要」ですが、現在では内祝い=お祝いのお返しとして贈られている。

●いただいたお祝いの1/3程度お返しするのが相場です。のしは「内祝い」、名前は子供の名前で贈る。

●義両親や両親からのお祝いにも基本的にはお返しは不要ですが、ご祈祷に一緒に参加してもらったり、お祝いの食事を振舞ったり、撮った写真の中のベストな1枚をキャビネットに入れて贈ったりすると喜ばれる。

 

我が子の成長を一緒に喜んでお祝いをくださるなんて幸せなことですね。これからも一緒に成長を見守ってもらえるように、日頃から気にかけてくださることへの感謝の気持ちを伝えましょう。子供本人の口からもお礼の言葉を伝えられる機会をつくるといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました