子供の首のあせも|自宅でできるケアと悪化させないための対策

生活の知恵袋

子供 首 あせも

 

汗をかく季節になると、ちょっと油断すると出来てしまうあせも。特に首周りのあせもには、繰り返しあせもができるので悩みました。ひどくなれば皮膚科に連れて行くのはもちろんですが、症状の軽いうちに自宅で出来るケアや、悪化させない方法をご紹介します。

スポンサーリンク

子供の首のあせも自宅でできるケアは?

 

そもそもあせもは、急激な発汗で汗が通る管がつまり、汗が皮膚の中に溜まってしまい、炎症を起こした状態です。表面に赤いブツブツがでてきて、かゆくなります。掻きむしったりしなければ、2、3日でよくなりますが、掻き壊すと細菌に感染しジクジクするなど大きな肌トラブルに繋がります。

私も実際に子供たちにやっている、出来てしまったあせもに対する自宅で出来るケアについてご紹介します。

 

汗をしっかりとふき取る

汗をふき取らずに乾燥させてしまうと、肌に汚れが残ってしまい、あせもの悪化させてしまいます。朝キレイだったお子さんの首も、昼頃になるとシワの中に、汗と垢や汚れが混ざった黒いカス状ものが溜まっていてビックリ!なんて経験もあるかと思います。特に乳児はシワが多く汗や汚れが溜まりやすいので、こまめに汗をふきとってあげましょう。汗をふき取る時は、ハンカチやタオルで擦り取らず、優しく抑えて汗を吸い取るようにふき取りましょう。

 

汗をかいたらお風呂やシャワーを浴びる

お外遊びなどでたっぷり汗をかいた後は、お風呂やシャワーを浴びて汗を流すことが一番!すっきりと汗を流し、清潔な服に着替えさせましょう。(ゆったりとした綿100%の服がおすすめです)

汗を流すためにお風呂やシャワーをあびるのはとてもいいことですが、熱いお湯をあびると、かゆみがでやすくなったり、お風呂上りに汗をかき過ぎることに繋がります。お湯の温度は38度くらいのぬるめの温度に設定しましょう。

また石鹸を使いすぎると、肌を守るのに必要な皮脂も落としてしまうことになりますので、何度もお風呂に入る場合は、毎回石鹸をつかって洗うのではなく、さっとぬるま湯で汗と汚れを流す程度でもOKです。

 

十分な保湿をする

あせもは汗を防ぐと同時に、保湿することも大切です。肌が乾燥していると、角質層がめくれあがり、そこから汗やほこりの刺激を受け、痒くなりやすくなります。そこから雑菌が入れば大きな肌トラブルにつながりかねません。

保湿をすることで角質を潤し、肌のバリア機能を十分に働かせましょう。また、保湿をするときは、肌をキレイにしてから保湿しましょう。汗やよごれをきちんとふき取った後や、お風呂やシャワーの後に保湿しましょう。

スポンサーリンク

子供の首のあせもを悪化させないための対策

 

自宅でのケアにプラスして、これ以上あせもを悪化させないための対策についてもご紹介します。

 

かゆくなったら冷やす

子供はかゆいと無意識にかいてしまいます。掻きむしるとあせもが悪化したり、掻き壊してしまうとそこから細菌に感染して、別の皮膚トラブルに繋がることも。かゆみを感じる場合は冷やすことで、かゆみが和らげることができます。

冷やす時は、タオルを冷たい水に浸して作る「濡れタオル」がおすすめです。しっかりかゆみを抑えてあげたいと、アイスパックや氷嚢を使ってキンキンに冷やしてあげたくなりますが、冷たすぎて子供は嫌がることが多いです。また、急激に冷やした分、下がった体温を外気にあわせようと体温が急に上がるので、かゆみがぶり返しやすくなります。濡れタオルでゆるく冷やしてあげましょう。

 

汗をかきにくい状態をつくる

あせもが出来ている時うえに汗をかくと、あせもの悪化につながります。エアコンなどを上手に使って汗をかかない程度の温度を保ちましょう。

ただし、汗をかかせないといっても、室温をぐっと下げるのではなく、除湿機能を使って湿度を下げることが大切です。冷やしすぎると体調を崩しやすくなりますので、冷やしすぎには注意しましょう。

 

髪の毛はくくりましょう

女の子の場合、髪の毛が肩にかかるほど長いお子さんもいると思います。髪の毛をおろしていると首の部分の通気性が悪くなったり、汗で髪の毛が肌に張りついて肌を刺激することで、あせもができやすくなります。肩にかかるくらいの長さがあれば髪の毛をくくってあげることもできますので、首筋の通気性をよくし、汗で髪の毛が首にまとわりつかないようにするためにも、髪の毛を結んであげましょう。

 

あせも対策にベビーパウダーを使ってはいけないって本当?

 

昔はお肌をさらさらにするためにベビーパウダーを使っているけれど、最近では、毛穴を詰まらせてしまうから使わない方がいいとよく言われていますね。

確かに、あせもが出来てしまってからのベビーパウダーは、あせもを刺激してしまい逆効果になってしまうので治るまではつけないほうがベターです。掻き壊してキズになっている時や、ジクジクしているときは絶対に使わないようにしましょう。

 

あせもを予防する対策としては使える

だたし、ベビーパウダーには余分な水分を吸い上げ発散させる働きがあるので、あせもが出来やすいところに塗っておくと汗を上手に発散させてくれます。

ただし、塗る時はうすーく塗ることが大切。たっぷりつけたほうが肌をさらさらにしてくれる効果があるように感じますが、つけすぎると余分な粉がダマになってしまい、汗が通る管を塞いでしまったり、水分を発散させる働きの邪魔になります。

 

ベビーパウダーの正しいつけ方

・水分が残ったままの肌につけるのはNG。水分をしっかりふきとり、乾いた状態の肌にでつける。
※お風呂上りはしっかり水分をふき取り、ある程度落ち着いてから塗るようにしましょう。水分と粉が混ざってダマになると汗腺をふさいでかえってあせもの原因になります。

・付属のパフでそっとなでるようにつける
※パフで叩くように肌にはたくと粉が舞い、お子さんが粉を吸い込んでしまいます。

・ベビーパウダーの量は薄く肌にのばす程度
※ちょっと足りないかな?くらいでとどめておきましょう。

 

また汗をかいてパウダーがよれてきたら、優しくふき取り、新しく付け直すようにしましょう。

ベビーパウダーは良くないという記述もよく見かけますが、上手に使えば、ベビーパウダーはあせもを予防する強い味方になりますね。

 

子供の首のあせも対策に関するまとめ

 

●あせもは、汗をふき取る、清潔にする、保湿するがケアの三大原則

●悪化させないために、かゆみが出たら冷やす、汗をかきにくい環境を作る、髪の毛はくくるを徹底しましましょう。

●正しく使えば、ベビーパウダーはあせもの予防に使える!

 

丁寧なケアと徹底した対策で、出来たあせもを少しでも早くよくしたいですね。出来ないように予防することも大切なので、こまめに汗をぬぐったり、着替えをしたり、上手にベビーパウダーを使ったりして、汗をかく時期を乗り切りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました