お中元の時期はいつからいつまで?過ぎてしまった場合の対処と喪中の相手への贈り方

大人のマナー事典

お中元 時期

 

結婚をすると、日頃お世話になっている上司や目上の方、お仲人さん、義両親などお中元を贈るようになる方も多いのでは?私も独身の頃はお中元を贈ったことがなかったので、そもそもお中元をいつお贈りするのか?など、お中元の基本的なマナーを確認をしました。

 

・お中元を贈る時期がいつからいつまでなのか?
・お中元の時期を過ぎてしまったときの対処法
・相手方が喪中の場合のマナー

 

「お中元ことはじめ」の参考になればと思います。

 

スポンサーリンク

お中元の時期はいつからいつまで?

そもそもお中元とは、夏のご挨拶の一種で、上半期の区切りにお世話になった方に感謝の気持ちと「今後もよろしくお願いいたします」というご挨拶に贈り物を贈る習慣です。

私は元々関西出身&現在は関西在住なので、お中元といえば7月中旬から8月中旬までというイメージですが、実はお中元を贈る時期は地域によって違います。

 

●【地域別】お中元の時期

【北海道】7月中旬~8/15
【東北・関東】7月上旬~7/15(最近では6月中旬から贈る人も増加中)
【北陸】7月上旬~7/15(一部、7/15~8/15の地域あり
【東海・関西・中四国】7/15~8/15
【九州】8/1~8/15(7月中旬から贈る人も増えている)
【沖縄】旧暦の7月15日までに届くように贈る
 ※毎年日にちが違うので要確認!(おおよそ8月中旬~9月初旬)

 

関東・東北・北陸は期間が短いので早めの段取りが必要ですね。また、九州や沖縄については、他の地域より1カ月遅いスタートですので、それらの地域に贈る際は気をつけましょう。

地域の確認についてですが、送り先の相手方がどちらに住んでいるかを基準に見ましょう。自分が住んでいる地域ではないので注意です。

 

また、一度贈り始めると基本的には毎年お贈りするのが礼儀です。今年だけ特別お世話になったからと単発でお贈りする場合は、「御中元」よりも「御礼」の掛け紙(のし)でお贈りする方がベターです。

スポンサーリンク

お中元の時期を過ぎてしまったときの対処法

地域によって時期が違うため、うっかりお中元を贈る時期を過ぎてしまったなんてこともあるかと思います。そんな時の対処法ですが、「暑中御見舞」か「残暑御見舞」として贈ります。これも贈る時期(地域)によって暑中見舞いなのか残暑見舞いなのかが変わってきますので注意が必要です。

●お中元の時期を過ぎてしまったとき

【東北・関東甲信越・北陸】
立秋(8/7前後)までは「暑中御見舞」、立秋を過ぎたら「残暑御見舞」
※残暑御見舞いは8/25までに贈りましょう。

【その他の地域】
8/15以降になりますので、「残暑御見舞」
※ただし、遅くても8/25までにはお贈りしましょう。

 

お中元にしても暑中御見舞(または、残暑御見舞)にしても、季節のご挨拶です。お贈りするものについては、相手方が好きそうな季節の美味しい食品、ビールやジュースなどの飲料、洗剤などの日用品などを贈りますが、贈り物に掛ける掛け紙(のし)の表書きが違いますので注意しましょう。お中元の場合は「御中元」、暑中お見舞い(残暑見舞い)の場合は、「暑中御見舞(残暑御見舞)」となります。

お中元の時期に準備だけして、持参するのが遅くなり、暑中見舞(残暑見舞い)の時期に届ける場合、掛け紙(のし)は変え忘れないようにしましょうね。

 

相手方が喪中の場合のマナー

 

お中元をお贈りしようと思ったとき、ちょっと気になるのは相手方が喪中の場合。

そもそも、お中元は(暑中御見舞も同じく)はお祝い事ではなく「季節のご挨拶」に関する習慣の1つ。そのため喪中であるかどうかは関係ありません。相手方が喪中であっても、日頃の感謝の気持ちとしてお贈りするのはマナー違反ではありません。

 

ただし、お中元をお贈りする時期が四十九日を過ぎていない場合は、相手方もまだ落ち着いていないでしょうから、お贈りするのを控える方がベターです。その場合は、お中元の時期は一旦見送り、残暑見舞いの時期やお歳暮の時期までずらして贈りましょう。

どうしても感謝の気持ちやご挨拶にお伺いしたいのであれば、お盆にお供えのお線香とご家族の皆さんに美味しく召し上がっていただけそうな手土産を持ってお伺いする方法もあります。ただし、新盆(初盆)の場合は忙しくされている場合がありますので、相手方の都合を確認しましょう。忙しそうでしたら、新盆のお供えに香りの良いお線香とロウソクのセットを郵送するのもよいですね。

関連記事 お中元を仲人さんに贈るのはいつまで?やめ方とやめるときの知らせ方

 

お中元の時期に関するまとめ

●お中元の時期は地域によってちがうので、送る相手方の住んでいる地域に合わせて贈りましょう。

●もしお中元の時期を過ぎてしまったら、暑中見舞や残暑見舞いとしてお贈る。

●お中元は季節のご挨拶なので、お中元を贈る相手方が喪中の場合も贈る事ができる。ただし、四十九日を過ぎていない場合は控えるようにしましょう。

 

スムーズにお中元を準備するに、まずは相手方の住んでいる地域とお中元の時期の確認が必須ですね。何を贈るかは毎年あれこれと悩んでしまいますが、相手方が喜んでくださる姿を想像して選ぶのは楽しいものです。贈った相手方に喜ばれるものが見つかるといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました