日焼止めで肌荒れしないための対策って?敏感肌さんの選び方や上手な落とし方

日焼け止め 肌荒れ 対策

日差しが気になる時期、日焼止めを塗ってお肌を守る努力をしているけれど、何だかかえって肌が荒れてる!?もしかしたら、日焼止めで荒れてしまっているのかもしれませんね。

お肌を守るためにも上手に日焼止めを使いたいですね。

日焼止めで肌荒れしないための対策や敏感肌さんにもおすすめの日焼止めの選び方、上手な日焼止めの落とし方についてご紹介します。

スポンサーリンク

日焼け止めで肌荒れしないための対策

場面に合わせた日焼止めを使う

日焼け止めは、その効果をSPFとPAという値であらわしています。

そもそもSPFとPAってなに?

SPF:日焼けやシミを引き起こす紫外線B波を防ぐ効果の高さ
短時間で肌に赤みや炎症を起こさせ、黒化につながりやすくなるUV-B(紫外線B波)を防ぐ効果指数のこと。1?50+までの数値は、何も塗らない場合に比べてUV-B波による炎症をどれぐらい長い時間防止できるかを表しており、数値が大きい方がUV-B波に対するの防御効果が高いことを表しています。

PA:シワやたるみの原因となる紫外線A波を防ぐ効果の高さ
一時的な黒化を引き起こし、長時間かけて肌の弾力を失わせるUV-A(紫外線A波)を防ぐ効果を表す目安。4段階の「+」マークで表示され、「+」の数が増えるにつれ、UV-Aに対する防御効果が高いことを表しています。

(参照元:資生堂 なるほど!紫外線対策)

効果的に日焼けを防ぐために、SPF値やPA値が高ければ高いほど良いというわけではありません。

数値が高くなればなるほど、肌への密着度も高くなりお肌への負担も大きくなります。

下の場面ごとの日焼け止めの目安をご覧頂くと分るように、通勤やちょっとした外出、屋外での運動など日常的な外出の場面では、SPF10~30、PA+~++で十分です。

しっかり防ぎたいとついSPF50+/PA++++を選びがちですが、数値の高いものを塗るよりもこまめに塗りなおす方が、上手に日焼けを防ぐことができます。

夏場なのでせっかく塗った日焼け止めも汗で流れたり、汗を拭った時に落ちたりしますので、2~3時間ごとに塗りなおすほうがしっかりとした対策になります。

●場面ごとの日焼け止めの目安

通勤、通学、散歩:SPF10/PA+
屋外での運動:SPF10~30/PA++
炎天下でのレジャー、マリンスポーツ:SPF30~50/PA++~+++
紫外線の強い場所:SPF50+/PA++++

日焼け止めを綺麗に落とす

塗った日焼け止めは綺麗に落とすことが大切です。

石鹸だけでは落ちないものがほとんどなので、きちんとクレンジングを使って落としましょう。

また、きれいに落とそうとゴシゴシ擦りがちですが、擦らずに丁寧に泡立てた泡で優しく洗顔しましょう。

アフターケアをしっかりする

お風呂で顔を洗ってヒリヒリしたなんてこともあると思います。

日焼けも一種のヤケドだと言われています。

日焼けで肌が火照っていると感じたら、肌を冷やすことが大事です。

水を張った洗面器に氷を入れて氷水を作ります。

氷水で濡らしたタオルをこすらないように顔に当てて、お肌をクールダウンさせましょう。

また、お風呂から上がったら、しっかりと化粧水で保水して、乳液などの保湿クリームでしっかり保湿しましょう。

お肌が弱っていると普段は日焼け止めで荒れない人も、反応して荒れやすくなります。

肌を健やかな状況を保つために、スキンケアの基本である保水と保湿を普段からしっかりとしましょう。

スポンサーリンク

敏感肌さんにもおすすめの日焼止めの選び方

お肌が敏感肌であればあるほど、どんな日焼け止めを選んでいいかどうか悩むもの。

選び方のポイントが3つありますのでチェックされてみてください。

SPF値やPA値の高いものは避ける

先ほどもご紹介しましたが、SPF値やPA値が高ければ高いほどお肌への負担は大きくなります。

以前に、皮膚科の先生に聞いてみたのですが、「SPFは18あれば充分」なのだそう。

SPF値の高いものを選ぶより、2~3時間おきにこまめに塗り直すことの方が大事とのこと。

SPF30~50といった強いものは、海などの炎天下のレジャーで必要な時にのみにしておくほうがベターです。

紫外線を防ぐ成分に気をつけよう

紫外線を防ぐ成分には「紫外線吸収剤」と「紫外線錯乱剤」の2種類があります。

紫外線吸着剤は、化学合成された成分が多く、紫外線を取り込んで化学反応を起させて日焼けを防ぎます。

この化学反応の際に出る熱や化学反応して変化してしまった物質がお肌への負担になり肌荒れに繋がります。

一方で紫外線錯乱剤は天然の成分が多く、紫外線を跳ね返すことで紫外線を防ぎます。

こちらの方がお肌への負担は軽くなるといわれています。

なので、パッケージの後ろを見て「紫外線錯乱剤」が使われている日焼け止めを選びましょう。

肌に負担をかける成分がなるべく少ないものを選ぶ

合成界面活性剤、添加物、エタノール、合成着色料などは肌に負担をかけやすい成分になっています。

できるだけ、こういった成分が入っていない、もしくは入っていてもなるべく少ないものを選ぶようにしましょう。

ちなみに成分表に書かれている成分は配合率が高い順から書かれています。

上手な日焼止めの落とし方は?体はどう落とす?

塗った日焼け止めをきれいに落とすことが、肌荒れを防ぐために大切です。

顔と体それぞれ上手な落とし方をご紹介します。

上手な日焼け止めの落とし方【顔】

①ホットタオルを作り、5分ほど顔に置いて毛穴を開かせます。

●ホットタオル(蒸しタオル)の作り方

・水で濡らしたタオルを軽めに絞り、くるくるとロールケーキのように巻く。
・ジップロックなどの電子レンジ対応の袋に入れて電子レンジでチンする。
チンの目安:500Wで1分が目安
※取り出すときは熱いのでヤケドには気をつけましょう。

②毛穴が開いたところで、クレンジングをくるくると優しくお肌に馴染ませて、日焼け止めを浮かせてからぬるま湯(32度くらい)でしっかりすすぎます。

③しっかりと泡立てた泡で洗顔し、同じくぬるま湯でしっかりとすすぎます。

とにかくゴシゴシこするとお肌に負担がかかりますので、擦らず優しく洗いましょう。

上手な日焼け止めの落とし方【体】

石鹸をしっかりと泡立てて、手で優しく洗います。

タオルでゴシゴシと擦るのはよくありません。

また、泡で綺麗に落ちないなと感じたら、一度顔用のクレンジングを使って日焼け止めを落としましょう。

泡になるクレンジングがありますので、そういうアイテムを上手に使って、しっかり、かつ優しく落としましょう。

★髪の毛の日焼け止めについてはこちらにまとめました!

髪の毛も日焼け対策をしないと、キューティクルが破壊され、髪の傷み、パサつき、脱色、場合によっては秋ごろの抜け毛につながってしまいます。髪の毛の日焼け止めの効果や上手な使い方、落とし方をご紹介します。お肌と同じように髪も日焼け対策をして、美髪を保ちながら夏を乗り切りましょう!

日焼止めで肌荒れしないための対策って?敏感肌さんの選び方や上手な落とし方のまとめ

●日焼け止めで肌荒れしないためには、場面に合わせた日焼け止め選び、
アフターケアー、きれいに日焼け止めを落とすことが大事。

●日焼け止めを選ぶポイントは、SPF値の高いものはなるべく避ける、紫外線錯乱剤タイプの日焼け止めを選ぶ、肌に負担をかける成分が少ないものを選ぶ。

●上手に落とすために、きちんとクレンジングを使った後、しっかりと泡立てた泡で擦らず優しく洗う。

肌を守るための日焼け止めで肌荒れしないために、上手に日焼け止めを選び使っていきたいですね。

塗りなおしや蒸しタオルを使った洗顔など少し手間はかかりますが、これから何十年もお付き合いするお肌。丁寧にケアをして美肌を保ちましょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする