髪の毛の日焼け止めその効果と上手な使い方~落とし方もチェック!

生活の知恵袋

髪 日焼け止め

 

紫外線の強くなる春からお肌には日焼け止めを塗る人は多いけれど、一番日光があたっている髪の日焼け止めは意外と忘れている人が多いのではないのでしょうか?

 

髪の毛も日焼け対策をしないと、キューティクルが破壊され、髪の傷み、パサつき、脱色、場合によっては秋ごろの抜け毛につながってしまいます。

 

髪の毛の日焼け止めの効果や上手な使い方、落とし方をご紹介します。

 

お肌と同じように髪も日焼け対策をして、美髪を保ちながら夏を乗り切りましょう!

 

 

スポンサーリンク

髪の毛の日焼け止めって効果はあるの?

 

髪の毛の日焼け止めって効果があるのか私自身も疑問だったので、行きつけの美容師さんに質問して教えていただきました。

 

そもそも、髪の毛も日焼けするのかどうかということも疑問だったのですが、髪の毛もお肌と同じで日焼けします。

 

日焼けすると、キューティクルが破壊されると、髪の毛のメラニン色素が抜け髪が脱色したり、パサつきや軋みといった傷みの原因になったり、頭皮にも強いダメージを受けると秋ごろの抜け毛に繋がるそうです。

 

キューティクルが破壊されないように、髪の毛をコーティングし、直射日光から守ることが大切です。

 

日焼け止めを髪に塗ることで、髪の毛が日焼け止めでコーティングされ直射日光によるキューティクルの攻撃から守ってくれます。

 

また、日焼け止めはもちろんですが、洗い流さないトリートメントやヘアワックスなどを髪につけることでも、髪の毛をコーティングしてくれるため、日焼けを防ぐことに繋がります。

 

 

美容師さん曰く、紫外線だけでなく湿気やホコリ、静電気などからもダメージを受けるので髪の毛に何もつけない状態で出るのはあまりおすすめできないとのこと。

 

私自身もワックスがニガテでしたが、プロである美容師さんに相談してご紹介いただいたワックスは、塗り心地が軽くべたつきにくいので、毎日もみこんで外出するようになりました。

 

髪質に合ったものをプロに教えていただくのが一番近道ですよ。

 

 

 

 

スポンサーリンク

髪の毛の日焼け止めの上手な使い方

 

上手な日焼け止めの使い方

髪の日焼け止めには、べたつかずに髪の毛につけやすいように、スプレータイプのものが出ています。

 

体と共用できるタイプのものもありますね。

 

髪の日焼け対策は美髪を保つためには大切ですが、使い方を間違うと頭皮が詰まって、頭皮のトラブルに繋がってしまうことも。

 

髪に日焼け止めスプレーをかけるときは、髪の毛をつまんで広げ、中間から毛先を中心にスプレーしましょう。

 

毛穴がつまり頭皮トラブルに繋がってしまうので、頭皮に直接かけないように注意が必要です。根元近くは軽くふるか、日焼け止めの代わりに、洗い流さないトリートメントでコーティングして紫外線対策をしましょう。

 

また、スプレータイプであってもどうしても塗りムラは出てきてしまうので、洗い流さないトリートメントやヘアワックスをもみこんだ後に、日焼け止めスプレーするダブルでの対策もおすすめです。

 

パッチテストをしよう

髪の毛であってもパッチテストをすることは大切です。

 

肌荒れであれば傷んでしまっても自然治癒の力が働き再生しますが、髪の毛の場合は傷んでしまったら再生させることはできませんので、お肌以上に慎重に日焼け止めを選びたいですね。

 

●髪の毛のパッチテストのやりかた

内側の方にある髪の毛をひと束とって、その毛先に日焼け止めを塗ってみます。2日ほど様子を見て、傷みや脱色が無いかを確認します。違和感を感じたら早めに流しましょう。

 

髪の毛の日焼け止めの落とし方

 

髪の毛用の日焼け止めを使った後、基本的にはいつもどおりのシャンプーでOKです。

 

特別なクレンジングは必要ありません。ただし、一度洗いで髪の毛のべたつきが気になる場合は、もう一度シャンプーをして日焼け止めを綺麗に落としましょう。

 

洗う時は日焼けで頭皮がダメージを受けている場合もありますので、強くごしごししたり、刺激の強いシャンプーは使わずに、優しく洗いましょう。

 

また、日焼けをする時期のアフターケアとしておすすめは、お肌と同じで保湿することがおすすめです。

 

髪の毛アウトバスで使えるトリートメントやオイルを塗っておくとキューティクルを保護し、今後のダメージを防げるのでおすすめです。

 

頭皮についても、日焼けで乾燥してしまっていることもありますので、ドライヤー後にミスとタイプの頭皮用化粧水をすると日焼け後のケアができます。

 

まんべんなく適量をつけ、マッサージしながら馴染ませます。

 

★敏感肌さんの日焼け対策についてもまとめました!

日焼止めで肌荒れしないための対策って?敏感肌さんの選び方や上手な落とし方
日焼止めで肌荒れしないための対策や敏感肌さんにもおすすめの日焼止めの選び方、上手な日焼止めの落とし方についてご紹介します。

 

髪の毛の日焼け止めについてのまとめ

●髪の毛も日焼けをする。

●日焼け止めやヘアワックス、洗い流さないトリートメントで髪の毛をコーティングすることで髪の毛を紫外線から守れる。

●日焼け止めスプレーは、頭皮には直接かけずに、髪の中間から毛先を中心にかける。

●日焼け止めを落とすのはシャンプーでOK。1度のシャンプーのみでべたつくようであれば、もう一度洗い日焼け止めをきちんと落とす。

 

日焼け止めを上手に使い、お肌と同じように髪の毛も日焼け対策をしたいですね。

 

しっかりと対策をして、紫外線の強い真夏も乗り切りましょう。目指せ美髪!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました