読書感想文の書き方はどう伝えたらいい?小学生向けのコツと書き出しアイディア

読書感想文 小学生 書き方

夏休みの宿題で大変なものの1つが読書感想文。

小学生になって初めて読書感想文を書く子供たちは、何をどう書いていいか分らなくてなかなか進まないもの。

それを見ている親も、どうにか書かせてあげたいけれど、どう声をかけアドバイスをしていいものか悩むところですよね。

読書感想文をスムーズに書くための読書感想文の書き方をお伝えします。

また、小学生向けの書き方のコツや書き出しのアイディアについても合わせてお伝えします。

スポンサーリンク

読書感想文の書き方小学生の子供にどう伝えたらいい?

夏休み 宿題 自由研究 読書感想文

いきなり書きなさいといわれても書けないのが、読書感想文などの作文。

けれど、逆にしっかりとした下準備をしておくとスムーズに書けてしまうものでもあります。

そこで今回は小学生向けの読書感想文を書くための下準備についてご紹介します。

読書感想文の下準備

読書感想文を書くためにはまず本を読みますよね。

だからと言っていきなり本を読んで、感想文を書かせようとしても進みません。

スムーズに読書感想文を書いてもらうために必要なことは、本を読む前に予め文章の構成の核となる5つの質問を子供にしておくことです。

【作文をスムーズに進める5つの質問】

①この本を選んだ理由
(例)「読む前にどんなお話の本だと思った?」「表紙の絵をみてどんなことを感じた?」

②主人公に質問したいこと
(例)「どうして主人公はこんなことをしたと思う?」「主人公は〇〇してよかったのかな?」

③自分との共通点や違いを探させる
(例)「〇〇くん(ちゃん)と主人公が似ている所は?」「違うところはどんなとこ?」

④お話の中で一番好きな場面
(例)「お話の中で一番好きな場面やセリフはどこ?」「どんな気持ちを感じた?」

⑤主人公にかけたい言葉
(例)「主人公がお友達だったら、なんて言う?」「主人公のいいところは?」

本に合わせて①~⑤に当てはまる質問を、1つの質問に対し1枚のA4の紙に書き出しておきます。そして、お母さんがお子さんにインタビューしながら、一緒に埋めていきます。

ここで大事なのは、本を読む前に質問の内容は書き出して子供に伝えるけれど、本を読む途中で無理やりメモさせたり書き出させたりしないことです。

小学校の特に低学年のお子さんにすれば、本を1冊読むだけでも大変な作業です。

途中で止まると集中力が途切れてしまったり、読みながら並行してメモさせるのはなかなか難しいもの。

そのせいで、本を読むことや読書感想文を書くことが難しく嫌なことになってしまってはもったいないので、あくまで事前情報として伝えるだけで、メモや書き込みの強要はしてはいけません。

いきなり1人で書くのは難しいので、小学校低学年のお子さんであれば、読み終わった後お子さんに会話形式で質問しながら、一緒にメモをした質問の答えを埋めていくようにしましょう。

メモが出来上がれば、①~⑤の順に話が繋がるようにまとめていけばOKです。

スポンサーリンク

読書感想文の書き方小学生向けのコツについて

メモはできてもいざ原稿用紙に書くとなると、なかなか埋まらないものですよね。

そんな時におすすめの小学生向けの読書感想文のコツについてお伝えします。

書く分量を予め伝える

どうしてメモがあるのに書けないのかというと、何をどのくらい書けばいいのかが分らないから。書く量が決まらないと書く内容を絞り込めず筆が進まなくなってしまいます。

大事なのは予め書く分量を決めてしまうこと。

提出する原稿用紙の文字数を5で割り、各①~⑤に文字数を割り振ります。

そのときに分量が一目で分りやすいように、どこからどこまで書くのかを鉛筆で原稿用紙に目印をつけてあげます。

目印があることで文字数のゴールが見えるので、頑張りやすくなります。

使ってはいけない言葉を具体的に決める

子供の作文を読むと、「楽しかった」「面白かった」「良かった」などの言葉が並んでいることが多いと思います。

お子さんの作文を見てよく出てきている言葉があれば、それをNGワードにしてしまい、それを別の言葉で表現させてみてください。

どうにか別の表現を考えさせることで、例えば「初めて海に行って楽しかった」という単純な文章が「ワクワクドキドキしながら初めての海を泳ぎました」という様に変化させることができます。

ありきたりな表現をさせない工夫をすることが大事です。

上手にありきたりの「楽しかった」や「面白かった」を別の表現にさせるためには、お母さんの質問力が大事です。

例えば「楽しかったってどんな音がする?」「面白いってどんな色だと思う?」といったように、別のものでその感情を表現させるきっかけを質問で引き出してあげます。

音や色、香、さわり心地など五感を刺激するような質問をしてあげるといいですね。

読書感想文の書き方小学生向けの書き出しのアイディア

作文の書き出しって悩みますよね。

多くのお子さんが「この夏休み〇〇という面白い本を読みました」のような書き出しになっているのではないでしょうか?

それですと、みんな一緒で面白味がないですよね。

先生が読んだときに「おっ!」と思わせるための書き出しのアイディアをご紹介します。

「かぎかかっこ」でスタートする

例えば…

「うわぁーなんて綺麗な景色なんだろう!」本の表紙の景色が気に入ったのでこの本を読み始めました。

という様に、自分の気持ちや本を読んでいく中で思わず出てしまった言葉などを「かぎかっこ」形式を書き始めにいれると、一気に印象的になります。

先生も思わず注目しちゃいますね。

書き出しが決まれば、その後もスムーズに続いていきますね。

一番最後に書き出しの言葉を決める

①~⑤の質問に沿って一度読書感想文を書ききってしまってから、全部書いた中で一番印象に残った言葉や好きな言葉を選んで書き出しに持ってくるもの、マンネリな書き出しにならずにおすすめです。

どうしても書き出しが決まらない・・・そんなときにおすすめのコツになります。

また、書ききることで自分のストーリーへの思いがまとまってくるので、思いがまとまってからの方が書き出しも思いつきやすいかもしれません。

読書感想文の書き方についてのまとめ

  • 構成を決めるために、お母さんが子供に5つの質問をする。
  • スムーズに書かせるために、書く分量を決めることと、ありきたりな表現をさせない工夫をする。
  • 書き出しを印象的にするために「かぎかっこ」でスタートさせたり、読書感想文を書ききってから最後に書き出しを決める。

特に小学校低学年のお子さんにとっては、読書感想文をはじめとする作文の宿題は大変なものだと思います。

書き方のコツが分らないばっかりに作文嫌いになってしまうのはもったいないですよね。

今後、受験や大人になっても仕事上で文章で説明したり表現する機会は沢山あります。

その練習だと思って、最初のうちはお母さんが付き添って上手に導いてあげられるといいですね。

★夏休みの読書感想文の記事一覧はこちら!ぜひお役立てください↓

夏休みの2大お悩み「自由研究」と「読書感想文」。どう進めていいか悩むお子さんを見ていると、それはそれで、見ていて辛い。何かアドバイスをしてあげたいけれど、どうアドバイスしていいか分らない。そんな時に、こちらのまとめをぜひお役立てください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする