赤ちゃんが蚊に刺されるとすごく腫れるけど大丈夫?水ぶくれの注意点と刺された後の的確な対処法

赤ちゃん 蚊にさされた

蚊が出る季節になると心配になるのが、子供の虫刺さされ。特にお子さんが初めて夏を迎えるときは、より心配に感じますね。小さな子ほどすごく腫れたり水ぶくれになったりと大きく反応がでるから、どう対処していいのか悩みます。

そこで、本格的な蚊の季節になる前に、どう対処するのがいいのか事前に知っておくと対処しやすいですね

スポンサーリンク

赤ちゃんが蚊に刺さされると大人より腫れるけれど大丈夫?

赤ちゃんが蚊に刺されると、大人以上にぷっくりと腫れることがあります。そんな我が子の様子を見て、心配になるお母さんも多いはず。

そもそも、この蚊に刺されて腫れる原因は、蚊が人を刺した時に人の体内に注入される蚊の唾液に対して反応するアレルギー反応なんです。蚊の唾液が人の体内に注入されると、体は「異物」と判断し、異物と戦うために抗体を作ります。この抗体の反応の程度によって、腫れ方に個人差が出てきます。

この腫れる反応は、年齢によっても異なります。蚊に刺された経験が多い大人は、刺されるとすぐに反応して赤くかゆくなり、1~2時間ほどで腫れやかゆみは治まってきます(即時型アレルギー反応)。一方、赤ちゃんは刺された経験が少ないので、すぐには反応がでず、数時間から1日たってから赤みやかゆみが出ることが多いです(遅延型アレルギー反応)。時間差があるために、赤ちゃんが蚊に刺されてすごく腫れている時には大人は治まりつつある場合が多いので、より腫れているように感じてしまいます。

また、このアレルギー反応ですが、反応の程度に個人差があります。アレルギーに対して強く反応する人ほどよく腫れます。個人差が大きいものなので、我が子が初めて夏を迎えるときは、アレルギー反応が強く出るのか弱く出るのかのチェックをしておくことが大切ですね。

スポンサーリンク

赤ちゃん蚊にさされたところが水ぶくれになったら気をつけること

赤ちゃんが蚊に刺されたあと、腫れるだけでなく水ぶくれになることもよくあります。この水ぶくれができる原因は、虫に刺されたところを爪で引っかいてしまい、傷ができてしまいます。そこに、黄色ブドウ球菌が入って化膿することで起こります。黄色ブドウ球菌は、人間の手や鼻、喉、耳など身近なところに潜伏しているので、例えば赤ちゃんが、鼻を触った後に蚊に刺されたところを掻いてしまったというようなことで、水ぶくれができてしまいます。

水ぶくれが出来てしまったら絶対に気をつけるべきことは「つぶさない」ということ。水ぶくれは潰れやすく、中から汁が出てきてしまうと、じくじくとただれて「とびひ」になってしまいます。その汁が、赤ちゃんの皮膚の他の場所についてしまうと、とびひがうつり広がってしまいます。兄弟やお友達にもうつってしまうので注意がひつようです。

とびひになってしまったら、市販薬や経過観察では治りませんので、早めに皮膚科に行くようにしましょう。我が子も1歳の夏にとびひになりましたが、抗生物質入りの軟膏をもらって塗り始めると、じくじくしていたところが乾いてきて薄いかさぶたになり剥がれ落ちて、あっという間によくなりました。その後、跡は残っていないので安心してくださいね。

赤ちゃんが蚊に刺された時の的確な対処法とは?

蚊に刺されたらバッテンをつけるといいと教わったママも多いかもしれませんが、実はこの方法はNGなんです。なぜかというと、刺された部分を傷つけてしまう原因になるので、先に出てきたとびひになってしまいます。では、どう対処するのがいいのか、的確な対処法をご紹介します。

まずは赤く腫れて熱を持っている状態のうちは冷やしましょう。濡れタオルや保冷剤をを当てて冷やすことで、かゆみを麻痺させる効果が期待できます。

その後、刺されてから2~3日たち、赤みや熱っぽさが引いてきたら、温めた方がかゆみも治まり早く治りやすくなります。このとき冷やしてしまうと、却ってかゆさが続いたり、場合によってはしこりが残ったり色素沈着してしまう場合があります。

また、赤ちゃんの場合は無意識に掻いてしまう事があるので、絆創膏などで保護すると掻きむしりを防ぎ、とびひを防ぐことが出来ます。

もし、蚊が腕や足に止まっている時に手で叩いて潰した場合は、蚊の体液がついているのでキレイに洗いましょう。

赤ちゃんが蚊にさされたときのまとめ

●蚊に刺された後の腫れの大きさには個人差がある。大人と子供では腫れてくるまでに時間差があるので、自分と比べて腫れている様でも、腫れが強く出てくる時期に違いがあるためなので一度落ち着いて様子をみよう。

●水ぶくれになった場合はとびひにさせないために、つぶさないように注意しよう。とびひの汁が、体のほかの部分や友達・兄弟につくと感染するので気をつけよう。

●蚊に刺されたらまずは冷やしてかゆみを麻痺させる。その後、絆創膏などで保護をしておくととびひを防げる。腫れが落ち着いたら温めると、かゆみをおさえ早く治りやすくなる。

刺された後の対処を知ると同時に、事前に刺されるのを防ぐことも大事です。こちらの記事でも虫刺され対策について書いているのでチェックしてみてくださいね。

関連記事 赤ちゃんの虫除け寝るときはどう防ぐ?部屋の蚊対策と赤ちゃんが刺されやすい理由について

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする