お年玉のお盆版「お盆玉」ってあげるもの?その相場といただいたお返しは?

大人のマナー事典

お盆玉の相場

夏が近づくと「お盆玉」の文字をここ数年目にするようになりました。

 

平たく言えば、帰省した孫や親戚の子供に、お小遣いをあげるというもの。

 

お年玉のお盆版といったところでしょうか?

 

最近では「お盆玉袋」なるものも登場し、少しずつメジャーになりつつあるようです。

 

そこで出てくる疑問は・・・

 

・お年玉のお盆版「お盆玉」ってあげるってホント?
・お盆玉の相場ってどのくらい?
・お盆玉をいただいたらお返しはどうする?

 

これらについて、最近の動向と私なりの意見をまとめました。

 

 

スポンサーリンク

お年玉のお盆版「お盆玉」ってあげるってホント?

 

お年玉のお盆版「お盆玉」って最近目にするようになったけれど、実際にあげてる人っているのでしょうか?

 

そもそものお盆玉の由来は、商家の奉公人にお盆とお正月にお小遣いを渡す習慣が元になったといわれています。

 

正月に渡すのを「お年玉」と呼んでいたことにちなんで、お盆に渡すものは「お盆玉」と呼ばれていたようです。

 

当時はお金ではなく、下駄や着物などを贈っていたようですが、時代と共にお小遣いに変化し、現代ではお盆に久しぶりに帰省した子や孫・親戚の子供たちに、お小遣いを渡すことを「お盆玉」と呼んでいます。

 

「お盆玉」という言葉自体が世間で広まるきっかけとなったのは、2010年に文具メーカーが「お盆玉袋」という名前のポチ袋を発売しはじめたことでした。

 

当初は、お正月だけでなくお盆にまでお小遣いをあげる習慣ができてしまうのでは?と賛否があったためあまり広まりませんでした。

 

その後、2014年に郵便局でお盆玉袋の取り扱いが始まったこと、さらにTVのワイドショーで特集されるようになりったため一気に認知度があがりました。

 

お盆玉という言葉自体がメジャーになったのはごく最近ですが、それまでも、お盆に久しぶりに帰省した孫や親戚の子供たちに、お小遣いをあげているご家庭も少なくないはず。

 

お盆やお正月でなくても、何かのきっかけで久しぶりに会う祖父母や親戚の叔父・叔母にお小遣いを頂くことって、自分たちが子供の頃から時々ありましたよね。

 

祖父母からすれば、子や孫の喜ぶ顔が見たいという気持ちから「心づけ」のような位置づけで渡しているものです。

 

絶対に渡さなければマナー違反というものではありません。

 

心づけとは?

感謝の気持ちなどお礼の気持ちとして、小額のお金やプレゼントを渡すこと。

 

実際に渡す・渡さないは、渡す側の気持ち次第です。

 

また、各ご家庭によってお小遣いを渡す習慣があるかどうかによっても違ってきますので、ご家族・ご親戚内ではどんな様子なのかをチェックしておきましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

お盆玉の相場ってどのくらい?

お盆玉を親戚の子供たちにあげようかな、もしくは、親戚内で盆にお小遣いを渡す習慣がある様子があると、次にきになるのは渡す金額の相場ですよね。

 

マナーという意味で相場の決まりはありませんが、一般的にはお年玉と同額か、少し少なめくらいを渡している方が多いようです。

 

●お盆玉の相場の目安

・小学生未満:1000円程度
・小学生:1000円から3000円程度
・中学生:3000円から5000円程度
・高校生:5000円から10000円程度

 

あくまでも心づけですので、渡すあなたにとって負担にならず、気持ちよく贈れるくらいの額が丁度いいですね。また、もらった相手側が恐縮しないくらいの額というのが理想ですね。

 

 

お盆玉をいただいたらお返しはどうする?

 

お年玉と同様に、子供に対して、祖父母や叔父叔母などの親戚がお気持ちでプレゼントしてくれているものなので、特別にお返しが必要なものではありません。

 

ただし、下さった相手にもお子さんがいる場合は、相場を目安に相手のお子さんにも差し上げるとスマートですね。

 

その時、自分の子供と相手のお子さんの年齢に差がある場合、いただいた額と渡した金額に差ができるかもしれません。

 

あくまで私の考え方かもしれませんが、金銭教育という意味において、年齢にあわせた適切なお小遣いの額というものがあるかと思います。

 

そこから大きく外れる額を渡すということは、今後子供の金銭感覚を養う上で、あまりよくないのでは?と考えます。

 

なので、金額の差については、今後もお付き合いして行く中で、最終的には同額程度になる場合が多いので、気にせず年齢にあわせたお小遣いを差し上げることで差し支えないかと思います。

 

ただし、自分の子供が中学生で相手が幼児だとかなりの差がでることがどうしても気になるようでしたら、お小遣いにプラスして、絵本やぬりえなどのちょっとしたプレゼントを差し上げるのもおすすめです。

 

また、相手にお子さんがいない、もしくは自立されている場合、話題のスイーツや住んでいる地域の銘菓・特産品などを予め準備しておき、お土産としてお渡しするのもいいですね。

 

突然いただいた場合は、その場でしっかりとお礼を伝えることと、後で子供と一緒に書いたお礼状をお送りするのもいいですね。

 

 

お年玉のお盆版「お盆玉」ってあげるもの?その相場といただいたお返しについてのまとめ

 

●お盆玉をあげるかどうかは、贈り主の気持ち次第。家族内・親戚内での贈りあう習慣がある場合は渡す準備をしておくのがベター。

●お盆玉の相場は、お年玉と同額程度かやや少なめ。

●お盆玉へのお返しは基本不要だが、いただいたお礼はしっかりと伝える。
また、下さった相手にもお子さんがいる場合は、こちらもお渡しするほうがベター。

 

お盆玉が何となく習慣化されてきていることに対しては、賛否ありますね。

 

世間一般的にどうかではなく、あくまで心づけなので、お盆玉を贈る側の気持ちや、家族・親戚内での様子によって、渡す・渡さないを決定されるといいですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました