七夕の由来を簡単に解説!飾りの由来や、飾る期間も合わせて確認

季節を楽しむ行事

 

7月といえば七夕。お子さんがいるお家ではお子さんと一緒に七夕飾りを作るといご家庭も多いのではないでしょうか?せっかく作るなら、作りながら七夕の由来や、今作っている飾りにどんな意味があるのかを一緒に話せると、より一層七夕を親子で楽しめますね。

 

お子さんが完全にその由来や意味を理解しなくてもいいですが、難しすぎるとお子さんも退屈してしまうので、せっかくの日本の風習について伝える機会がもったいないですね。我が家ではこんな風に話したよという例をまとめました。

 

スポンサーリンク

七夕の由来を子供向けに簡単に解説

 

日本の七夕の由来は、平安時代の日本の行事と中国から伝わった伝説が合わさったものといわれています。

 

 

●大人向けに詳しく解説!日本の行事「棚機(たなばた)」

棚機とは、日本の古い禊(みそぎ)の行事で、選ばれた女性が着物を追って神さまにお供えし、人々の穢れをはらい、秋の豊作を祈るための行事でした。

選ばれた女性は「棚機女(たなばたつめ)」と呼ばれ、きれいな水辺の機屋(はたや)に一晩こもり、神さまにお供えする着物を織っていたそうです。

その時に使われていた織り機が「棚機(たなばた)」と呼ばれていました。

その後、仏教が伝わると棚機の行事は変化し、お盆を迎えるための準備として7月7日の夜に行われるようになりました。

7月7日の夜から棚機の行事が行われることから、七夕と書いて「たなばた」と当てるようになったといわれています。

 

 

●子供向けに簡単に解説!日本の行事「棚機(たなばた)」

七夕は昔、選ばれた女の子が着物を作って、神様にお供え(プレゼント)する行事だったんだよ。神様に贈る着物を作っていた機械が「棚機(たなばた)」っていうから、この行事のことを「たなばた」と呼ぶようになったよ。

神様にお供え(プレゼント)をすることで、秋に沢山お米がとれますようにとお祈りしたんだって。

 

 

●大人向けに詳しく解説!中国の伝説「牛郎織女(ぎゅうろうしょくじょ)」

七夕の有名なお話といえば織姫と彦星伝説ですね。このお話は「牛郎織女(ぎゅうろうしょくじょ)」という中国発祥の物語です。

天の神様の娘であった「織姫」はとっても美しいはたを織る勤勉な娘でした。

勤勉がゆえに結婚もできないままでいたので、天の神は牛の世話に真面目に励んでいる「彦星」と出会わせて2人を結婚させました。

2人は結婚後、仲むつまじく過ごしましたが、仲が良すぎるがゆえに、全く働かず2人で遊んで暮らすようになりました。

見かねた天の神は、天の川を隔てて西に織姫、東に彦星と二人を引き離しました。

引き離された後も、悲しみのあまり2人は一向に働かなかったため、1年真面目に働くということを条件に、年に1回(7月7日)会うことを許しました。

2人は真面目に働くようになり、織姫と彦星は年に一度きりの逢瀬を楽しんでいるそうです。

 

 

●子供向けに簡単に解説!中国の伝説「牛郎織女(ぎゅうろうしょくじょ)」

天の神の娘の「織姫」は布を織る名人で、毎日一生懸命つくっていました。

ある日、一生懸命牛の世話をする真面目な男の子「彦星」と出会い2人は結婚しました。今まで一生懸命働く二人だったのに、結婚するとずっと2人でずっと遊んで働かなくなりました。それを見た天の神は怒って、2人を会えなくしてしまいました。

会えなくなった2人はずっと泣いていたけれど、一生懸命働くなら年に一日だけ遊んでもいいよと、天の神様に許してもらい、毎年7月7日の七夕に2人は仲良く遊んでるんだって。

 

 

子供向けの解説は出来るだけ簡単に、話し言葉に近いものにしました。子供に全部理解してもらえなくても大丈夫。工作をしながら日本の風習や、七夕の伝説について子供に伝えるいいキッカケになったと捉えて、星空を眺めながらお話しするのもいいですね。

 

スポンサーリンク

七夕飾りの由来を子どもに話して聞かせてみよう

 

幼児でも簡単に作れる飾りを中心に、七夕飾りの由来をご紹介。息子が3歳の頃くらいから、飾りをつくりながら、飾りの意味や由来についてもお話しています。

 

・星飾り:星にお願い事が届きますように。

・巾着:昔の財布をかたどったもので、金運がアップしますように。

・ちょうちん:灯のともった提灯のように、心を明るく照らしてくれますように。

・吹流し:織姫の糸を表わし、織姫のように機織が上手になりますように。

・紙衣(かみこ/かみぎぬ):お裁縫の腕が上がりますように。人型を模したもので厄除けの意味もあり。

・短冊:願い事がかないますように。

・網飾り:投網をかたどったもので、豊作や豊漁になりますように。

・千羽鶴:家族の健康でありますように。長寿でありますように。

 

七夕の行事が一般庶民に広まったのは江戸時代といわれています。

そして、この頃から、短冊に願いごとを書き、笹に短冊を飾るようになりました。庶民の学校「寺子屋」が広まってきたことで、手習い(読み・牡蠣・そろばん)の上達を願ったことから、広まったそうです。

 

七夕飾りはいつまで飾る?飾り始める時期と片付ける時期について

 

意外と知らない、もしくは勘違いしているのは、七夕飾りを飾るタイミングと片付けるタイミングです。

 

七夕の笹飾りは、実は七夕の前夜(7月6日)から飾り始め、七夕当日(7月7日)の朝、遅くても夜のうちに片付けます。これは、神社での七夕の祭事が、7月6日から7日の夜中にかけて行われることからきています。

 

せっかく作っても意外と飾れる時期が短いですよね・・・

 

正直なところ、もう少し楽しみたいですよね。そんな時は、7月1日から飾り、7月7日中に片付けるという段取りでもOKかと思います。大事なのは、7日中に片づけをしてしまうということです。7日中に片付けてしまわないとお願い事が叶わないそうですよ。

 

まとめ

 

●日本の七夕は、日本の「棚機(たなばた)」という行事と、中国の織姫と彦星伝説が合わさったもの。

 

●七夕飾り一つ一つにも意味と願いが込められている。

 

●七夕飾りは、本来7月6日から飾り、7月7日中に飾る。近年では、7月1日より飾り始め、7月7日中に片付ける場合が多い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました