新築のお祝い相場まとめ完全版!友人も親戚もこれで新築祝いの金額で迷わない

大人になると、様々な付き合いも増えるもの。

お祝いを渡す機会なども、必然的に増えますよね。

結婚祝いや出産祝いももちろんですが、ここでは「新築祝い」に注目してみましょう。

新築祝いは、文字通り新築を購入して引っ越した人に対して贈るものです。

我が家も30歳の時に新築の一戸建てを購入し、親戚や夫の職場の人などからお祝いをいただきました。

新築祝いは気持ち、とはいうものの、いざ贈るときになったら

・いくらくらいが相場なんだろう?

・何を贈ればいいんだろう?

と悩んでしまうもの。

新築祝いの相場についてまとめましたので、贈る金額やモノで悩んでいる人、必見です!

スポンサーリンク

新築祝いの相場は贈る相手との関係性によりけり?友人への新築祝いの相場は?

 

新築祝いの相場は、まず「贈る相手との関係性」によって変わります。

結婚祝いや出産祝いを贈るときも、「誰に」贈るのかによって内容は変わりますよね?

友人、上司、きょうだい、親戚の順に、新築祝いの相場を見ていきましょう。

友人の場合

相手が友人であるなら、金額にすると5,000円~10,000円くらいが相場となります。

現金に熨斗をつけて贈ってもいいですし、商品券やカタログギフトを贈るのもいいですね。

新築祝いを贈るような間柄なわけですから、友人に欲しいものを直接聞いてしまうのもOK。

友人何人かでお金を出しあって、1つのものを贈るのもいいですね。

上司の場合

上司の場合も、相場はだいたい5,000円~10,000円程度です。

上司に新築祝いを贈るときには、現金や商品券などはタブーとされているので気を付けましょう。

理由としては、お金に困っているように思われてしまうから。

上司への新築祝いは、カタログギフトや高級感のあるタオルなど、お金以外のものにしましょう。

きょうだいの場合

自分のきょうだいや配偶者のきょうだいへの新築祝いは、30,000円~50,000円程度が相場です。

兄や姉など自分よりも年上の人へのお祝いの場合、私の住む地域では「やや少なめ」でもOK。

逆に自分よりも年下のきょうだいへのお祝いは「やや多め」に包むべきと言われています。

きょうだいへのお祝いの考え方は地域によっても異なりますので、両親などに相談してみるといいと思います。

親戚の場合

いとこや甥っ子、姪っ子などの親戚の場合は、5,000円~30,000円とかなりの幅があります。

普段のお付き合いがどのくらいあるのか?や、立場や年齢を考慮して決めましょう。

こちらも、両親などに相談してみることをおすすめします。

また、たとえばいとこへの新築祝いの場合、自分にきょうだいがいるのなら、きょうだいで話し合って同じ金額にする、もしくはお金を出しあって何かモノを贈る方法でもいいでしょう。

スポンサーリンク

新築祝いはどの関係までに贈る?相場とマナーを知って上手な親戚付き合いを

 

新築祝いは、どの関係まで贈ればいいのか‥考えたことはありませんか?

きょうだいには贈るべきとしても、いとこや甥っ子には贈るべきなのか‥悩むこともあるでしょう。

実は、新築祝いをどの関係まで贈るのかといった、明確な決まりはありません。

普段のお付き合いの有無から、贈るかどうかを判断しましょう。

私の場合は、自分達が結婚・出産・家購入の時期が早かったこともあり、親から「自分のときに貰っていない人へは贈らなくても大丈夫」と言われました。

そのため、夫のきょうだいやいとこなどからは一切新築祝いの類いはいただいていませんので、こちらも贈っていません。

すでに家を購入している立場で貰っていない人へ贈ってしまうと、相手も困ってしまいますからね。

この人には贈るべきだろうか?と悩んだら、自分自身もしくは親が年賀状のやり取りをしている程度でも付き合いがあるのなら、今後のことを考えて何かしら贈っておくのがいいかもしれません。

新築祝いに贈ってはいけないもの

新築祝いには、贈ってはいけないものもあります。

・火を連想させるもの

・壁掛け時計

・マットやスリッパ

これらは新築祝いには相応しくないので、贈ってはいけません。

ライターや灰皿は家事を連想させるため不吉ですし、壁掛け時計は壁に穴を開けることになります。

マットやスリッパは踏みつけるので、新築祝いにはNG。

新築祝いとして贈るときには、

・高級感のあるもの

・ちょっと豪華なもの

をベースに、タオルやお菓子などを選んでみてはいかがでしょうか。

新築のお祝い相場まとめ完全版!友人も親戚もこれで新築祝いの金額で迷わない!のまとめ

 

新築祝いの相場について、お話ししました。

これで、新築祝いを渡す機会があってもバッチリですね!

新築祝いは、贈る相手との関係によって金額などは変わります。

相場とマナーをきちんと頭に入れておき、友人や親戚と上手に付き合っていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする