オキシクリーンで今までとは違う洗濯ライフを!実際の使い方をご紹介します

生活の知恵袋

 

SNSでも話題沸騰中の、オキシクリーン。

 

オキシクリーンは掃除全般に効果を発揮すると言われており、気になっているという人もいるでしょう。

 

特に、なかなか落ちない頑固な汚れや見えない部分の汚れを落とすときに、おすすめのアイテムなんです!

 

しかしながら、気になってオキシクリーンを購入したものの、実際にどうやって使うのか分からない…なんてこともあると思います。

 

もしくは、使ってみたけれどいまいち効果が得られなかった、なんて人もいるかもしれませんね。

 

そんなあなたのために、ここでは「オキシクリーンの洗濯への使い方」について紹介していきます!

 

 

スポンサーリンク

オキシクリーンで洗濯したいけどドラム式にも使える?ふとした疑問を調べました

 

オキシクリーンは洗濯槽の掃除にも使える!というのは、SNSなどでも騒がれているのでみなさんもご存じですよね。

 

しかし、その中で「ドラム式にはオキシクリーンは×」という記事も見つけました。

 

我が家の洗濯機はドラム式…という人も多いと思いますが、せっかく買ったオキシクリーンはドラム式には使えないのでしょうか?

 

 

洗濯槽の掃除の場合は要注意!洗濯はOK

まず結論からお話ししますと、オキシクリーンのドラム式洗濯機への使用は、「洗濯槽の掃除は要注意」「洗濯物への使用はOK」です。

 

オキシクリーンは、洗濯槽の掃除に使えますが、洗濯物のシミ抜きや黄ばみ落としにも効果的。

 

ドラム式洗濯機の洗濯槽をオキシクリーンで掃除するときは、故障や水漏れの原因となる可能性があるため、あまり使うのはおすすめできません。

 

ドラム式は洗濯槽がななめに傾いているためオキシクリーンをしっかり浸すことができませんし、ドラム式は泡立つと自動で排水してしまうので、オキシクリーンの効果をあまり得られないのです。

 

そもそも日常的に乾燥まで使用しているとしたら、洗濯槽がカビることもほとんどありませんからね。

 

もしもドラム式の洗濯槽をオキシクリーンで掃除するときには、泡立ちに優れたアメリカ製ではなく、日本語表記のものを使うことをおすすめします。

 

 

オキシクリーンの洗濯物への使い方

オキシクリーンは、普通に洗剤、柔軟剤と一緒に洗濯機に入れて使います。

 

私は、シミのひどいものや、子供がケチャップなどをこぼしたときには「浸けおき」していますよ!

 

オキシクリーンはお湯に溶かしたほうが効果を発揮するので、汚れのひどいものはオキシクリーンをお湯に溶かして使っています。

 

オキシクリーンはしっかりと溶かさないと意味がありませんから、確実に溶かすことを忘れずに。

 

毎日の洗濯に漂白剤として使うのであれば、粉ではなく液体のオキシクリーンが便利です!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

オキシクリーンの洗濯って色落ちが心配。その不安すべて解決します!

 

オキシクリーンは、漂白剤に分類されます。

 

そうなると、気になるのは「色落ちしてしまわないか?」ということでしょう。

 

汚れを落としたいのに、色落ちしてしまったのでは困りますよね。

 

オキシクリーンは塩素系ではなく酸素系漂白剤なので、基本的に色落ちはしません。

 

我が家でも、子供の柄物Tシャツやカラフルな靴下などにオキシクリーンを使っていますが、今のところ色落ちしたということはありません!

 

それどころか、今までの靴下の手洗いは何だったの?と思うほど、浸しておくだけで汚れがとれてびっくりしています。

 

ただし、口コミでは「デニムに使ったら若干色落ちしてしまった」というものを見つけたので、デニムに使うのは注意したほうがいいかもしれません。

 

色落ち対策としては、「裏返してネットに入れる」というものが簡単でおすすめなので、ぜひ試してみてください!

 

 

オキシクリーンで今までとは違う洗濯ライフを!実際の使い方をご紹介しますのまとめ

 

オキシクリーンを使った洗濯の仕方について、お話ししました。

 

オキシクリーンはどんな洗濯機であっても、洗濯物に使うことは可能です。

 

ドラム式の場合、洗濯槽掃除のための使用はご注意くださいね。

 

常備しておくといざというときにも便利ですので、ぜひオキシクリーンで毎日楽しく洗濯をしていきましょう!

 

我が家は小学生が3人いるので、靴下の汚れは日常茶飯事。

 

オキシクリーンは、なくてはならないものですよ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました