大人なら絶対知っておきたい!内のしと外のしの違いと使い分け 具体例もご紹介します

内のしと外のしの違いを訊かれてあなたはすぐに答えられますか?

贈り物などで頻繁にのしは付けているはずなのに、案外違いって覚えていられないものですよね。

その都度確認をすれば大丈夫ではありますが、必要な時にパッと答えられる大人ってカッコいいですよね。

今回は大人として知っておきたい内のし、外のしの違いをご説明します。

スポンサーリンク

大人なら絶対知っておきたい!内のしと外のしの違いを徹底解説

内のしと外のしの違いには厳密な決まりがあるわけではありません。

ですが一般的な違いはありますので、マナーとしてそこは覚えておきたいですよね。

内のし、外のしの違い

内のし、外のしの違いは見た目で言えば包装紙の内と外のどちら側にのしがついているがどうかです。

一般的には内のしは少し控えめにしたい時、外のしは相手に贈り物の意図を伝えたい時となります。

後で触れますがのしに対する考え方は風習によって違いますので絶対にこうでなければいけないということはありませんが、見た目と意味の違いは覚えておいた方がよいでしょう。

そもそも「のし」って何?

のしを漢字で書くと「熨斗」となります。

昔から日本で贈り物をする際には「掛け紙」をかけて「水引」でくくって「熨斗」(元々はあわび貝を薄くのして干したもの)を添えるのが常識でした。

現在ではそこまではせず、その3つが一体となった「のし紙」をつけることが一般的になりました。

のしは日本伝統のマナーというわけですね。

内のし、外のしに違いはなかった?

少し前の包装紙がない時代には贈り物は手渡しで、持ち運びも風呂敷で包んでいました。

テレビなどでそんなシーンを見たこともあるのではないでしょうか。

その意味では風呂敷を開ければ包みが見えますのでそもそも内のし、外のしの概念はなかったと言えます。

包装紙が当たり前になり、贈りものも郵送するのが定着したらからこそ生まれてきた違いということもできそうです。

スポンサーリンク

内のしと外のしの使い分け方とその具体例をご紹介

内のしと外のしの違いをご説明したところで、今度はシーン別に使い方をご紹介しましょう。

覚えておけばとっさの時にも困らないですよ。

 

内のしを使う場合

内のしはあまり大袈裟にせず、控えめに気持ちを伝えたい時に使います。

そこで適切なシチュエーションは出産祝いや結婚祝いのような内祝いのシーンであったり、お祝いのお返しです。

内祝いは元々は幸せのお裾わけとして自分から贈るものですので、あまり大袈裟にしないのがマナーです。

香典のお返しのような大袈裟にはしない時にも内のしとなります。

また、郵送する場合ものし紙が破れるのを防ぐために内のしにします。

 

外のしを使う場合

外のしを使う場合は内のしの逆ですので、贈りものをしたい気持ちをはっきりと伝える場合になります。

お世話になった人のお祝い事など、こちらが贈り物をする理由をわかりやすく伝える必要がある時に使います。

お引っ越しの挨拶や、お歳暮などもこれに当たりますね。

沢山の方がお供えをする、周忌法要やお盆の時期の「お供え」も、贈った者がだれか分りやすいように、外のしにするのが一般的です。

私もお供えの場合は、いつも「外のし」にしていますよ。

 

内のしと外のしは地域によっても違う!?自分の住んでいる地域を確認してみよう

ここまでご説明してきたのはあくまで一般的な考えた方です。

内のしと外のしに対する考え方は地域によって異なってきますので、そこに合わせた方が良いです。

家庭によっても違ったりしますので、もしも親戚とのお付き合いで気になるなら親などの年長者に確認を取った方が良いでしょう。

相手に応じて使い分けができるのも大人のマナーと言えますよ。

大人なら絶対知っておきたい!内のしと外のしの違いと使い分けまとめ

私もそこまで意識したことがなかったのですが、今回のことでのしについてよくわかりました。

厳密な決まりがないので曖昧な気もしますが、大事なのは心を込めて贈る気持ちなのでしょう。

相手に気持ちよく受け取ってもらえるように、こうしたちょっとした所にも気を配れるようになりたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする