移住を考えているあなたへ…知ることで一歩準備が進む支援制度の仕組み2019年版

気になるスポットやできごと

 

都会での生活が長くなると、地方でののどかな生活に憧れてくるもの。

 

ガヤガヤとした日常から離れ、静かに暮らしたいという気持ちも分かります。

 

最近では、地方へ移住する人も増えているようですね。

 

地方への移住は、国や自治体が支援をしているということを知っていますか?

 

地方へ移住するということは、東京などの人が集中する都市の「人口集中」が緩和され、その一方で人手不足が懸念される地方の人が増えるということ。

 

どちらにとっても、地方移住は良いこととして認識されているわけです。

 

ここでは、そんな地方移住に関する「支援制度」について今一度確認しておきましょう。

 

地方へ移住するためにはお金が必要ですが、そのお金を支援してもらえる制度があるのです!

 

 

スポンサーリンク

地方移住を考えるなら知ってほしい生活をサポートする支援金ってどんなものがある?

 

いざ地方へ移住しても、お金がなければどうすることもできません。

 

東京などの都会とは違い、地方での生活は自給自足が当たり前のこともあるからです。

 

せっかく地方への移住を決意したのに、お金がなくて生活できないのでは元も子もありません。

 

実は、地方への移住をサポートする支援金は、最高で300万円も支給してもらえるのです!!

 

300万円って、かなり大きいですよね。

 

どんな支援金があるのでしょうか。

 

 

移住の支援金① 起業支援金

1つ目は、起業支援金というもの。

 

文字通り「起業したらもらえるお金」ですね。

 

地方に移住したのち、社会的事業を起業した場合にもらえます。

 

ただし、どんな事業でも支援の対象となるわけではありません。

 

起業支援金をもらうためには、起業する前に申し込みをして、審査に通らなければなりません。

 

言い換えれば、政府が認めた事業でなければ支援金の対象にはならない、ということ。

 

起業支援金の最高額は200万円ですが、起業のために必要な経費の半額までの支給であり、上限が200万円ということです。

 

起業に必要な経費が300万円だったのなら支援金は150万円、400万円以上なら一律で200万円となります。

 

移住の支援金② 移住支援金

2つ目は、移住支援金です。

 

こちらは、夫婦での移住ならば100万円、単身での移住なら60万円がもらえるという制度。

 

移住支援金をもらうための条件については、次の項目で詳しく説明します。

 

 

スポンサーリンク

移住支援金を受けるために知っておきたい交付金要項を詳しく解説

 

 

移住支援金は、地方に移住すれば無条件でもらえるわけではありません。

 

移住支援金をもらうためには、3つの条件があるのですが、それらについて説明します。

 

 

移住の支援金をもらう条件① 移住元の条件

どこから地方へ移住するか?という条件になります。

 

条件は、東京圏在住、かつ東京23区に通勤5年以上であること

 

東京圏とは、「条件不利地域」に該当しない、東京、埼玉、千葉、神奈川に住んでいる人が対象となります。

 

それ以外の地域に住んでいる人は、移住支援金の対象にはなりません。

 

※条件不利地域

東京都:檜原村、奥多摩町、大島町、利島村、新島村、神津島村、三宅村、御蔵島村、八丈町、青ケ島村、小笠原村

埼玉県:秩父市、飯能市、本庄市、ときがわ町、横瀬町、皆野町、小鹿野町、東秩父村、神川町

千葉県:館山市、勝浦市、鴨川市、富津市、いすみ市、南房総市、東庄町、長南町、大多喜町、御宿町、鋸南町

神奈川県:山北町、真鶴町、清川村

 

移住の支援金をもらう条件② 移住先の条件

つぎは、どこに移住するか?という条件になります。

 

移住先は、東京圏以外、もしくは上記で記載した「条件不利地域」への移住に限ります。

 

 

移住の支援金をもらう条件③ 就業、起業の条件

自治体が行うマッチングサイトにおいて、移住支援金対象として掲載している求人に採用される、もしくは交付支援金の交付決定を受けることが条件です。

 

なんだか難しいですが、簡単にいうなら地方が指定する求人に応募し、採用されれば良いということ

 

ただし、自治体が行うマッチングサイトは、2019年5月の時点で富山県、福井県、香川県の3つしかありません。

 

つまり、現時点で移住支援金をもらうためには、富山、福井、香川のいずれかに移住する必要があるというわけです。

 

★移住後の、住居や仕事のリアルな疑問に役立つ情報をまとめました!

あなたの移住を支援!お仕事や生活などリアルな不安に答える移住のための情報
人口減少に悩む地方の自治体は移住者を求めていて、様々な支援を行っています。うまく活用すれば新しい土地で再出発をすることは可能です。移住者を考えるあなたに必要な情報をご提供します。

 

移住を考えているあなたへ…知ることで一歩準備が進む支援制度の仕組み2019年版まとめ

 

地方へ移住したい人のために、移住をサポートする支援金について紹介しました。

 

支援金をもらうためには様々な条件がありますので、きちんと確認しておきましょう。

 

この支援金制度は、少なくとも2019年から6年間続くものなので、焦らずゆっくり移住について考えてみてくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました