満月の願い事と新月の願い事の違いは?効果的なやり方やボイドタイムも解説

生活の知恵袋

 

人は誰でも、「○○がほしい」「○○になりたい」といった欲求があります。

 

もちろんこれは当たり前のことで、決して特別なことではありません。

 

その欲求を叶えるために努力しているわけですが、世の中には努力だけではどうにもならないこと、もしくは努力だけでは足りないこともあるわけです。

 

そんなとき、願いを叶えるために「おまじない」をする人もいますよね。

 

女性は特に占いやおまじないが好きな人も多いので、一度はやったことがあるのではないでしょうか。

 

おまじないや占いにはたくさんの種類、そしてやり方があるのですが、今回はより強力なパワーを得られると言われている、「満月の願い事」を紹介していきましょう。

 

初めに断っておきますが、満月の願い事のやり方はここで紹介するものがすべてではありません。

 

他のやり方もありますし、場合によっては「別のサイトとは言っていることが全く違う」なんてこともあるでしょう。

 

大切なのは、何を信じるか、です。

 

疑いの心を持っていたのでは、満月のパワーを得ることはできません。

 

あなたが何を信じるか、その気持ちを忘れないことが大切なのです。

 

 

スポンサーリンク

満月の願い事と新月の願い事の違いを解説!ここを押さえて効果的に月にお願いしよう

 

月には、とても強いパワーがあります。

 

そのため、おまじないは月のパワーを借りるものがとても多いですよね。

 

願い事をするためにやり方を調べていると、満月の願い事の他に「新月の願い事」も見つかると思います。

 

満月に願い事をするほうがいい、新月に願い事をするほうがいい、どちらの意見も見つかるので、悩んでしまいますね。

 

実は、新月と満月では月のパワーが違うので、叶いやすい願い事も変わってくるもの。

 

具体的に、どんな願い事が向いているのでしょうか。

 

新月の願い事に向いていること

新月とは、月が隠れて見えない日のことをいいます。

 

つまり、新月のあとは次第に月が満ちてくるということ。

 

そのため、

 

  • 今あるものを育てる
  • 新しいことを始める

 

時期にぴったりなのです。

 

恋愛ならば、すでに好きな人や気になる人がいる場合、その人との関係を進展させたいという願い事がおすすめですよ。

 

 

満月の願い事に向いていること

新月が「これから月が満ちてくる」のに対し、満月はすでに「月が満ちている」状態。

 

そして、そのあと徐々に欠けていくのです。

 

そのため、

 

  • 達成する
  • 捨てる、手放す
  • 引き寄せる

 

ような願い事に効果的。

 

金運アップ、ネガティブな感情や人間関係を捨てる、なくしたものを引き寄せることに向いています。

 

新月と満月の願い事はセット?

新月と満月は、月の持つパワーの意味合いこそ違いますが、根本的なことを言えば「月の力」という点では同じです。

 

より効果的に願い事をしたいのなら、新月と満月はセットとして考えたほうがいいでしょう。

 

新月に願い事をして、満月に反省と改善策をお願いする、というのが一般的なパターン。

 

満月までに願い事が叶っていればお礼を、叶っていなければ「なぜまだ叶っていないのか」を反省し、改善策を出しましょう。

 

こうすることで、より願い事は叶いやすくなりますよ!

 

ただし、以下で紹介する願い事は「満月の日に行う」ことで効果を発揮すると言われていますから、新月ではなく満月の日に行うようにしてください。

 

 

 

 

スポンサーリンク

満月の願い事のやり方 金運アップの願い方

 

 

金運アップの願い事は、満月の日に行わないと意味がありません。

 

天気の関係で月が見えなくても、満月のパワーは得られますのでご安心を。

 

必ず満月のほうを向いて行います。

 

金運アップのお願いに用意するもの

  • 空の財布
  • 新札

 

金運アップのお願いのやり方

  1. 空の財布を、満月の見える場所で数回上下に振る
  2. 収入があったことを「完了形」で伝える
  3. 月へお礼の言葉を述べる
  4. 月の光を財布内に当てる
  5. 新札を数枚入れておく

 

ここでのポイントは、願い事は必ず「完了形」でいうこと

 

たいてい、願い事は「宝くじが当たりますように」「臨時収入がありますように」というふうに言いますよね?

 

しかしそうではなく、

「宝くじが当たりました」

「臨時収入がありました」

と完了形で言ってください。

 

そのあと、「ありがとうございました」と月にお礼を言うのも忘れないでくださいね。

 

 

満月の願い事 恋愛の運気を上げる願い方

なかなか良い出会いがない、という場合におすすめの、恋愛の運気を上げる願い事について紹介します。

 

好きな人や気になる人もいない、新しい出会いもないのは、恋愛の運気が下がってしまっているからかも。

 

満月のパワーを借りて、恋愛の運気をアップさせちゃいましょう!

 

恋愛の運気を上げるお願いに用意するもの

  • 特になし

 

恋愛の運気を上げるお願いのやり方

  1. 寝る前に、満月に向かって「良い出会いがありました」と5回願う
  2. 朝まで満月を見ずに寝る

 

願い事を言うときは、満月から目をそらさないようにします。

 

満月をじっと見つめて願い事を言い、そのあとは満月を見ることなく眠りましょう。

 

 

満月の願い事のやり方 復縁が叶う願い方

 実は、満月の願い事にもっともおすすめと言われているのが、復縁の願い事なんです。

 

満月の願い事は、「捨てる」「引き寄せる」効果があると言いましたよね。

 

復縁は、「彼とうまくいかなかった自分を捨てる」「もう一度彼を引き寄せる」わけですから、まさに満月の願い事にはうってつけ!

 

復縁の願い事は叶えるのが難しいと言われていますが、満月のパワーを借りて叶えちゃいましょう。

 

復縁のお願いに用意するもの

  • 正方形の白い紙
  • ペン

 

復縁のお願いのやり方

  1. 正方形の白い紙に、2人の名前を【縦書き・平仮名・横並び】で書く
  2. 「私は必ず○○(彼)と復縁します」と願う
  3. 名前を書いた紙を四つ折りにする
  4. スマホや財布などいつも持ち歩くものに入れる

 

名前を書いた紙は、誰にも見られないように、なおかつ肌身離さず持ち歩くようにしてください。

 

 

満月の願い事を書いた紙の正しい処理の仕方とは?

 

満月の願い事をより叶いやすくするためには、願い事を紙に書くと良いと言われています。

 

薄い青色の紙に、ペンで願い事を書きましょう。

 

このとき、ペンは「専用のもの」を用意するとgood!

 

他のことには使わず、願い事専用にするといいですよ。

 

願い事は、必ず「自分」を主体にして書きます。

 

願い事と満月の日付を記入し、満月の日にその願い事を声に出して願います。

 

願ったあとは、「生まれ変わった自分」になったことを意識し、満月に感謝の言葉を述べてから紙を破って捨ててください。

 

もう生まれ変わったのだから、過去の自分を振り返る必要はありません。

 

新月の願い事は捨てずに保管しておくという意見も多いのですが、私は願い事を書いた紙は前に進むためにも処分したほうが良いと思っています。

 

 

満月の願い事はボイドタイムを避けた方がいいって本当?気を付けるべきことを解説

 

満月の願い事をするとき、外せないのがボイドタイム。

 

あまり聞いたことがないかもしれませんが、ボイドタイムは占星術では「魔の時刻」と呼ばれているのです。

 

ボイドタイムは、月が星座から星座へと移動している間の時間帯のことで、この時間帯、月はどの星座にも関わっていないことになります。

 

そのため月の持つ溢れるパワーがすべて無効となり、冷静な判断ができなくなってしまうそう。

 

決断や願い事は、ボイドタイムは避けて行うほうが良いでしょう。

 

ボイドタイムはカレンダーには載っていませんが、アプリなどで調べることができますので検索してみてください。

 

2019年は満月の直後にボイドタイムがくることが多いので、願い事をするタイミングには注意が必要です。

 

 

満月の願い事と新月の願い事の違いは?効果的なやり方やボイドタイムも解説まとめ

 

満月の願い事について、ご紹介しました。

 

満月は月のパワーが満ち溢れているときなので、ぜひそのパワーを借りてみましょう。

 

金運アップや復縁の願い事は、満月の日に行うことで効果が得られます。

 

雨や曇りで満月が見えなくても、角度さえ分かっていれば大丈夫。

 

満月に向かって、願い事をしてみてください。

 

願い事は「信じる気持ち」が何よりも大切なので、ちょっとでも疑いの心を持っていると叶いません。

 

絶対に叶えてやるという強い気持ちを持って、満月の日に実践してみてくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました