二人目の出産祝いの相場と二人目だからこそおすすめの贈り物をご紹介

大人のマナー事典

晩婚化で出産年齢も上がってきているとはいえ、30才前後になれば周りは出産ラッシュという人もいるでしょう。

 

私もその出産ラッシュにのり、28歳、32歳で出産しています。

 

さて、友人に子供が生まれたとき、仲の良い人であるならお祝いやプレゼントをあげることもありますよね。

 

一人目を出産するときのほうが、お祝いやプレゼントを渡す傾向は高いように思います。

 

では、友人が二人目を出産したとしたら、どうでしょう。

 

お祝いやプレゼントはあげるべきなのか、あげるとしたら何をあげようか…など、一人目のときとは違う悩みが出てくるもの。

 

ここでは、悩むことも多い「二人目の出産祝い」にフォーカスを当ててみましょう。

 

実際に私がもらって嬉しかったものも紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

スポンサーリンク

二人目の出産祝いの相場ってどのくらい?ちょっと聞きづらい疑問に答えます

 

そもそも二人目の出産祝いって、いくらくらいのものが相場なのでしょうか。

 

身内やきょうだいであればお金を包むものですが、お祝いを渡す対象が友人である場合には、必ずしも「お祝い」としてお金を包むとは限りません。

 

むしろ、お金ではなくモノをプレゼントすることのほうが多いのではないでしょうか。

 

あなたと友人の関係性にもよりますが、私は出産したときにお金をもらうのは正直困りました。

 

お金をいただくと、内祝いとしてきちんとお返しを用意しなくてはなりませんし、なんとなく「友達からお金をもらう」ことに抵抗があったからです。

 

あなたとその友人が親友と呼べるような間柄であるなら、友人にほしいものを聞いてしまうのもgood。

 

むしろ、そのほうが間違いがありません。

 

 

二人目のプレゼント、相場はいくら?

プレゼントは気持ちの問題とはいえ、あまりにも高価なものを贈ってしまうと、もらったほうも困ってしまいます。

 

友人が相手の場合、出産祝いの相場は5,000円~10,000円程度が相場と言われています。

 

二人目の場合は、一人目のときよりもやや少なめでも良いそうです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

二人目の出産祝いだからこそおすすめしたい贈り物

 

では、二人目の出産祝いには何を贈るのがいいのでしょうか。

 

一人目のときには、洋服やおもちゃもアリでしたが、二人目の場合は上の子のお下がりがあることも考えておかなくてはなりません。

 

私が二人目のときにもらって嬉しかったものは、

 

  • おむつ
  • 私向けのボディクリームやリップなど
  • 上の子と読める絵本

 

などです。

 

おむつは消耗品なので、いくつあっても困らないので助かりました!

 

私はおむつケーキの形でいただいたのですが、沢山おむつが入っているだけでなく、見た目も可愛いかったので、とってもテンションが上がりました。

 

また、私向けのボディクリームやリップは、自分の身なりに気遣う余裕がなかったので、とても嬉しかったです。

 

いい香りのボディークリームをお風呂上りに塗るのが、私にとってはリフレッシュタイムでもありました。

 

また、上の子と読める絵本については、下の子の出産祝いとはいえ、上の子のことも考えてくれたのが嬉しかったです。

 

このうち、「絵本」についてもう少し詳しく紹介しましょう。

 

二人目の出産祝いだからこそ名前入りの特別な絵本がおすすめ

絵本は上の子も読めるのでありがたいのですが、中でもおすすめなのが「上の子と生まれた赤ちゃん、二人の名前入り」の特別な絵本。

 

世界で1つだけのオリジナル絵本は、もらった方はグッとくること間違いありません!

 

ネットで探すと、オリジナル絵本を作ってくれるサイトやショップもたくさんありますので、ぜひ検索してみてください。

 

本屋さんにある絵本でもいいですが、どうせなら世界に1つの特別なものを贈ってみてはいかがでしょうか。

 

★どうしても相手のお子さんのお名前が分らない場合は、「絵本お仕立て券」という手もあります。

 

 

 

二人目の出産祝いの相場と二人目だからこそおすすめの贈り物のまとめ

 

二人目出産祝いの相場や、おすすめのプレゼントについて紹介しました。

 

二人目出産祝いは一人目よりもやや少なめという傾向はあるものの、仲の良い友人であるなら、相手の喜ぶものをあげたいですよね!

 

もちろん、相手のほしいものをあげるというのも良いのですが、迷ったらオリジナル絵本も候補に淹れてみてください。

 

あなたも友人も、どちらも喜べるものをプレゼントしましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました