新盆の服装はどうしたらいい?平服の場合の男性・女性・子供それぞれの服装は?

大人のマナー事典

故人が亡くなって初めて迎えるお盆「新盆(にいぼん)または初盆(はつぼん)」では、故人が始めて仏様になって戻ってくる日といわれています。

 

新盆(初盆)はその後のお盆とは違い、親族や親交の深かった友人を招き、僧侶にお経を上げてもらって会食をするなど法要を行うことが一般的です。

 

新盆(初盆)の法要に呼ばれると気になるが服装。

 

ネットで調べると礼服で行くべきだとの意見や、暑い時期なのでラフな格好でもいいという意見もあり迷いますよね。

 

また、お子さんも一緒に参加する場合、お子さんの服装にも悩みます。

 

どういう服装で新盆(初盆)に行くべきかについてまとめていきます。

 

 

スポンサーリンク

新盆の服装はどうしたらいい?

 

三回忌法要が済むまでの法要は「喪服」で参加するのが基本です。

 

そうはいいつつも、お盆の暑い時期なので、「平服」でOKという意見という意見もあります。

 

中には、男性なら白シャツまたはポロシャツに黒のスラックス、女性なら白いブラウスに黒いスカートやパンツなどのかなりラフな格好でもいいという意見もあります。

 

いくら暑い時期だとは言え、やはり法要の場ですので、みんなが喪服なのにラフな格好だとマナー違反ですし、また逆にみんながカジュアルな中、1人喪服でフォーマルすぎるのも浮きますよね。

 

地域や宗派、主催する喪主の意向によってもかなり触れ幅が大きいのが、この新盆(初盆)の服装で悩むところになります。

 

そこで、迷った時は喪主の方に直接「何をお召しになりますか?」とドレスコードを事前に確認することをおすすめします。

 

事前にドレスコードを確認することは失礼にはあたらないので、不安なく参加するためにも、事前に確認されてみてください。

 

それでも、どうしても喪主に聞き辛いということであれば、同じくお声のかかっている身近な親戚の方に、「今まではどうだったか?」「今回はどのような服装で行くのか?」を確認してみるのもいいですね。

 

喪主にも確認できない、身近に聞ける親戚も居ないということであれば、喪服と平服の二者択一になるかと思いますので、その時は「喪服」を選ぶのが無難でしょう。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

新盆の服装で「平服」とは?

 

喪主や親戚の方に確認し「平服でお越しください」といわれた時の「平服」ってどんな服装かご存知ですか?

 

平服=普段着を想像しがちですが、カジュアルな普段着ではありませんのでご注意ください。

 

新盆など法要の場での平服とは、「喪服でなくてもいい」という意味になります。

 

つまり、男性なら黒、紺、濃いグレーなどのダークスーツ。

 

女性であれば、黒や紺、濃いグレーのワンピースやセットアップスーツを意味します。

 

また、「普段どおりの服装でお越しください」といわれた場合、暑い時期なのでジャケットまでは要りませんよという意味に捉えられます。

 

なので、男性なら白シャツ(または、ポロシャツ)にスラックス、女性なら、露出の少ないダークトーンのワンピースか白いシャツにスカート(またはパンツ)でも問題ないかと思います。

 

当然ですが「普段どおり」といわれても、TシャツにGパンはNGですので気をつけてくださいね。

 

 

新盆の服装 男性・女性・子供それぞれご紹介

 

新盆の服装【男性編】

基本

・ブラックフォーマル(喪服)
・ネクタイ、靴、靴下も黒
・シャツは無地の白

 

「平服で」といわれた場合

・黒、紺、濃いグレーなどの落ち着いた色のスーツ、もしくは、ジャケット+パンツ
・シャツは基本は白。目立たない程度のストライプも可。
・ネクタイも基本は黒ですが、目立たない程度であれば柄が入っていても可。
・靴や靴下は黒や濃い茶色などの落ち着いた色

 

 

盆の服装【女性編】

基本

・ブラックフォーマル(喪服)
・ストッキングや靴、バッグも黒

 

「平服で」といわれた場合
・黒、紺、濃いグレーのワンピース、もしくは、スーツ
・白いシャツ(ブラウス)に黒、紺、濃いグレーなど落ち着いた色のスカート。パンツも可。
・ストッキングは肌色のものでも可能ですが、素足はNGです。
・靴やバッグも黒を中心とした落ち着いた色のもの。靴はつま先が開いているものはNG。
・アクセサリーは目立たないサイズのパールであれば可。

 

 

新盆の服装【子供編】

子供の服装は皆さん良く悩まれますね。

 

幼稚園以上のお子さんで制服がある場合は、制服が基本の正装となります

 

制服がない場合や乳幼児さんは、親の服装と同様に、黒、紺、濃いグレーなどの落ち着いた色で、柄の少ないシンプルな服装にします。

 

靴は黒があればそちらを、なければ自宅にある一番落ち着いた色のものを履かせましょう。

 

男の子
・黒、紺、濃いグレーなど落ち着いた色のパンツ
・白のシャツやポロシャツ、黒、紺、濃いグレーなど落ち着いた色のTシャツでも可。

 

女の子
・黒、紺、濃いグレーなどの落ち着いた色のスカートかパンツ
・白のブラウスや、黒、紺、濃いグレーなど落ち着いた色のTシャツやカーディガンでも可。

 

新盆の服装はどうしたらいい?平服の場合の男性・女性・子供それぞれの服装のまとめ

 

●地域性や喪主の意向によっても差が出る新盆(初盆)の服装。迷ったら前に喪主や身近な親戚に確認するのがベスト。

 

●「平服で」といわれても、普段着ではないことに注意。

 

●お子さんは制服があれば制服で。なければ大人同様、黒、紺、濃いグレーの落ち着いた色のシンプルな服装にしましょう。

 

★こちらの記事も合わせて参考にされてくださいね。

新盆の香典の相場は?提灯を贈った場合や一周忌と一緒に催される場合についても解説
故人の四十九日以後にはじめて迎えるお盆を「新盆」(にいぼん・あらぼん・しんぼん)と呼びます。西日本では初盆(はつぼん・ういぼ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました