江戸時代から続く伝統ある愛宕祭りの花火大会情報(穴場の観覧場所、駐車場など)

気になるスポットやできごと

夏休みも後半になりました。

 

みなさんは、夏のイベントは満喫できましたか?

 

十分夏を楽しんだという人も、まだまだこれから!という人も、忘れないでほしい夏の一大イベントといえば…ずばり、花火大会!

 

全国各地で、様々な花火大会が開催されていますね。

 

ここでは、兵庫県丹波で行われる伝統的なお祭り「愛宕祭り」のフィナーレを飾る花火大会、「ふるさと丹波ひかみの夏祭り」について紹介しましょう。

 

2019年で100年目となる愛宕祭りの花火大会、一体どんな花火大会なのでしょうか。

 

駐車場情報や穴場スポットについても紹介しますので、初めて行く人や子連れの人も注目です!

 

 

スポンサーリンク

愛宕祭り(兵庫県丹波)の花火大会穴場観覧スポット

 

愛宕祭り(兵庫県丹波)の花火大会は、例年ですと40,000人~45,000人ほどの人が訪れます。

 

花火大会としては決して規模が大きいわけではありませんが、会場付近はかなりの混雑が予想されます。

 

あまり土地勘のない人や、小さなお子さん連れで行くとなると、やや不安かもしれません。

 

私も子供たちがまだ小さい頃、地元の花火大会に行ったことがあるのですが、かなりの人で、打ち上げ場所付近には行くことができませんでした。

 

そのときは、打ち上げ場所からやや離れたところで見たのですが、穴場スポットを調べておけばよかった~と、後悔したものです。

 

愛宕祭り(兵庫県丹波)の打ち上げ場所は、兵庫県丹波市氷上の加古川の河川敷になります。

 

ちょうど、丹波市立氷上中学校の対岸辺りの河川敷になります。

周りには大きな建物はないので、基本的に花火を邪魔するものはありません。

 

地元の人がおすすめする花火大会の穴場スポットは、駐車場にもなっている「氷上中学校の校庭」や、「氷上中学校校庭付近の空き地」なのだそう!

 

この場所からだと花火の打ち上げ場所も近いので、花火を本当に身近に感じることができます。

 

仕掛け花火の迫力や、聞こえてくる音楽とマッチした花火の魅力を感じてみてください。

 

 

スポンサーリンク

愛宕祭り(兵庫県丹波)の花火大会の駐車場

 

愛宕祭り(兵庫県丹波)の花火大会は、臨時の駐車場が用意されています。

 

臨時駐車場はすべて無料で、合計でおよそ3,000台が停められます。

 

用意されている駐車場は、こちら。(黄色の☆マークが臨時駐車場の位置です)

 

・氷上中学校グラウンド

・丹波市役所本庁舎

・丹波社会福祉協議会本所

・丹波ゆめタウン(★)

・JA丹波ひかみ本店(★)

・JA会館こもれび

・氷上観光

・栄橋の南西

・成松交差点南西

・おまつり広場南

・甲賀山愛宕神社東

・Dream.1横

・葬心ルミーナホール氷上

・レストラン昭和

・ほのぼの薬局そば

 

(★)マークの駐車場からは、無料のシャトルバスが出ます。

 

場所によっては駐車できる台数の少ないところもありますので、早め早めの行動を心がけましょう。

 

臨時駐車場は、会場周辺に交通規制がかかることからも、18:30までには停めなくてはなりません。

 

18:30以降は駐車することができませんので、気を付けてくださいね。

 

交通規制については、愛宕祭り公式HP掲載のPDFが分りやすいです。

 

 

 

 

なるべくスムーズに会場入りしたいなら…花火大会穴場の駐車場

 

愛宕祭り(兵庫県丹波)の花火大会はそこまで大規模な花火大会ではないとはいえ、当日はそれなりに混雑します。

 

特に駐車場付近は渋滞が予想されていますから、スムーズに会場入りしたいのであれば、どこに車を停めるか?も非常に重要だと言えるでしょう。

 

なかなか駐車場が見つからなくて、会場周辺を右往左往していた…なんてことには、なりたくないですからね。

 

なるべくスムーズに会場入りしたいのであれば、先ほど駐車場を紹介した際に(★)マークがついた駐車場がおすすめです。

 

なかでも「丹波ゆめタウン」は1030台もの車がとめられる大きな駐車場なので、おすすめです。

 

しかもスーパーなので、飲み物やおつまみ、お菓子もゲットできるので便利です。

 

会場からは距離がありますが、順次シャトルバスがまわっているので、それに乗れば会場入りが簡単にできますよ。

 

 

愛宕祭り(兵庫県丹波)の花火大会の交通規制

 

愛宕祭り(兵庫県丹波)の花火大会当日は、会場周辺では交通規制が行われます。

 

★愛宕祭り(兵庫県丹波)の交通規制の情報(公式HP掲載のPDF)

 

18時~22時までの4時間は、会場周辺は歩行者天国になります。

 

駐車場への駐車も含め、車は通れませんので気を付けましょう。

 

また、花火大会が終わってからも、交通規制がとかれるまでの間は車を出すこともできません。

 

小さなお子さんがいる方や、花火大会が終わり次第早く帰りたいという方は、先ほど「穴場の駐車場」で紹介したシャトルバスが回ってくる少し離れた駐車場を利用するのがおすすめです。

 

 

愛宕祭り(兵庫県丹波)の花火大会の基本情報

 

ではここで、愛宕祭り(兵庫県丹波)の花火大会の基本情報について紹介しましょう。

 

ふるさと丹波ひかみの夏まつり「愛宕祭」

 

日にち:2019年8月24日(土)※愛宕祭りは8月23日、24日

 

時間:19時30分~20時10分

 

会場:兵庫県丹波市氷上町成松 中央小学校周辺~加古川河川敷

 

発数:約4,000発

 

来場者:約40,000~45,000人

 

ふるさと丹波ひかみの夏まつり「愛宕祭」アクセス

①JR福知山線「石生駅」からタクシーで約7分

 

②JR福知山線「石生駅」から神姫グリーンバス佐治方面行き「京橋」下車すぐ

 

③北近畿豊岡自動車道「氷上IC」より約5分

 

愛宕祭り(兵庫県丹波)の花火大会の会場は、電車でも車でも比較的行きやすい場所にあります。

 

どうしても、駐車場に車を停めるのが面倒という人は、電車を利用してみてはいかがでしょうか。

 

時間帯にも寄りますが、1時間に2本ほど電車があります。

 

また、帰りはシャトルバス乗り場から石生駅へも行くシャトルバスもあるので助かりますね。

 

 

愛宕祭り(兵庫県丹波)の花火大会の見所や屋台情報

 

最後に、愛宕祭り(兵庫県丹波)の花火大会の見所、そして屋台情報について簡単に紹介しておきます。

 

愛宕祭りは、江戸中期から350年以上も続く伝統あるお祭り。

 

花火大会は愛宕祭りのフィナーレとして、今年がなんと100年目なんです!

 

愛宕祭りの花火大会は、何といっても花火を至近距離で楽しめるところが見所の1つ。

 

 

高い建物がないため、花火を見上げる形で楽しめるんですよ!

 

また、愛宕祭りの間は町中に「造り物」と呼ばれる庶民芸術が展示されているので、そちらにも目を通してみてください。

 

 

 

花火大会以外にも見所はたくさんありますので、ぜひチェックしておきましょう!

 

★当日のイベントガイドはこちら(公式HP掲載のPDF)

 

 

愛宕祭り(兵庫県丹波)の花火大会の屋台

花火大会などのお祭りは、屋台も魅力の1つですよね。

 

愛宕祭り(兵庫県丹波)の花火大会も、もちろんたくさんの屋台が出店されます。

 

中央小学校や、駐車場にもなっている中学校校庭にも屋台が並びますので、お気に入りの屋台を見つけてみましょう。

 

花火大会だけでなく、屋台を堪能するのも楽しみですね。

 

江戸時代から続く伝統ある愛宕祭りの花火大会情報(穴場の観覧場所、駐車場など)のまとめ

 

愛宕祭り(兵庫県丹波)の花火大会について、紹介しました。

 

地元でもファンが多い、ふるさと丹波氷上の夏まつり。

 

花火ってこんなに迫力なんだ!と、改めて実感できる魅力的な花火大会です。

 

8月の最後を締めくくるには、ふさわしい花火大会だと言えるでしょう。

 

車で行く人は、あらかじめどこに車を停めるか?などをしっかりと考えておき、当日花火を満喫できるように準備しておけるといいですね。

 

今年の夏のラストを、愛宕祭りの花火大会で飾ってみてください!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました