ジョギングはゆっくりでOK?スロージョギングのススメ

健康のため、もしくはダイエットのために何か運動をしたい!と思っている人も多いことでしょう。

とはいうものの、普段運動をしていない人にとって「新しく運動を始める」というのは、かなりの負担がかかるもの。

体がついていかないこともあり、なんだかんだで続かないんですよね。

 

私もそうでした。

激しい運動は続かない、でも運動はしたい!というあなたにおすすめするのが、スロージョギング!

健康のため、ダイエットのためにジョギングをするのなら、ペースはゆっくりでOKなんですよ。

ここでは、今注目のスロージョギングについて詳しく紹介していきましょう。

 

スポンサーリンク

スロージョギングってどんなジョギング?その特徴ややり方をご紹介

 

スロージョギングというジョギングを、知っていますか?

スロージョギングとは、文字通り「スローペースで行うジョギング」のこと。

隣の人と話ができるくらいの、ゆっくりとしたペースで行います。

スピードにすると「時速4~6km」になるので、むしろ早歩きやウォーキングの方が早いくらいのスピードですね。

ウォーキングより遅いと聞くと、かなりゆっくりなペースであることが分かります。

スロージョギングの特徴

スロージョギングはかなりゆっくりしているので、「それならウォーキングでもいいのでは?」と思う人もいると思います。

実は私も、スロージョギングの話を聞いたときには、ウォーキングでもいいんじゃないかと思いました。

しかし実際には、ウォーキングよりもスロージョギングのほうが、消費カロリーが1.6倍も多いのだとか!

よりカロリーを消費できるほうが、健康にもダイエットにも効果的ですよね。

また、スロージョギングの最大の特徴ともいえるのが、「乳酸が発生しない」こと。

乳酸は主に無酸素運動で発生する疲労物質で、溜まると筋肉痛になることで有名ですね。

スロージョギングは乳酸が発生しないギリギリのペースで行うため、疲れにくくいつまででも走ることができるのです。

「走るのは苦手」と思っている人も、スロージョギングなら自信が持てるようになるかもしれませんね!

スロージョギングのやり方は?

スロージョギングは、歩幅を狭くして指の付け根から着地するようにします。

かかとから着地するのではありません。

話ができるくらいのスピードで、歩幅を狭くして行いましょう!

スポンサーリンク

スロージョギングのシューズはどう選ぶ?その選び方とおすすめをご紹介

 

スロージョギングを外で行うには、ランニングシューズが必要です。

一般的なランニングシューズでもいいのですが、スロージョギングに最もふさわしいのは靴底が薄くて軽い、地下足袋のようなシューズ。

アサヒシューズから、日本スロージョギング協会認定の「アサヒウォークランドフィニッシャー」というシューズが販売されているので、気になる人はそちらをチェックしてみましょう。

とはいえ、私はスロージョギング専用のシューズは持っていませんが、普通のランニングシューズでも問題なく行えていますよ!

 

スロージョギングは室内でもできるって本当?その効果的なやり方とは?

 

実はスロージョギングは、外ではなく室内でも行うことができます。

室内ならば天候に左右されず、毎日でも行うことができますよね。

室内でスロージョギングをするときのやり方は、「2~5mの距離を往復する」こと。

このくらいの長さなら、一般家庭でも確保することができるでしょう。

この距離を、しっかりとターンを意識して行うのです。

ターンは3ステップくらい足踏みをして、意識して行ってください。

右回り、左回りと交互に行うことがポイントですよ!

あまり勢い良く回ると目が回ってしまうので、注意してくださいね。

ジョギングはゆっくりでOK?スロージョギングのまとめ

 

今話題のスロージョギングについて、紹介しました。

スロージョギングは、運動が苦手な人や運動に慣れていない人でも始めやすく、なおかつ続けやすい運動です。

足への負担も、普通のランニングと比べると遥かに少ないので、慣れていなくても5kmくらいすぐに走れちゃうんですよ!

騙されたと思って、あなたもぜひスロージョギングを始めてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする