子供にスマホを持たせるのはいつから?小学生の所持は当たり前って本当!?

子育てアイディア

子供がいるといつからスマホを持たせるかって悩んでしまいますよね。

 

スマホは便利ですが、便利すぎてスマホに夢中になってしまうと勉強に影響が出るのではないかと考えてしまいます。

 

それにスマホを使ってのいじめの話題や事件に巻き込まれた話しを聞くと心配になってしまいますよね。

 

実際に子供にスマホを持たせるのはいつからベストなのでしょうか?

 

スマホの持つメリットとデメリットも交えながらお答えします。

 

 

スポンサーリンク

子供にスマホをいつから持たせる?持たせることでのメリットとデメリット

 

スマホをいつから子供に持たせるかを考える前に、子供がスマホを持つメリットとデメリットを整理しましょう。

 

それを天秤にかけてデメリットが減ってきたらそれが子供にスマホを持たせるべきタイミングと言えるでしょう。

 

 

子供にスマホを持たせるメリット

スマホは便利ですのでスマホを持つことのメリットはもちろんあります。

 

主なメリット

 

・いつでも連絡が取れる

・子供がどこにいるか把握できる

・学習アプリもある

 

やはりスマホの一番のメリットは、いつでも連絡が取れるということでしょう。

 

特に単独での外出が多い中学生くらいになれば、どこにいるかは把握しておきたいですよね。

 

また、スマホのアプリは豊富ですので、勉強に役に立つものもたくさんあります。

 

調べ物をしたい時にも便利ですので、上手に使えば学力アップにも繋がるのです。

 

子供にスマホを持たせるデメリット

スマホは便利ですので自分をコントロールすることができなければ、無制限に使いたくなるものです。

大人でも暇つぶしにスマホを弄っていたら、驚くほど時間が経っていたってことはありますよね。

 

・スマホが気になって勉強の時間が奪われる

・家族の時間が減る

・親が子供の交友関係を把握できない

 

スマホという何でも出来てしまう便利なものが手元にあると、子供としては勉強どころではありません。

 

楽しくてついつい触ってしまいますが、仮に我慢できる子でも勉強の空き時間をスマホに費やすようになって、家族で過ごす時間を減らしてしまいがちです。

 

また、これは携帯電話が子供に浸透された頃から言われていることですが、子供にどんな友達がいるのか親が把握できないというデメリットもあります。

 

スマホを持たせるにならルールをしっかり決めないと危険です。

 

子供にスマホを持たせないデメリット

子供にスマホを持たせないことにより弊害も考えておきましょう。

 

それはスマホがコミュニケーションツールでもあるということです。

 

周りのお友達がみんなスマホを持っていると、スマホを持っていないことで仲間から外されることになり得ます。

 

そんなことでと思うかもしれませんが、子供の世界は結構シビアです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

子供のスマホ利用による影響とは?便利の裏には危険も多い…

子供がスマホを使うことのリスクは少なくありません。

 

依存性の強さ、危険なサイトへのアクセス、利用料金だって親からしたらリスクでしょう。

 

ですがそれよりも大きなリスクが、SNSなどによるトラブルの問題です。

 

子供達にスマホは独自の正解を作りやすいです。

 

そこで仲良く学校の情報交換などをしていれば良いですが、大人の目の届かない世界は、いじめの温床になりやすいです。

 

スマホのデメリットとして夢中になり過ぎることを挙げましたが、友達からの連絡にすぐに返事を返さないといじめられる可能性があります。

 

つまりスマホに集中せざるを得ないのです。

 

子供はスマホを持つことで、常に友達から見逃してはいけない新しい情報が届くかもしれないというプレッシャーに晒されます。

 

まるで情報が命な一流会社員のようですが、スマホは持っても持たなくてもリスクだらけで子供も大変なのです。

 

 

子供にスマホを持たせるのはいつから?小学生の所持は当たり前って本当!?のまとめ

子供にスマホを持たせることは悩んでしまいますが、いずれは持たせる日が来る避けては通れない道です。

 

親が頭ごなしに必要ないと決めつけるのではなく、子供の話を良く聞きながら家族のルールを決めてその日を迎えるようにしましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました