子供のスマホ制限ってみんなどうしてる?親と子の正しいスマホの向き合い方

子育てアイディア

インターネットを通じて、子供が事件に巻き込まれるケースが後を絶ちません。

 

今や手軽に誰とでもコンタクトがとれる時代ですし、スマホに関しては魅力的なアプリも豊富です。

 

大人ならば、自己責任で好きなことをやれますが、危険の分からない子供の場合は、親がきちんと子供に教えてあげなくてはなりません。

 

スマホは、持っていても持っていなくてもイジメなどの対象になってしまう可能性があるもの。

 

子供にスマホを持たせている、もしくは子供にスマホがほしいとねだられている人は、今一度子供のスマホの使い方を考えてみましょう。

 

 

スポンサーリンク

うちの子供スマホ使いすぎ?制限時間ってどう決めてる?みんなのスマホ事情

 

地域によっては、小学生からスマホを持つのが当たり前というところもあります。

 

私の住んでいる地域(関西の西寄り)では、市や県からの特別な制限は今のところありませんが、北関東在住の義姉の地域では「小中学生にはスマホを持たせないで」と、市から通達がきているそうです。

 

そのため、義姉のお子さんたち(小学生)はスマホがほしいとは言いません。

 

お友だちも、みなルールを守っているからでしょうね。

 

しかし、そうではない地域ではかなり困ると思います。

 

スマホ、特にLINEのやり取りや掲示板への匿名書き込みなどが原因で、イジメに発展する、事件に巻き込まれるといったニュースは連日報道されています。

 

そうなると尚更、子供が自由に使えるスマホを与えてしまうのは不安だ、と感じることでしょう。

 

万が一のことになる前に、きちんと子供とスマホの使い方について話しあい、場合によっては制限をかけることも検討してみてください。

 

 

青少年インターネット環境整備法

実は、子供がスマホやネットを使うときには、保護者が「子供が安全にネットを利用できる環境」を作るよう努めなくてはなりません。

 

18才未満の子供が契約するときには申し出なくてはなりませんし、フィルターを導入するなど、正しいスマホの使い方を教えなくてはならないのです。

 

制限についても、しっかりと子供と話し合う必要性がありそうですね。

 

依存症の子供も増えている?

現代はスマホ依存症になる子供も増えており、これはむしろ社会問題といっても過言ではないレベルです。

 

小学生にスマホを持たせている親の対策としては、

 

・スマホを使える時間を決めておく

・スマホを自分の部屋には持ち込まない(使うのはリビングのみ)

・ロックはかけない

・勝手にアプリをインストールしない

 

など、「家ルール」を決めているところが多いです。

 

我が家は子供専用のスマホはありませんが、私が前に使っていたスマホでゲームをしたりしているので、

 

・ゲームは1日1.5時間まで

・宿題が終わるまでゲームはしない

 

というルールを作っています。

 

きちんと時計を見て、「今30分やったから、あと30分!」なんて言っていますよ。

 

まずは、親も子も納得する家ルールを決めてみるといいかもしれません。

 

 

ルールを決めるときに大切なこと

そのときに注意したいのは、親がルールを押し付けないこと

 

親が勝手にルールを決めて「守りなさい」と一方的に言うのではなく、子供と一緒に話し合う中でルールを決めることが大切です。

 

人間誰しも押し付けられたルールは窮屈に感じます。

 

それは子供も同じ。

 

親子で納得してルールを決められるように、話し合いの場を持ちましょう。

 

しっかりとお子さんの意見も聞いてあげてくださいね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

子供のスマホを制限したい!そんなときにおすすめなアプリ4選をご紹介

 

ルールを決めていても、なかなか守れなかったり、つい誘惑に負けてスマホを使ってしまうお子さんもいるでしょう。

 

そんなときは、スマホの使用を制限するアプリを使ってみるのも1つの方法です。

 

不要な事件に巻き込まれるリスクを防ぐためにも、制限アプリを入れておくのはおすすめですよ!

 

どんなアプリがあるのか、おすすめを4つ紹介します。

 

 

Google ファミリーリンク(Android専用)

親の端末から、子供のスマホの利用可能時間やアプリに制限をかけることができます。

 

課金制限の設定については、プレイストアから行いましょう。

 

Googleが提供しているものなので、安心して使うことができます。

 

 

スクリーンタイム(iPhone専用)

Appleが提供しているスクリーンタイムは、Apple社が「子供のデバイスを管理する方法」として発表したもの。

 

Apple提供なので安心ですし、親が決めたパスワードを入力しないと、決めた設定は変えることができません。

 

ただし、スクリーンタイムを利用するには、親もiPhoneであることが条件です。

 

 

キッズぶろっく(iPhone専用)

アプリやネットの接続、カメラ、課金などについて細かく設定することができます。

 

平日、土日、毎日と分けられているので、「平日の○時~○時は使用不可」にすることも。

 

学校の休み時間などにゲームをすることも、防ぐことができるでしょう。

 

大手キャリア提供の「あんしんフィルター」

・あんしんフィルターfor SoftBank(Android/iPhone)

・あんしんフィルター for docomo(Android専用サービス)

・あんしんフィルター for au(Android/iPhone)

 

各キャリアが提供する、ペアレンタルコントロール機能です。

 

青少年には見せたくないサイトを制限したり、スマホを使う時間帯の制限、アプリのインストールの制限など、親のスマホからいつでも設定することができます。

 

 

どのサービスも、学齢にあわせたフィルタリングレベルがあらかじめ用意されています。

 

お子さんの学齢を設定すれば自動で適切な設定を行ってくれるので、どういう設定をしていいか迷った場合にも心強いですね。

 

 

いずれのサービスを利用して設定をした場合も、利用制限の内容を子供が勝手に変更や解除をすることができません。

 

なので、お子さんがSNSで友達とやり取りをしている場合、すぐにメッセージが見られない、返信が出来ない場合もあります。

 

SNSでのやり取りを許可するのであれば、その利用方法や利用時間については、あらかじめお子さんとよく相談してください。

 

そうすることで、お友達にも連絡がいつ取れるのかを前もって伝えることが出来ますので、やり取りする中での誤解やトラブルが生じにくくなります。

 

(誤解やトラブルの例:なかなか既読にならないから無視しているのでは?と勘違いされたり、既読にしても利用時間内に返信ができなくて既読無視状態になるなど)

 

 

子供のスマホ制限ってみんなどうしてる?親と子の正しいスマホの向き合い方のまとめ

 

子供のスマホ制限について、お話ししました。

 

場合によっては、子供にスマホを使わせる前に親が制限をかけておくことも考えましょう。

 

子供は、まだ危険とそうでないものの区別がつきません。

 

だからこそ、もしもの時に備えてきちんと管理してあげてくださいね。

 

ただし、親が勝手に制限をかけると子供との間に確執が生まれますから、必ず「子供と相談」して、お互いに納得してから制限をかけましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました