正しいぬいぐるみの洗濯方法について!子供の大切な人形を上手にきれいにしよう!

生活の知恵袋

 

ふわふわしたぬいぐるみ、かわいいですよね。

 

自分の部屋にぬいぐるみが飾ってある、という女性も多いのではないでしょうか。

 

我が家では、娘がぬいぐるみが大好きで、特にお気に入りの某アミューズメントのキャラクターを数えきれないほど持っています。

 

ぬいぐるみをだっこしながら寝る姿は、本当にかわいい!!

 

しかし、かわいがっているぬいぐるみだからこそ、汚れなどが気になるもの。

 

特に子供は人一倍汗をかくし、食べかすなども気になりますよね。

 

ここでは、大切なぬいぐるみだからこそきちんと洗濯するべき!ということで、正しいぬいぐるみの洗濯方法について紹介しちゃいます。

 

ぬいぐるみの洗濯方法で悩んでいる方、必見です!

 

 

スポンサーリンク

ぬいぐるみの洗濯は乾燥が大切!上手な洗濯の仕方としっかり中まで乾かす方法を解説

 

 

ぬいぐるみは、すべて洗えるというわけではありません。

 

「水洗い可」とあるもの以外は洗濯することはできないので、まずはタグを確認しておきましょう。

 

ぬいぐるみの洗濯は、洗濯機で行うこともできるんですよ!

 

ぬいぐるみがたくさんある場合は、洗濯機で洗えるのはとても助かりますよね。

 

うちでも、ぬいぐるみを洗うときは天気の良い日にまとめて洗うので、基本的には洗濯機を使っています。

 

ぬいぐるみを洗濯機で洗うときの洗い方

ぬいぐるみを洗濯機で洗うときには、洗濯ネットを利用するのがおすすめ。

 

ぬいぐるみの型崩れを防ぐためにも、できるだけネットを使いましょう。

 

洗剤はいつもの洗濯で使っているものでもかまいませんが、私はおしゃれ着用のものを使っています。

 

さらに、洗濯機のコースは一番やさしく洗える設定にしておきましょう。

 

 

ぬいぐるみの乾かし方

ぬいぐるみを洗濯したら、しっかりと乾かさなくてはなりません。

 

子供がだっこできるくらいのサイズのぬいぐるみだと、回りは乾いていても実は中は乾いていない、なんてことも。

 

生乾きだと嫌な匂いがする原因にもなりますから、きちんと乾かすようにしてください。

 

ぬいぐるみは、直接日光が当たらないように陰干しするのが基本。

 

うちでは、ピンチのついたハンガーの両脇にバスタオルを干して陰をつくり、ネットに入れたぬいぐるみを吊るす形で干しています。

 

このやり方だと風通しは良いのですぐに乾きますし、ぬいぐるみに洗濯ばさみの跡もつかないのでおすすめです!

 

 

 

 

スポンサーリンク

こんなぬいぐるみの洗濯は手洗いがおすすめ!洗い方とポイントについて

 

お気に入りのぬいぐるみであるなら、手洗いをしましょう。

 

手洗い=面倒くさいというイメージもあるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

 

 

  1. ぬるま湯に洗剤を入れてぬいぐるみを浸し、ポンポンと押し洗いをします。

    こすらず、押し洗いをすることがポイントです。

     

  2. 柔軟剤を加えて30分くらい浸しておき、泡が出なくなるまで何度もすすぎましょう。

    目安としては、3~5回程度はすすいでください。

     

  3. ぬいぐるみを押してある程度水を絞ったあと、タオルで水気を取り、ネットに入れて洗濯機の脱水を10秒

     

  4. あとは洗濯機のときと同様、しっかりと乾かせばOKです。

 

 

乾かすとき、最後にドライヤーの低温で乾かすとふわふわになりますので、ぜひ試してみてください。

 

 

正しいぬいぐるみの洗濯方法について!子供の大切な人形を上手にきれいにしようのまとめ

 

ぬいぐるみの正しい洗濯方法について、紹介しました。

 

大切なぬいぐるみだからこそ、きれいな状態にしておきたいですよね。

 

子供がかわいがっているものなら、なおさら汚れが気になるもの。

 

定期的に洗濯をして、安心して子供がかわいがれる状態にしてあげましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました