のとじま水族館チケットの割引情報&見学所要時間やイルカショーの攻略法、周辺ランチもご紹介!

子連れでおでかけ

石川県の能登島にある水族館「のとじま水族館」へ行ってきました。

実際に行ってみてわかった、のとじま水族館のチケット割引情報や見学の所要時間、イルカショーの攻略法をお伝えします。

周辺のランチ情報もご紹介していますので、子連れで行かれる方の参考になればと思います。

 

しおリンゴ
しおリンゴ

今回の記事でお伝えする主な情報は以下の4つ!

 

  • チケットの割引やクーポンってあるのかな?
  • イルカショーの席が上手に取れるかな?
  • 駐車場や混雑状況も含めた見学所要時間は?
  • 子連れでのランチをどうしよう?

 

子連れののとじま水族館を楽しむ参考になれば嬉しいです!

 

それでは、のとじま水族館チケットの割引情報、見学所要時間やイルカショーの攻略法、周辺ランチ情報を詳しくご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

のとじま水族館のチケットはコンビニ割引でゲットが簡単でお得!

のとじま水族館へいくなら、コンビニで事前に入場引換券を手に入れていくのがおすすめです。

 

コンビニで事前に入場引換券を購入しておくと、

大人(高校生以上~一般):1890円⇒1690円
子供(3歳以上~中学生) :510円⇒460円

と、少しではありますが割引きになるんです。

 

しおリンゴ
しおリンゴ

我が家の場合…

 

通常:大人2人+子供2人=4300円

コンビ割引:大人2人+子供2人=4800円

 

500円の割引きになりました!

 

大きな割引きではありませんが、コンビニで買うだけで500円引きになるので事前に買わない手はないですね。

のとじま水族館の入場引換券を発券できるコンビには、セブンイレブン、ファミリーマート、ミニストップ、ローソンです。

基本的にはコンビニにあるマルチ端末で買えますが、詳しい購入方法はのとじま水族館HPが分かりやすく載っています。

 

チェック のとじま水族館公式HP

 

入場引換券をコンビにで購入するときの注意

毎月19日の「県民育児の日」に家族で行った場合、中学生以下の子供の入場料が無料になります!

他にも5月5日の「こどもの日」も中学生以下の入場料は無料になります。

コンビニエンスストアで入場引換券を購入する場合、これらの日にあたっていないか注意が必要ですね。

 

またコンビニで購入の入場引換券は発券から1ヶ月間が有効期限になっています。

 

ちなみに、能登島水族館の近くのコンビには、ファミリーマート七尾能登島店です。

のとじま水族館から車で約7分ほど。

能登島水族館が近づいてから事前購入するのを忘れた!となっても大丈夫ですね。

 

我が家もこちらで事前に購入しましたが、ファミポートを使って発券できましたよ。

(現在は大人の入場料は値上がりしていて、割引後の価格は1690円になっています)

 

こちらのコンビニで発券した入場引換券ですが、直接入場口へいっても入場することはできません。

あくまでチケットではなく「入場引換券」なのです。

チケットカウンターに行って、のとじま水族館が発券しているチケットと引き換える必要があります。

コンビニの入場引換券を持っていても、チケットカウンターに並ぶ必要がありますので、ご注意ください。

 

スポンサーリンク

のとじま水族館の見学所要時間とイルカショーの攻略法!

のとじま水族館の見所は、なんといってもイルカショーですよね!

私たち家族が行った日は、4匹のイルカが素晴らしいショーを見せてくれました。

ただし、イルカショーが始まる直前にいったのでは座ることすら出来ません。

そこで、我が家流イルカショーを存分に楽しむための戦略をお教えしますね。

 

11:30スタートのイルカショーに向けた見学の流れと所要時間

10:00 到着(この時間に到着すれば割りと近い駐車場とめられました)

10:05 ジンベエザメ館、水族館本館、海の自然生態館を見学【ポイント1】

11:00 海の自然生態館でペンギンのお散歩を見る【ポイント2】

11:07 イルカショーの座席確保【ポイント3】

11:30 イルカショーを楽しむ【ポイント4】
 
こんな流れでイルカショーまでを過ごしました。
 

【ポイント1】イルカショーに間に合わせる館内の見学のポイント

 
なんといっても見所は入館してすぐのジンベエザメではないでしょうか?
 
ジンベエザメが居る水族館は少ないので、私も初めて間近で見ました。
 
ジンベエザメが大きな水槽の中を悠々と泳いでいるのを見られますよ。
 
縦に長い水槽でらせん状になっているスロープを降りていくので、海にだんだんともぐっていっている気分にもなります。
 
 
プロジェクションマッピングを使った映像の演出を入れることで、幻想的な雰囲気にもなっています。
 
海の中に入っているように感じるトンネルもありました。
 
 
その他タッチプールなどもあります。
 
ただし、時期によっては沢山の人が来ていますので、さくさく見ていかないとものすごく時間がかかってしまいます。
 
(ちなみに我が家は、夏休みのど真ん中8/11に行っています。)
 
なので、のとじま水族館でしか見られない生き物や、能登島水族館ならではの演出をしているところなどを中心に見て、後はまた近所の水族館でゆっくりと見るという見学の仕方がおすすめです。
 

【見学メモ】おむつを替える台・授乳室・ベビーカー貸し出しあり

能登島水族館は小さな子供でも行きやすいように、おむつ台や授乳室もありました。

それほど混んでいる様子は無かったので、見学の合間に済ませられます。

またベビーカーは持ってこなくても、入り口で借りられます。

数に限りはあるでしょうが、10時ごろの入館の時点ではまだ沢山ありました。

 

【ポイント2】ペンギンのお散歩見学のポイント

ペンギンのお散歩も人気のイベントです。
 
人が多いのはもちろんお散歩の距離が長いので、どこで見るかで見学にかかる時間が変わってきます。
 
ペンギンのお散歩は11:00からでイルカショーは11:30から。
 
なので、ゆっくりペンギンを見ているとイルカショーに間に合わなくなります。
 
そこでオススメなのは、ペンギンの水槽に近い赤丸の位置。
 
 
売店「ドルフィン・テイル」の向かいのアーケードの下が日陰になっていておすすめです。
 
この位置であれば、ペンギンのお散歩が始まってすぐに、可愛らしいペンギンのよちよち歩きがみられますよ。
 

ちなみに、この場所はペンギンのお散歩が始まる開始10分前くらいでも取れました。

目の前までペンギンがやってくるので、子供たちは大興奮!

思わず触れそうな距離なので、小さい子供が手を出してしまわないようにだけ注意が必要です。

 

【ポイント3】イルカショーは20分前には席を確保しておくこと

私たちはペンギンのお散歩が終わって、すぐにイルカショーの座席を確保しにいきました。
 
しおリンゴ
しおリンゴ

我が家は11:07には席に着いていました。

 
この時点では1/3しか埋まってなくて余裕ありましたがあっという間に席は埋まり、11:10過ぎにはは半分以上埋まってきていました。
 
15分前の11:15の時点ではほぼ満席。
 
座る席がない方は通路に座っている方もちらほら居るという状態なので、遅くても10分~15分前までには席確保を終わらせておきましょう。
 
ちなみに我が家は、舞台から向かって左側の中腹あたりで座りましたが、思ったよりも水しぶきは飛んできませんので、もう少し前の列でもよかったなと思いました。
 
 
また、舞台が張り出している真ん中周辺の席は超おすすめです。
 
真正面からイルカショーを見られることと、イルカショーの後に始まるアシカショーのベストポジションですので、そこに空席があれば迷わずそちらに座ってくださいね。
 
 
しおリンゴ
しおリンゴ

どうしてもこのど真ん中に座りたい場合は、20分前よりも早めに行ったほうがいいと思います。

みんなこの場所から座っていくので、混雑時期はペンギンの散歩は諦めて30分前には席の確保がおすすめです。

 

イルカショーの席確保後の待ち時間の過ごし方

我が家は小学生と幼児がいるので、もちろん大人しくは待っていてはくれません(笑)
 
そこでイルカショーが始まるまでの20分間は、ジュースやアイスを飲んだり食べたりして、休憩しながら過ごしました。
 
ジュースやアイスはイルカショーの舞台に向かって右側の前寄りよりのところに自販機がありましたので、そちらでジュースやアイスをゲットしました。
 
しおリンゴ
しおリンゴ

売店ドルフィン・テイルもありますが、レジ待ちの列が長くなっていることもあるので注意です。

 
ちなみに、この自販機は超良心的でごく一般的な自販機と同じ「通常価格」でした!
 
なので、沢山のドリンクを持ち込んだりする必要も無く、必要な時に買うスタイルの方が荷物にならないし冷たいものが飲めるのでオススメです。
 
 
アイスを食べて休憩していると、10分前にはイルカショーの舞台となる水槽にイルカが入ってきて慣らしをしているので、イルカたちを見ながら過ごせるので退屈せずにすみました。
 

【ポイント4】イルカショーの後もそのままで!

イルカショー自体は15分ほどで終わります。
 
(イルカショーは夢中になりすぎて、写真を撮るのを忘れていました 笑)
 
ただし、イルカショーが終わってもそのままで!
 
この後すぐに続いてアシカショーが始まります。
 

愛嬌たっぷりのアシカが色んな芸を見せてくれます。
 
アシカショーは5分ほどですが、お見逃し無く!!
 
11:30分にイルカショーが始まって、アシカショーまで終わるのが11:50ごろでした。
 
 

のとじま水族館子連れでの見学の所要時間は?

ここまでの見学で所要時間は2時間ほど。
 
まんべんなく見たいところを見学してこれくらいの所要時間でした。
 
真夏だったこともあり、これ以上の見学は親子ともに大変かな…といった感じでした。
 
2時間くらいが子連れ見学にはちょうどいいかなと思います。

上手に回るポイントは、11:30のイルカショーに照準を合わせてサクサク回ることです。

 

のとじま水族館の駐車場情報 お盆や連休は気をつけて!

のとじま水族館は1100台と沢山の駐車場が準備されていますが、夏休み期間中(とくにお盆前後)や連休中(ゴールデンウイークやシルバーウイーク)は沢山の人出があるので要注意。

駐車場がたくさんあると思ってゆっくり昼頃を目指して来ると、駐車場に入る車で大渋滞になります。

 

しおリンゴ
しおリンゴ

私たちは12:00過ぎごろ水族館を出ましたが、駐車場に入りたい車でものすごい列になっていました。

 

駐車場のスペースもいっぱいになっていて、でる車があれば待ちの列から1台駐車場に入れるといった様子でした。

駐車場待ちをしたくないなら、断然午前中の早いうちに行くのがおすすめです。

 

のとじま水族館の周辺ランチ情報!子連れで行っても行きやすかった所をご紹介

昼間で見学したあと、ランチをどうするかに悩みますよね。

おしゃれな洋食屋さんやカフェもありましたが、お店の前を通るとどこもいっぱい。

また、子供メニューがあるのか心配だったのもあって、子連れでも行きやすそうな場所でお昼を食べました。

 

私たちがいったのは、「日帰り天然温泉 ひょっこり温泉 島の湯」です。

日帰りで利用できる天然温泉のお風呂のほか、館内には食事ができるところも。

さらに、「能登島マリンパーク海族公園」がすぐ側にありますので、夏場は海水浴もできます。

ちなみに、のとじま水族館からひょっこり温泉までは、車で10~15分ほどです。

 

子連れでも入りやすく良心価格!ひょっこり温泉の食堂は最高

ひょっこり温泉 島の湯の入り口に向かって左側に、食堂への入り口の扉があります。

温泉を利用しない人も、こちらから入って食堂でご飯を食べられます。

 

メニューは、うどん・そば・ラーメンなどの麺類、カレーやカツ丼などのご飯もの、から揚げやとんかつなどの定食もあります。

メニューの内容や場所の雰囲気、価格帯を見ていると、まるで高速にあるサービスエリアのような雰囲気です。

麺類は500円前後、どんぶりものは800円前後、定食でも1000円前後と良心価格!

テーブル席のほか座敷タイプの座席もあったので、小さな子供がいても食べやすいですね。

また、能登島バーガー(単品500円)もありましたので地元グルメとしておすすめです。

 

しおリンゴ
しおリンゴ

丁度海水浴シーズンだったので、訪問した日(8/11)は少し混んでいましたが少し待てば座れました。

 

ただし、作ってくださる方の人数はそんなに多くないので、オーダーが重なるなどタイミングによっては、少し提供までに時間がかかるかもしれません。

 

能登島マリンパーク海族公園の海水浴場

余談ですが、我が家は能登島水族館のあと、ひょっこり温泉島の湯の中の食堂で食事をし、その後海水浴も楽しみました。

遠浅の海なので、小さな子供が居ても比較的安全に楽しめる海でした。

少し深くなるところもありますが、ブイの内側であれば160cm以上の大人であれば足が着いたので安心です。

 

我が家の3歳の娘も、少し深めなところは浮き輪でぷかぷかしたり、遠浅の浜辺では歩けるので、ばしゃばしゃ飛び跳ねながら遊んでいましたよ。

さらさらの細かい砂粒の砂浜なので、歩いていてもあまり痛く無く歩けます。

浜辺もゴミや漂流物も少ないキレイな海でした。

 

ひょっこり温泉 島の湯に入ってから帰ろう!

のとじま水族館、食事、海水浴とフルコースで能登島を楽しんだ後は、ひょっこり温泉に入ってから帰ることをおすすめします。

何となく海水浴の後はシャワーを浴びただけではベタベタしますよね。

温泉で汗や潮のべたつきを落としてから帰ると、スッキリした気分で帰れます。

マナーは守りましょう

海に入った後は一度海水浴場のコインシャワーで砂を落として着替えてから温泉に行きましょうね。

 

特に子供たちは、1日遊んで疲れていますので、帰りの車で眠ってしまいます。

(我が家は二人ともぐっすりでした 笑)

お風呂に入っていれば、自宅についてもそのまま寝かせてあげられますね。

 

ちなみに、ひょっこり温泉 島の湯の入湯料は

大人(中学生以上):500円
子供(小学生以上):200円
未就学児(小学生未満):無料

と、良心価格なのも嬉しいですね。

 

洗顔、ボディーソープ、リンスインシャンプー、ドライヤーも備え付けてあるので、突然の訪問になっても、大丈夫ですね。

有料にはないますがタオルも貸してもらえます!

 

のとじま水族館のチケット割引情報&所要時間、イルカショー攻略法、周辺ランチ情報のまとめ

のとじま水族館はめずらしいジンベエザメが見れたりイルカやアシカのショーが見られて、子供も大人も大満足!

大きさも大きすぎず小さすぎずの程よい規模の水族館なので、子連れでも回りやすかったです。

ただし、夏休み期間中や連休期間中は大変混雑しますので、道の混雑や駐車場の確保のことを考えるなら早めに行きましょう。

ランチものとじま水族館から10分以内のところにある、ひょっこりの湯の中の食堂が子連れにはおすすめです。

暑い中のレジャーになるので、休憩を取りながら楽しまれてくださいね。

効率よく周るには、事前の計画も大事なので参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました