結婚式のご祝儀はいくら包むのが正解?夫婦と子連れで参列する場合の相場とは?

親族や友人の結婚式に招待されるというのは、誰にだってあるもの。

最近では、「家族みんなで」「お子さんも一緒に」なんて、子連れで招待してくれることも増えてきました。

子供と一緒に結婚式を挙げる「子連れウェディング」が増えているのも、背景にはあるのかもしれませんね。

さて、結婚式にお呼ばれするとなれば、手ぶらで行くわけにはいきません。

当然ながら、ご祝儀を用意することになります。

では、ご祝儀はいくら包むのが正解なのでしょうか。

相手との関係や招待された人数によっても、包むべき金額は変わります。

常識はずれな人というレッテルを貼られないようにするためにも、ご祝儀のマナーを頭に入れておきましょう。

 

スポンサーリンク

大人なら知らなかったでは恥ずかしい結婚式のご祝儀マナー 子連れ出席の相場は?

 

ご祝儀は「相手をお祝いする気持ち」として包むものですので、本来ならば金額に決まりはありません。

自分が、相手に対してお祝いしたい気持ちとして包めばいいのです。

しかしながら、実際には「気持ちだから1万円ね」なんてわけにはいきませんよね。

やはりある程度相場を知っておかないと、あなたやあなたの家族、両親などが恥をかくことになってしまいます。

ご祝儀の相場について、大まかに頭に入れておくといいでしょう。

結婚式のご祝儀相場

一般的に、結婚式のご祝儀は「大人1人3万円」「夫婦の場合は2人で5万円」と言われています。

内訳としては、お祝い1万、食事代1万、引き出物代1万。

夫婦での参列ならば引き出物は1つ分ですから、5万円が相場となるわけです。

子連れの場合は、上記の金額に子供の食事代をプラスするという考え方でOK。

しかし、相手が親族の場合はやや多めに包むのがルールというところもありますので気を付けましょう。

親族の場合は「夫婦で10万円」が多いようですね。

私は数年前、義理の姉の結婚式に家族で招待されましたが、このときは義父から「ご祝儀は5万円でいい」と言われました。

夫の地域では、自分より年上の親族へのご祝儀は、少なめでも良いそうです。

このように、地域によって金額は違うようなので、親族の場合はあらかじめ両親に相談してみるといいかもしれません。

結婚式のご祝儀でNGなこと

ご祝儀を渡すときには、

・4、9にまつわる金額、枚数

・偶数

・千円単位

はNGとされています。

4や9は、「死、苦」をイメージする不吉な数字であるため(病院などでも、4や9のつく部屋はないことが多いです)。

偶数に関しては、割りきれる(分けられる)=夫婦が別れる、を意味するからNGです。

千円札というのは、なんとなくお祝いをケチっている気がして論外ですね。

ただし、自分が学生の場合や若くて金銭的に余裕がない場合(自分1人で参列する場合)は、2万円を1万円札1枚と5千円札2枚の合計3枚のお札にして入れてもOKのこともあります。

友人の結婚式の場合は、他の友人と金額を揃えるというのもおすすめですよ。

スポンサーリンク

結婚式のご祝儀額は子連れでも年齢で違う?年齢別ご祝儀の相場をチェック

 

一口に子連れで結婚式に参列すると言っても、いくら包むべきか?は子供の年齢によっても変わってきます

先ほど、ご祝儀の金額は「夫婦5万円+子供の食事代」と書きましたね。

子供の年齢によって食事のメニューが変わりますので、以下を参考にしてみてください。

・赤ちゃんの場合(0歳~2歳):食事なしなので+0円

・幼児、低学年の場合(3歳~7歳位):お子さまランチなので+5千円程度

・中学年以上の場合(8歳以上):大人と同じメニュー、もしくは子供向けコースなので+1万円

子供の食事代の目安を加算した結果、偶数になってしまったり○万5千円といった半端な金額になってしまった場合は、減らして奇数にしてもOK。

例:6万円→5万円、5万5千円→5万円

ただし、この場合は減らした金額程度のプレゼントを用意して渡すのがマナー

子供が赤ちゃんの場合でも、席を用意してもらったり、迷惑をかける可能性があることを考慮して、3千円くらいのプレゼントを渡すことがベターでしょう。

結婚式のご祝儀はいくら包むのが正解?夫婦と子連れで参列する場合の相場まとめ

 

結婚式のご祝儀、夫婦と子連れで参列する場合の相場について、紹介しました。

ここではあくまでも相場を紹介しましたが、地域によっては必ずしもこの限りではありません。

友人同士で「ご祝儀は○万円にしよう」と決めている場合もあるでしょうからね。

親族の場合は、新郎の地元のやり方に合わせておくと、後々嫌みを言われずにすむでしょう。

大人として恥をかかないよう、ご祝儀のマナーはしっかりと頭に入れておいてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする