送骨サービスってどうなの?みんなの疑問と送骨サービスの詳細

大人のマナー事典

 突然ですが、「送骨サービス」という言葉を聞いたことがありますか?

 

送骨サービスとは、お寺や霊園などに遺骨を送り、自分の代わりに供養してもらうサービスのこと。

 

たとえば、

 

・高齢でお墓のあるお寺までなかなか足を運べない

・遠くに嫁いだためお墓に行けない

・お墓がなくて家に遺骨が置いてある

 

など様々な理由で、送骨サービスは利用されています。

 

なんとなく遺骨を送って代わりに供養してもらうなんて、罰当たりかも…なんて思うかもしれませんが、送骨サービスは決して違法なサービスではありません。

 

むしろ私は、自分でできなくて放置しておくよりは、お寺などで代わりに供養してもらうほうがよっぽどいいのかなと思います。

 

ここでは、最近増えている送骨サービスについて、費用ややり方、注意点について紹介していきます。

 

送骨サービスを利用しようと思っている方、墓じまいを検討している方、必見です!

 

 

送骨から永代供養まで 費用の相場と安心のポイントを解説します

 

送骨というのは、お寺などに「遺骨を送る」ことですが、それはすなわちお寺に「永代供養」をお願いすることでもあります。

 

自分が亡くなったあとも踏まえて、自分の代わりに永年に渡って供養してもらえるのです。

 

たいていは、送骨サービスに永代供養の費用も含まれていますから、一度お金を払っておけば、後々追加料金が発生することもありません。

 

最近は、様々な事情で送骨サービスを利用する人が増えているのです。

 

 

送骨サービスはどこでできるの?

送骨サービスは、お寺などが直接行っていることもありますが、ほとんどは紹介業者を仲介して申し込みなどをします。

 

お寺に直接送骨をお願いすることもできるのですが、こちらに対応しているお寺は全国でも多くはありません。

 

ネットで「送骨サービス」と検索すると、送骨サービスの紹介業者がたくさん出てきますので、そちらを利用するのが一般的でしょう。

 

ウェブから申し込んだり、電話一本で申し込みをすることができます。

 

紹介業者によって、送骨のできるお寺に多少の違いがありますから、しっかり確認しておいてくださいね。

 

送骨サービスの相場は?

送骨サービスの費用は、どこのお寺に供養をお願いするか?によって変わります。

 

相場としては、だいたい30,000円~50,000円くらいでしょうか。

 

格安のところであれば、30,000円以下でできるところもあります。

 

基本的に、送骨サービスを行っているお寺(紹介業者必須)は全国各地にありますから、一度費用も含めて検索してみましょう。

 

もちろん、送骨したお寺によっては、お寺にお参りに行くことも可能です。

 

 

 

 

スポンサーリンク

送骨はゆうパックで!近年増えている送骨の送り方や梱包方法をご紹介

 

では、送骨はどのような流れで行うのでしょうか。

 

そもそも遺骨を配達できる業者には、何があるの?と気になる人もいますよね。

 

結論から言いますと、遺骨を配達できる業者は「日本郵便・ゆうパック」になります。

 

クロネコヤマトや佐川急便などでは、万が一のときに責任をとれないため、遺骨の配達は不可。

 

ゆうパックは「運送に適した状態であればOK」であるため、送骨にはゆうパックが使われています。

 

遺骨の梱包の手順

遺骨を送る際は、たいていは紹介業者から送られてくる「送骨梱包キット」を使います。

 

・骨壷の蓋をしっかりとテープで固定

・桐箱に骨壷を入れる

・四隅にプチプチを入れる

・桐箱を閉めて段ボールに入れる

 

配達中に遺骨が紛失したりしないよう、梱包はしっかり丁寧に行ってください。

 

支払いは、業者から梱包キットが送られてきたときに送骨費用全額を代金引換で払ったり、あらかじめクレジットカードで支払うなどの方法があります。

 

 

スポンサーリンク

送骨サービスってどうなの?みんなの疑問と送骨サービス詳細のまとめ

 

最近利用者が増えている、送骨サービスについて紹介しました。

 

送骨サービスは、理由があってお墓に供養に行けない人の代わりに、お寺が永年に渡って供養してくれるサービスです。

 

手頃な費用で遺骨を納めることができるので、今後ますます利用者は増えることでしょう。

 

罰当たり、先祖に失礼などの声も少なからずありますが、遺骨の在り方も時代とともに変わっているのかもしれませんね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました