泥団子がピカピカに!?まるで宝石のような美しい作り方を紹介します

子育てアイディア

数年前に、「泥団子をピカピカにする方法」というのがメディアで話題となり、主に小学生の間で大流行したのですが、覚えていますか?

 

我が家にも小学生がいるので、夢中になってピカピカの泥団子を作っていましたよ!

 

そのときは夏休みの自由研究として作ったので、「泥団子セット」を購入して作りました。

 

そのため、自分たちで材料を集めることもなければ(すでにキット内にすべて揃っているので)、なぜ泥団子がピカピカになるのか?といった理由も分からないまま…。

 

今回、息子がピカピカの泥団子に興味を持ったこともあり、

 

  • なぜ泥団子がピカピカになるのか?
  • ピカピカの泥団子を作る方法や手順は?

 

ということについて、調べてみました!

 

理由ややり方が分かると、泥団子作りがもっと楽しくなるかもしれませんよ。

 

 

スポンサーリンク

泥団子がここまでピカピカになるのはなぜ?理由を知ればもっとおもしろい!

 

泥団子、子供の頃に公園の砂場などで必死に作った記憶はありませんか?

 

私も幼少の頃、自宅の庭で毎日のように泥団子を作っていました。

 

砂に水を混ぜて丸く団子の形にするわけですが、あんなふうにピカピカになった記憶は…ありません。

 

なぜ泥団子が宝石みたいにピカピカになるのでしょうか?

 

それは、泥団子の「被膜」に理由がありました!

 

このあと作り方は詳しく説明しますが、ピカピカの泥団子は仕上げとして細かい砂をつけていきます。

 

この細かい砂は鉱物の一種なのですが、ただつけただけでは光りません。

 

砂をつけて「磨く(こする)」ことで、砂の粒子がきれいに並び、光を反射するようになるそうです

 

人が並んで、上から見たときに文字を作るやつがありますよね?

 

人はもちろん光りませんが、きれいに並べる(並ぶ)というのは似ているなぁと思いました。

 

 

 

スポンサーリンク

泥団子がピカピカになるだけじゃない!作り方をマスターして自由研究に活かそう

 

ではここからは、泥団子の作り方についてお話ししていきます。

 

お店には「光る泥団子セット」なども売られていますが(私も以前、子供と利用しました)、せっかくなら材料を集めるところから始めましょう!

 

どんな材料を使うとどんな泥団子ができる、というのを実験してみるのも面白いですね。

 

材料

  • 細かい乾いた砂
  • 布(雑巾やガーゼなど)
  • 空き瓶やいらなくなったスプーンなど(あれば)

 

作り方

  1. 土に多めの水を入れて、泥団子を作る
  2. 形を整え、乾いた土をかけながら固めていく
    ※砂が黒くなったらまたかける、を繰り返す

  3. 1時間くらいかけて乾燥させる
    ※我が家ではなかなか固まらず、一晩放置しました!
  4. 細かい砂を触ったときについてくる粒子の細かい部分をまぶし、磨く
  5. 乾燥させて、完成

 

この中で特に大切なのが、4.の磨くという行程です。

 

布や空き瓶、いらなくなったスプーンのカーブの部分を使って、念入りに磨きましょう。

 

同じところだけゴシゴシ擦るとムラになりますので、泥団子を回しながら擦るのがコツですよ!

 

完成したら、絵の具やマジックで模様をつけたりしてもOK。

(青く塗ると、なんだか地球みたい!)

 

また、粘土などを混ぜても見た目が変わるので、いろいろ試してみるといいですね。

 

我が家で泥団子を作ったときは、丸い形を生かして息子は自分の顔の絵を描いていましたよ。

 

 

泥団子がピカピカに!?まるで宝石のような美しい作り方のまとめ

 

泥団子がピカピカになる理由や、そんな泥団子の作り方についてご紹介しました。

 

子供の頃に夢中になって作った泥団子、今度はお子さんと一緒にピカピカにしてみてはいかがでしょうか。

 

我が家でも今年の夏休み、誰が一番ピカピカの泥団子を作れるか競争してみるつもりです。

 

みなさんも、ぜひピカピカの泥団子を作ってみてくださいね。

 

理科系の自由研究を探しているなら…こちらの記事もおすすめです。

小学生向け夏休みの自由研究|おすすめの理科の研究テーマ
夏休みの自由研究のおすすめテーマ「理科編」をご紹介します。ご紹介するのは、定番のものではありますが、切り口を変えたり少し工夫をすることで、他のお子さんとの違いが出せて、研究の印象がぐんと良いものになりますのでチェックしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました