チャイルドシートの選び方はこれで解決!新生児におすすめのチャイルドシート

生活の知恵袋


2000年4月より、6才未満の子へのチャイルドシート着用が義務づけされました。

 

これから子供が生まれる家庭では、チャイルドシートの用意は必須ですよね。

 

生まれたばかりの新生児であっても、チャイルドシートに乗せなくてはなりません。

 

退院後に車で家まで帰る場合には、退院までにチャイルドシートを用意しておきましょう。

 

とはいえ、チャイルドシートはたくさんあるので、「どれがいいのか?」悩んでしまうこともありますよね。

 

たくさんの種類があり、値段もピンキリです。

 

そこでここでは、主に新生児用のチャイルドシートの選び方についてご紹介したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

チャイルドシートで悩んでいるパパママへ!選び方をポイント別に詳しく解説します

新生児用のチャイルドシートを選ぶときには、まずは大まかに以下の3つのうち、どのタイプにするかを決めましょう。

 

ポイントは「いつまで使えるか」という、使用期間になります。

 

  1. 新生児~1歳まで使えるタイプ
  2. 新生児~幼児(3歳くらい)まで使えるタイプ
  3. 新生児~7歳くらいまで使えるタイプ

 

それぞれの特徴について、説明しましょう。

 

1.新生児~1歳まで使えるタイプ

こちらは1年間しか使えないので、コストパフォーマンス的にはあまり良くない…と感じる人もいるでしょう。

 

しかしこのタイプは、チャイルドシートとしてだけではなくお出かけ用のキャリーにもなるため、これ1つで家の外も中も過ごせてしまうというメリットが!

 

たとえばベビーベッドを置くスペースがない家では、キャリーがあると便利ですよね?

 

チャイルドシート単品として考えるとコスパが悪いですが、他のものとしても使えると思うと、決してコスパは悪くありません。

 

2.新生児~幼児(3歳くらい)まで使えるタイプ

日本では、売り上げ的にはもっとも多く、一番人気なのがこのタイプになります。

 

新生児から幼児期まで使えて、そのあとは学童用にもなるジュニアシート(背もたれ部分を取り外せるタイプ)を購入するのです。

 

新生児の頃には後ろ向きに設置し、体重が10kgくらいになったら前向きに設置するタイプが多いかなと思います。

 

我が家でも、このタイプを購入しました。

 

3.新生児~7歳くらいまで使えるタイプ

このタイプのチャイルドシートを購入すれば、チャイルドシートの義務期間である「6才未満」まで1つのチャイルドシートで済ませることができます。

 

長く使える上、チャイルドシートの購入も一度ですむためコスパも良く、経済的というのが最大のメリット。

 

しかし長く使えるということは、体格によっては5歳くらいから窮屈さを感じることがあることも考えておかなくてはなりません。

 

3歳の子と6歳の子では、明らかに体格差がありますからね。

 

子供は将来的にも1人だけ、と決めている家庭(下の子の予定がない)ならば、こちらでもいいのかな?と思います。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

チャイルドシート選び方は評価だけでなくコスパも考慮を!我が家の購入状況を大公開

どんなものでもそうですが、購入前にレビューやネットでの口コミを調べるなど、その商品の評価が気になるもの。

 

そういったみんなの評価は購入するときの参考になるけれど、子育ては物入り。

 

色んなものが必要になってくるからこそ、チャイルドシート選びには評価だけでなく、コストパフォーマンスも気にしたいところ。

 

チャイルドシート、特に新生児用を選ぶときには、私は「きょうだいをつくる予定」を考慮すると経済的にも無駄がなくおすすめだと思います。

 

チャイルドシートは6歳未満の子は使わなくてはいけないので、できるだけお下がりにするなどして、出費を抑えたいというのが本音でしょう。

 

そのためにも、2歳差くらいで下の子を作る予定があるのなら、1歳までのタイプを購入しても無駄がありませんね。

 

義姉宅には2歳差で子供が3人いるのですが、幼児期まで使えるものを2台、購入していました。

 

3人目は、1人目のお下がりを使い、ジュニアシートも2台購入しています。

 

我が家の場合は、4歳差で小学生と幼児の2人がいますが、上の子のときに幼児期まで使えるチャイルドシートを1台購入。

 

下の子が生まれたタイミングで、上の子にジュニアシートを買い、幼児期まで使えるチャイルドシートを下の子に。

 

そろそろ窮屈そうなので、下の子にもジュニアシートを買うのを検討しています。

 

赤ちゃん用品はチャイルドシート以外にもたくさん購入しなくてはならないことから、できるだけ無駄なく出費を抑え、かしこく購入していきましょう。

 

★ジュニアシートの切り替えタイミングや選び方はこちらにまとめました!

ジュニアシートっていつから使える?切り替えのタイミングとルールに沿った選び方
チャイルドシートからジュニアシートに切り替えるのは、何歳から可能なのでしょうか。ここでは、チャイルドシートからジュニアシートに切り替えるときのタイミングや、その際のルールについて説明します。

 

 

チャイルドシートの選び方はこれで解決!新生児におすすめのチャイルドシートのまとめ

 

新生児用のチャイルドシートの選び方について、お話ししました。

 

新生児からチャイルドシートは必須ですので、自家用車で退院する場合は、生まれる前から準備しておきましょう。

 

新生児が使えるタイプのチャイルドシートはたくさんありますので、実際にお店に足を運び、使い方などを見てみることをおすすめします。

 

自分の車に設置できるか、使いやすいかなどを考慮し、チャイルドシートを選びましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました