お風呂掃除を簡単にしたい人必見!大切な日々の心がけと洗剤選びを指南

生活の知恵袋

 

主婦のみなさん、毎日のお風呂掃除お疲れ様です!

 

突然ですが、お風呂掃除は好きですか?

 

私ははっきり言って、あまり好きではありませんでした。 

 

なぜなら、時間をかけてやっているにも関わらず、成果が見えにくいから。

 

頑張ってるわりに、見た目がきれいにならない…なんてこと、ありますよね。

 

そんなお風呂掃除を、簡単かつきれいに終わらせることができるとしたら試してみたいと思いませんか?

 

ここでは、私も実践している、お風呂掃除のやり方をご紹介します!

 

 

スポンサーリンク

お風呂掃除を簡単きれいに終わらせる方法とは?

 

お風呂掃除を簡単かつきれいに終わらせるためには、「毎日のちょっとした心がけ」が欠かせません。

 

というのも、お風呂の汚れって1日2日で気になるものではないからです。

 

どういうことかというと、日々の汚れが積み重なって、「ピンクのぬめりができてる」「鏡が水玉模様になっている」「床や壁がぬるぬるする」ようになるのです。

 

あなたが気になっているその汚れ、具体的にいつからあるのかは分からないでしょう?

 

私もそうでした。

 

このことからも分かるように、お風呂掃除を簡単かつきれいに終わらせるためには、「毎日の心がけ」が必要不可欠なのです。

 

お風呂掃除の毎日の心がけとは?

毎日の心がけとは、具体的にどんなことがあるのでしょうか。

 

簡単にできる方法としては、

 

  • 排水溝の髪の毛はその都度とる
  • お風呂を出るときに毎回壁や床を水で流す
  • 入浴剤として重曹をひとつまみ入れる

 

などがあります。

 

できるだけ汚れを残さないよう、お風呂に入るたびに汚れを落としておきましょう。

 

汚れを蓄積させなければ、お風呂掃除も楽になりますよ。

 

また、浴槽は皮脂などの酸性の汚れが溜まりやすいので、それを中和できるアルカリ性にしておくのがベスト。

 

重曹を少し入れるだけでお湯がアルカリ性になりますから、浴槽のぬめぬめ、ベタベタした汚れを取るのは本当に楽になるのです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

お風呂掃除に重要なのは洗剤選び!洗剤によって作用する汚れが違うんです

 

お風呂掃除を簡単に行うためには、実は何よりも「洗剤選び」が重要

 

私も、これを知るまでは普通に売られている「お風呂用洗剤」だけを使っていました。

 

お風呂用洗剤をシュッシュッとしておき、スポンジでこする感じですね。

 

おそらくみなさんも、このやり方なのではないかな?と思います。

 

そのときはきれいになった気がするのですが、洗い流して時間が経つと、水垢のようなものが残っていたなんてことも日常茶飯事。

 

実はこれ、市販のお風呂用洗剤のほとんどが「中性」であるため、落としにくい汚れがあることが原因なんです!

 

汚れの種類別 実際に私が使っているものとは?

酸性の汚れにはアルカリ性、アルカリ性の汚れには酸性の洗剤を使いましょう。

 

酸性の汚れには皮脂など、アルカリ性の汚れには水垢などがあります。

 

洗剤というわけではありませんが、「アルカリ性洗剤としては重曹、酸性洗剤としては酢」がおすすめ。

 

一般家庭にもあるものなので、わざわざ買い物に行く手間もかかりませんね。

 

 

鏡は水垢(アルカリ性)なので、酢を水で薄めてスプレーしておくとすぐにきれいになります!

 

皮脂汚れ(酸性)が気になるところへは、重曹液をスプレーしておきましょう。

 

汚れの性質と、それに合わせて洗剤を使い分けることが、お風呂掃除を簡単きれいに終わらせるためのポイントです。

 

我が家でも、今では3つの洗剤(お風呂掃除用洗剤、酢液、重曹液)を用意しています。

 

また、今話題のオキシクリーンを使うことで、浴槽内や床のぬめぬめ、カビなどを簡単に除去することも!

 

オキシクリーンも1つあるとかなり便利ですので、購入しておいても損はありませんよ。

 

 

お風呂掃除を簡単にしたい人必見!大切な日々の心がけと洗剤選びを指南のまとめ

 お風呂掃除を簡単かつきれいに行うための、手順について紹介しました。

 

頑張ったほどの成果が見えず、正直ちょっとめんどくさいお風呂掃除。

 

日々の心がけや洗剤を使い分けることで、お風呂は簡単にピカピカになります。

 

ぜひ今日から、あなたも実践してみてはいかがでしょうか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました