お歳暮の基礎知識!時期やマナーを守って贈り上手になろう

大人のマナー事典

今年も残すところあと数ヶ月。

 

近づいてくる新しい年に、ワクワクしている人も多いことでしょう。

 

さて、そんな年末にむけて忘れてはならないのが、日本の古くからの伝統の1つでもある「お歳暮」です。

 

1年間お世話になった人へ、感謝の気持ちを込めて贈るお歳暮ですが、今まで送ったことがないと色々と困ってしまいますよね。

 

  • お歳暮はいつからいつまでに贈るの?
  • のしの書き方に決まりはあるの?

 

こんなふうに悩んでいるあなたのために、お歳暮を贈る時期やマナーについてまとめてみました。

 

相手方から「常識がない人」と思われないためにも、お歳暮を贈る前にぜひチェックしてみてください。

 

 

スポンサーリンク

お歳暮を渡す時期に合わせて準備を進めていこう

お歳暮は、1年間お世話になった人へ向けて、感謝の気持ちを伝えるためのもの。

 

近年では上下関係などにとらわれず、友人同士や習い事の先生などに贈るケースも増えてきているようですね。

 

 

まずはお歳暮を贈る時期から見ていきましょう。

 

一般的にお歳暮は、「12月13日~12月20日」頃までに贈るべきと言われています。

 

昔の風習として、12月13日が正月事始めのすす払いの日であることから、12月13日~と言われているのですが、現在ではこれに限ってではありません。

 

すす払いの風習が薄れてきたことや、スーパーやデパートなどで早期割引を実施していることもあり、近年では11月末頃から贈るケースも増えているようです。

 

12月20日以降は年越しの準備で慌ただしくなるため、できるだけ20日頃までに贈るようにしましょう。

 

お歳暮を贈る時期は地方によって違う?

関東では12月初旬~12月31日まで、関西では12月13日~12月31日までに贈るようにしましょう。

 

今は直接お歳暮を持参することより、宅配便で送ることが一般的です。

 

その場合は到着時期を選べることが多いので、「12月半ば」を選んでおくのがおすすめです。

 

11月下旬頃からお歳暮ギフトが店頭やネットにも並び始めますから、この頃からチェックを始めておけば、「お歳暮を贈るのを忘れてた!」なんてことにもならないでしょう。

 

生鮮食品は20日以降でもOK!

お歳暮の中身が生鮮食品や鮭、昆布巻きなどのお正月に使うものである場合は、12月20日以降でも問題ありません。

 

お正月に食べるものであるのなら、むしろお正月に近い日付で届いた方がありがたいからです。

 

生物は日持ちしませんし、保管場所にも困りますからね。

 

何を贈るのか?によっても贈る時期は変わってきますが、贈るものが何であっても「今年中に」贈ることだけは変わりません。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

お歳暮時期にはのしをつけましょう!のしのマナーと注意点

 

お歳暮には、のしをつけるのが一般的です。

 

店頭でギフトを買うと「のしはつけますか?」と聞かれますし、ネットでものしの有無を選択する画面がありますよね。

 

のしには、いくつかのマナーがあるので覚えておきましょう。

 

 

①時期によってのしの表記が変わる

贈る時期によって、のしの表記が変わります。

 

11月下旬から12月31日までに贈る場合は「お歳暮」ですが、何らかの事情で新年を迎えてしまった場合はお歳暮ではいけません。

 

  • 1月1日~1月7日(関西は1月15日)まで:お年賀
  • 1月7日(関西は1月15日)~立春まで:寒中見舞い

 

このようにのしを変える必要がありますので、間違えないようにしましょう。

 

 

②喪中の場合は紅白水引はNG

自分、もしくは贈る相手が喪中の場合は、お祝い事を意味する紅白の水引が描かれたのし紙は使用してはいけません。

 

喪中の場合は無地の短冊を使い、お歳暮と書きましょう。

 

喪中だからといってお歳暮を贈ってはいけないわけではありませんので、注意してくださいね。

 

 

③海産物や魚介類を贈るときはかけ紙を使う

お歳暮の中身が海産物や魚介類であるときは、のしではなく水引のみが印刷されたかけ紙を使います。

 

このとき、かけ紙が品物の裏側で重なる場合は、裏から見て左側が内側、右側が外側になるように重ねてください。

 

重ね方が反対だと、弔事になってしまいます。

 

 

④内のし or 外のし

お歳暮ののしには、内のしと外のしがあります。

 

控えめにしたいときには内のし、強調したいときには外のしとも言われていますが、どちらが正解ということはありません。

 

これは地域の風習などもありますので、お歳暮を購入する際に担当の人に確認してみるといいでしょう。

  

お歳暮の基礎知識!時期やマナーについてのまとめ

お歳暮を贈る時期やマナーについて、ご紹介しました。

 

お歳暮はただ贈ればいいというわけではなく、贈る時期やのしの付け方などにマナーがあるもの。

 

適当に贈ってしまうと、「あの人は一般常識に欠けている」なんて思われてしまうこともありますから、気を付けなくてはなりません。

 

直前になって焦らなくてすむように、今の時期からお歳暮を贈る人や何を贈るのかをリストアップしておくといいでしょう。

 

相手に失礼のないようにお歳暮を贈り、今年1年の締めくくりにしてくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました