サンタクロースへ手紙を出すと無料で返事がもらえちゃう!住所と期限【ドイツ編】

季節を楽しむ行事

サンタクロース 手紙 無料

サンタクロースに手紙を出すと無料でお返事がもらえるサービスがあることをご存知ですか?

 

サンタクロースからの手紙といえば1500~3000円ほどでお手紙の返信をもらえる有料のサービスは有名ですが、実は無料でお返事がもらえるサービスもあります

 

色んな国の郵便局で子供に夢を与えるためにボランティアで行っているサービスになるので100%確実に返事がもらえることは保障できませんが、調べていくと郵便事故など無ければかなりの確立でお返事をいただける国がありました。

 

その2つ目【ドイツ】のサンタクロースをご紹介します。

 

1つ目はカナダのサンタクロースをご紹介しました。詳しくはこちら↓

サンタクロースへ手紙を出すと無料で返事がもらえちゃう!住所と期限【カナダ編】
サンタクロースに手紙を出すと無料でお返事がもらえるサービスがあることをご存知ですか?色んな国で子供の夢を守るためにボランティアで行っているサービスのため100%確実に返事がもらえることは保障できませんが、調べていくと郵便事故など無ければかなりの確立でお返事をいただける国がありました。まずは1つ目【カナダ】のサンタクロースをご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

サンタクロースへ手紙をだすと無料で返事がもらえるって本当?【ドイツ編】

 

ドイツのサンタクロースへのお手紙は、ドイツの郵便局である「Deutsche Post DHL Group」がボランティアで行っているサービスです。

 

ドイツ国内の子供はもちろん、世界中の子供たちからのお手紙に返事を書いてくれるそうですよ。

 

こちらの動画をご覧下さい↓

 

リアルなサンタさんに、大人もサンタさんの存在を信じずにはいられませんね。

途中で登場されますが、沢山のボランティアさんに支えられて、世界中の子供たちに夢を届けてくださってるんですね。

 

調べると、ドイツもカナダと同じくサンタクロースに手紙を送るための切手代のみで、お返事は無料でいただけるようです。

 

ちなみに日本からドイツまでエアメールを送る場合、定型の25g以内であれば110円で送ることが出来ます。届くまでの日数は6日ほどで届くようです。

 

参照ページ 日本郵便 料金・日数を調べる(兵庫県からドイツへ定型の手紙を送った場合)

 

 

 

 

スポンサーリンク

サンタクロースへの手紙の住所は?【ドイツ編】

 

ドイツのサンタクロースへの手紙の送り先は7箇所ありますが、宛てる人が3人います。

 

簡単にご紹介しますので、誰にクリスマスのお手紙を送るかお子さんと相談してみてくださいね。

 

サンタクロースと無料で手紙のやり取りができる!ドイツのクリスマス事情と宛先

実はドイツのクリスマスは私たちが知っているクリスマスとは、少し様子が違っています。

 

その中でも、クリスマスにプレゼントを届けてくれる人が、地域によってどうやら違うようです。

 

そのため、サンタクロースへの手紙と言っても誰に宛てるかで宛先が異なります。

 

ドイツの手紙の宛先①Weihnachtsmann(ヴァイナハツマン)

いわゆる、サンタクロースのこと。

 

日本でサンタクロースといえばプレゼントを届けてくれますが、ドイツでは意見が分かれているようで、地域によってサンタクロースが持ってくる場合とクリストキント(後述)というクリスマスの天使が持ってくる場合とがあるそうです(割合は半々ぐらいみたいです)。

 

普通のサンタのほかに黒サンタというのもいるそうで、いい子にはサンタクロースがプレゼントを持ってきてくれますが、悪い子にはお仕置きがあるそうです。

 

何だか秋田のなまはげみたいですね。

 

なまはげと同じく、黒サンタはドイツのしつけにも登場するようです(笑)

 

ドイツの手紙の宛先②ChristusKind(クリストキント)

こちらは、クリスマスの天使。

 

サンタクロースのようにプレゼントを持ってきてくれるとしている地域もあるそうです。

 

ドイツ南部、オーストリア、スイス、ハンガリー、チェコ、スロバキアなどに伝わるクリスマスの天使。 名前は「幼いキリスト」だが、そのイメージは、女性の姿で想像されている。サンタクロースと同じような役割を持つ。

(出典:Wikipedia「クリストキント」より)

 

ドイツの手紙の宛先③Nikolaus(聖ニコラウス)

4世紀ごろ実在していた人物で、サンタクロースの起源になった人。

 

ドイツではクリスマス以外に、聖ニコラウスの命日である12/6も「聖ニコラウスの日」として祝う習慣があるそうです。

 

聖ニコラウスの近所に住む貧しい3姉妹が身売りするのを助けるために、煙突から金貨を投げ入れ救ったという感動的な話が、サンタクロースが煙突からプレゼント贈る話の起源になったそうです。

 

ドイツの子供たちはこの日もプレゼントをもらえるそうですよ。

 

 

サンタクロースへの手紙の住所【ドイツ編】

先ほどもお伝えしたように、誰に宛てるかで住所が違ってきます。

 

サンタクロースに送る場合

以下の2ヶ所で受け付けてくれています。

An den Weihnachtsmann
Weihnachtspostfiliale
16798 Himmelpfort
An den Weihnachtsmann
Himmelsthur
31137 Hildesheim

 

クリストキントに送る場合

以下の3ヶ所で受け付けてくれています。

An das Christkind
51777 Engelskirchen
An das Christkind
21709 Himmelpforten
An das Christkind
97267 Himmelstadt

 

聖ニコラウスに送る場合

以下の2ヶ所で受け付けてくれています。

An den Nikolaus
49681 Nikolausdorf
An den Nikolaus
66351 St. Nikolaus

 

それぞれの送り先ごとに消印のスタンプのデザインが違うようなんです。

 

しかも、どれもカワイイ!!

 

デザインはDeutsche Post DHL Groupの公式HPのサンタクロースの手紙について書かれているページをご覧下さい。

 

関連ページ Deutsche Post DHL Group「Wohin schicke ich meinen Wunschzettel?」

 

ドイツ サンタクロース 手紙

参照ページのリンク先に飛ぶと↑のページになるので、地図横の送り先の地名をクリックすると消印のデザインを見ることができますよ。

 

サンタクロースへの手紙 住所の書き方

まずは封筒についてですが、送る際は必ず国際郵便専用の封筒(赤・青・白の縁取りがあるやつ)である必要はありません。

 

ただし、国際郵便と分るように封筒に「AIR MAIL」と必ず記載しましょう。

 

宛先の書き方

封筒の左上に差出人の情報を以下の順で書きます。

 

  1. From.差出人の名前
  2. アパートなどの建物名・部屋番号
  3. 番地、丁目・町村名
  4. 市区名、都道府県名
  5. 郵便番号
  6. 国名

 

封筒の中央から右端にかけて、受け取り人(今回ならばサンタクロースなどの住所)の情報を以下の順で書きます。

 

  1. To.サンタクロース(クリストキント、聖ニコラウス)
  2. アパートなどの建物名・部屋番号
  3. 住所番号、街路名
  4. 都市名、地方名、州名
  5. 郵便番号
  6. 国名

 

国際郵便の宛先の書き方は、郵便局のHPに詳しく載っていますのでこちらを参考にすると分りやすいです。

 

参照ページ 日本郵便公式HP(際郵便 > はじめよう!!海外へのグリーティングカード > 書き方・作り方 > あて名の書き方)

 

返信先が分るように、自分の住所もしっかりと書きましょうね。

 

サンタクロースへの手紙期限は?いつまでに出せばいい?【ドイツ編】

 

Deutsche Post DHL Group公式ホームページによると、クリスマスの10日前までに手紙が到着するように送って欲しいと書いてあります

 

クリスマスの10日前は14日。

 

間に合うように届けようと思うと、遅くても12/8までには出す必要がありますね。

 

また、ドイツから日本まで手紙の返事が届くまでには6日かかりますので、締め切りギリギリではクリスマスまでに届かない可能性がありますので、11月末までには出したほうがよさそうですね。

 

本当にお返事がもらえるのかどうか?いつごろお返事がもらえたか?など、今年は我が家から実際に出してみようと思っていますので、またその様子をレポートしますね。

 

 

サンタクロースへ手紙を出すと無料で返事がもらえちゃう!住所と期限【ドイツ編】のまとめ

 

  • ドイツの郵便局である「Deutsche Post DHL Group」のサービスでサンタクロースやクリストキント、聖ニコラウスに手紙を書くとお返事がもらえる。

  • 日本からドイツまでの国際郵便に必要な切手代のみで返事がもらえるようです。

  • クリスマスの10日前までに着くように手紙を送る。日本とドイツ間で手紙の往復させるためには最低12日は必要なので、余裕をもって11月末までには送るほうがクリスマスまでにお返事がくる確立が高くなりそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました