東大寺大仏殿の御朱印をいただく場所と値段と受付時間について(所要時間目安も追記)

子連れでおでかけ

東大寺 御朱印

東大寺では全部で13ヶ所で御朱印をいただけるそうです(各お堂ごとに御朱印をいただけるそうです)。ただ、東大寺の境内はかなり広いため子連れで全てを周るのは難しいのが正直なところ。せめて大仏殿の御朱印は頂きたいですね。

 

東大寺大仏殿で御朱印をいただける場所と値段(初穂料)、受付時間についてご紹介します。大仏殿だけであれば、子連れ参拝でもいただく余裕がありましたのでご参考にどうぞ(所要時間についても追記しました)。

 

スポンサーリンク

東大寺大仏殿の御朱印はどこでもらえる?

 

東大寺 御朱印

東大寺大仏殿の御朱印は、大仏殿の中の「授与所」で頂くことが出来ます。

大仏殿の中は、入り口を入ってからぐるりと時計回りに回りながら参拝・見学します。ぐるっと回り終えた出口付近に「授与所」がありますので、そちらに御朱印帳を出してお願いしましょう。

 

ちなみに、こんな御朱印をいただけます。

東大寺 御朱印

「華厳(けごん)」と読みます。東大寺は仏教の中でも「華厳宗(けごんしゅう)」という宗派のお寺になりますので「華厳」と書いています。

柔らかな筆にうっとりですね。

 

華厳についての詳細は、御朱印をいただいたときに御朱印帳に挟んでくださる説明の用紙に書いてありました。写真の左側が説明の用紙ですので、そちらをご覧下さいね。

スポンサーリンク

東大寺の御朱印のお値段(初穂料)はいくら?

 

東大寺大仏殿の御朱印のお値段(初穂料)は300円でした。

授与所で御朱印帳を渡してお願いする際に、初穂料も納めます。
なるべくお釣りのないように、小銭を準備しておくとスムーズです。

 

また、御朱印帳も取り扱いがありますよ。

篠原ともえさんデザインの大仏様と鹿の刺繍が美しい、東大寺らしい御朱印帳でした。
(購入していないので写真撮れずです。公式HPのTOPページTOPICS内に写真がありましたので、そちらをご参考に↓)

 

関連ページ 東大寺公式HP トップページ

 

豪華な刺繍の入った御朱印帳(1冊で2000円)なので、これから御朱印をはじめられる方にはおすすめです。
※文具店やネットの専門店で購入しても1500円前後はします。そう考えると、とってもお得な1冊だと思います。

 

 

東大寺の御朱印の受付時間と所要時間は?

 

大仏殿の中に授与所がありますので、御朱印の受付時間は大仏殿を参拝できる時間帯になります。

 

●東大寺大仏殿参拝受付時間
4月~10月 7:30~17:30
11月~3月 8:00~17:00

 

また、子連れで観光をする際に気になるのが所要時間。
御朱印は欲しいけれど、並ぶなら・・・という方も多いと思います。

 

時期や時間帯によって多少の差はあるかとは思いますが、授与所の中で3人の方が御朱印の受付をして書いていました(9月末の平日、14時頃訪問)。その日も観光客の方は沢山いらっしゃいましたが、混雑したり並ぶことなくスムーズにいただくことができました。

 

一筆書いていただくのに、2~3分といったところでしょうか。ほとんど時間はかかりません。

タイミング悪く御朱印をもらう団体に合ってしまったというようなことさえ無ければ、そんなに時間はかかりませんので、ぜひ参拝の印にいただいてみてくださいね。

 

ちなみに、東大寺大仏殿・東大寺ミュージアムの2箇所を子連れ(5歳と2歳)と一緒に回った場合の所要時間は1時間半ほどでした。御朱印、トイレ休憩、鹿せんべいやりも含めた時間です。

また、大仏殿に入るまでは屋外を歩く時間が結構ありますので、夏場は熱中症対策、冬場は防寒対策が必要です。

雨天の場合は、傘やレインコートなどの雨具の準備もお忘れなくです。

 

 

東大寺大仏殿の御朱印をいただく場所と値段と受付時間のまとめ

 

・御朱印は東大寺大仏殿内の出口付近「授与所」にていただけます。
・御朱印のお値段(初穂料)は300円。御朱印帳の取り扱いもあります。
・受付は4月~10月が7:30~17:30、11月~3月が8:00~17:00と時期によって違います。
・長蛇の列になるほど混雑する様子はありませんでした。
・待ち時間がなければ、一筆2~3分ほどでいただけます。

 

御朱印は一度集めはじめると、その筆の美しさから色んな寺社のものをいただきたくなりますよ。参拝の記念に、ぜひ御朱印をいただいてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました